2017年 05月 19日 ( 1 )
新緑の『菅名岳』~三五郎山・大蔵山経由下り編~
山の頂を踏み、そこからの絶景を目の前に弁当を広げるのは毎度のお楽しみ。
湯を沸かし、みそ汁(フリーズドライだが)とおにぎりをほおばる。

が、この時期の山は「虫との格闘」の季節でもある。
ほぼ無風のこの日は小型の虫やハエが飛来し、なかなか食べることに集中できず。

それでも駐車場でもとなりに車を停め、ほぼ同時刻に歩き始めた親父さんと
お話ししながら昼食を摂った。
今年80(才)という親父さんは大蔵山コースだったがなかなかの健脚である。

丸山尾根コースをチョイスした俺だが、ほとんどの人は「大蔵山コース」で
登るらしい。

男性2人組、6人ほどのグループ、そして親父さんは丸山尾根コースで下山していった。
f0149422_12584202.jpg
俺も頂上を後にする。「あとは尾根道を緩やかに下って行くだけだから楽だろう」と
歩き始めたのだが、これがどうもおかしい?登っているのだ。
f0149422_12591205.jpg
「なんで登ってんの?」と苦手な登り返しに不機嫌に&不思議に思いながら歩いた。
後からサイトで確認すると菅名岳と大蔵山の間には三五郎山(911m)があった。
菅名岳の909mよりも高い。ということは登りになってもおかしくないわけだ。
f0149422_12594230.jpg
あまり周囲の山の名前はわからないが、新潟の奥部の山々を望みながら歩いた。
f0149422_13011756.jpg
f0149422_13001325.jpg
花も綺麗。
f0149422_13004736.jpg
徐々に街を見下ろす場所も増えてくる。
f0149422_13014700.jpg
アップダウンを繰り返し、ようやく着いた「大蔵山山頂」。
(大倉岳という表示もある。どちらが本当なんだろう。また、三五郎山の山頂表記
はなかった。三角点があった場所がそうなんだろうか?)
f0149422_13031220.jpg
f0149422_13034211.jpg
確かにこちらのコースの方が登りやすいかも知れない。
大蔵山から菅名岳へは70分ほどかかるが、大蔵山からの方が断然楽だろう。
f0149422_13061944.jpg
それでもなかなか急な箇所もあるし、時間的には同じくらいだろうか。
f0149422_13054362.jpg
六合目~五合目~四合目と下ってくるが、足が痛くなってきた。
f0149422_13064928.jpg
途中で滑って派手に転んでしまった。幸い怪我はないが、ビビった。
f0149422_13072019.jpg
2合目あたりではかなり辛かった。
f0149422_13075000.jpg
ようやく終点の林道が見えたときはさすがにホッとした。

しばらく歩いて今朝の駐車場まで戻る。

やはり・・というか隣の親父さんの車はすでになかった。

シーズンインで体力的にはかなりキツかったが、晴天の中で山を楽しめたのは
嬉しかった。
ここから今シーズンのいいスタート切れたと感謝している。

[PR]
by asobinin2006 | 2017-05-19 13:11 | 希望は高く!百名山への道 | Comments(0)
  

遊び人でないワーカーホリックの“遊び人の金さん”がお届けする
by asobinin2006
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
以前の記事
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
最新のコメント
> 松ちゃん 会話..
by asobinin2006 at 14:05
今晩は、その後ゆっくり思..
by 松ちゃん at 21:03
松ちゃん、いつもありがと..
by asobinin2006 at 09:27
久々にゆっくりお話をさせ..
by 松ちゃん at 20:02
松ちゃん。いつもありがと..
by asobinin2006 at 15:37
文豪金さん、日々忙しい中..
by 松ちゃん at 08:08
びんのかけら ファンから..
by びんのかけら ファン at 16:17
okiesさん。奇遇です..
by asobinin2006 at 13:25
金さん、名古屋にいたんで..
by okies at 08:43
上越市民になる前は、燕市..
by okies at 09:09
最新のトラックバック
コマクサ、シャクナゲ、レ..
from dezire_photo &..
日常を人々を描く風俗画に..
from dezire_photo &..
信越国境の秘峰
from dezire_photo &..
信越国境の秘峰
from dezire_photo &..
光と色彩の画家・エル・グ..
from dezire_photo &..
ハマナスふれあいセンター
from 温泉生活
山田旅館
from 温泉生活
水上館
from 温泉生活
ライフログ
検索
外部リンク
ファン
ブログジャンル
オヤジ
旅行・お出かけ