カテゴリ:日々雑想( 882 )
「とんかつ」を食べる。
雑誌の「新店舗」として紹介されていたお店。

こじんまりしたカウンターとテーブル席の店内。

その前に駐車場が“極狭”で、かなりのテクニックが必要。

ランチで2回訪問。

かつ煮定食

f0149422_21180773.jpg
とんかつ定食

f0149422_21182179.jpg
定食は650円(税込)は大変リーズナブルだろう。

ただ、小鉢・サラダ・お新香が「○○スー○ー」なのが・・・。

おいしくいただきました。ごちそうさまです。





[PR]
by asobinin2006 | 2017-11-21 21:20 | 日々雑想 | Comments(0)
天候の激変
11月半ばとしては早々と「雪マーク☃」が表示された先週の
週間予報。バスのタイヤ交換も強引に頼んで雪に備えた。

先週は目まぐるしく変わる天気だった。

火曜日は暮れゆく夕暮れに晩秋の感じ
f0149422_14200337.jpg
水曜日は出勤時に大きな虹を追いかけて海まで出た。
釣り人も見られるのどかな浜辺に陽の照り方で微妙に姿を変える
虹は時々“ダブル”になったり、斜め45°になったり。
f0149422_14201936.jpg
木曜日夜から冷え込んだ金曜日朝には重苦しい曇り空に初冠雪の
「米山」を見ることができた。
f0149422_14203184.jpg
そして午後には天気も回復し、青空が広がる。
f0149422_14205174.jpg
「日曜には海岸線でも降雪の可能性が・・」とテレビの天気概況で
言ってたので、倉庫の除雪機の試運転、エンジンをかけて今年の
初出動の準備をした。

朝目覚めて、カーテンを開けるとまったく雪は降らず、肩透かしを
食らった格好だったが、9時~10時頃からボタボタと雪が降り始め
「あっ」という間にうっすらと雪景色に変わった。
f0149422_14210454.jpg
f0149422_14211218.jpg


寒いのはやだなぁ~。また日本海側の冬の天気としばしのお付き合いを
せねばらならないと思うとちょっとうんざりであるが、それも仕方ない。

[PR]
by asobinin2006 | 2017-11-20 14:22 | 日々雑想 | Comments(0)
常連と冒険と。
先週のお休み、息子と夕食を共にした。

授業の終わり時間を見計らって行動していたのだが、
いくらか余裕がある。

「たまには違った店で髪を切ろうかなぁ」と新潟市内の
お店を検索。俺は@美容室というものが苦手なので、
正当な「BARBER」(理容店)を予約し、足を運んだ。

大昔、東京で暮らしていた時も「理美容探し」は厄介だったなぁ。
地元ではいつも行ってる常連の@床屋さんに行き、黙って
座れば黙って作業をしてくれるお馴染みの店があったが、
都会で引っ越すとまた新しくその分野も開拓せねばなかった。

新潟駅からさほど離れていない場所の裏通りにそのお店はあった。
入口のドアからして“お洒落”だったし、店の内装も凝った造りだ。
でも、一番驚いたのは亭主の“ジャスティン・ビーバー並”の
腕のTATTOO。なかなかワイルドな風貌だったが、話してみると
マイルドだった。笑
(BGMはずっと「レッチリ」が流れていた)

カットは俺好みだったし、顔剃り&マッサージしてくれたピンク髪
の女性スタッフもなかなかの腕前でした。

「軽くポマードつけて横に流したほうがいいですよ」

とワイルドな亭主はいうのでそれからはなるべく実践している。

初めての理容室という“冒険”だったが、いい経験だった。

息子は俺に会うなり「あまい匂いがする」と言った。

洋食お店で会食。
f0149422_15493635.jpg
雪下人参ジュースと手作りジンジャエールで乾杯
f0149422_15483329.jpg
前菜を平らげた後、

「サラダ」
f0149422_15485353.jpg

「アヒージョ」
f0149422_15490666.jpg

少年は肉をひとりで平らげる。
f0149422_15491793.jpg

いい休日でした。


[PR]
by asobinin2006 | 2017-11-14 15:51 | 日々雑想 | Comments(0)
恒例の「安全運転管理者講習」
年一回の講習会に参加してまいりました。
f0149422_22092364.jpeg
朝9時から受付開始、9時半から昼休憩を挟んで
4時まで続きます。

約300人ほどの出席者ですが、同業者はいないなあ。
別の日に受けているのだろうか?

黙って聞いているだけで楽かと思いきや、これが
なかなかつらいのである。

睡魔も襲って来るし、ケツも痛くなる。
晴れた休みの日だったらガッカリだか。今日は朝から
雨が降り☂️、肌寒い陽気でした。

事故の無いように、気を引き締めて行かねば。
と思いました。

[PR]
by asobinin2006 | 2017-10-25 21:57 | 日々雑想 | Comments(0)
「まつりのあとで」~雑感~
「朱鷺メッセ・新潟コンベンションセンター」は初めての訪問。
最近、新潟での大物アーティストのコンサートはほどんどがこの箱。
何人収容かはわからないが、“たくさん人がいる”のは確か。


JFN系ラジオ【やさしい夜遊び】(土曜23時放送)で告知済みだった
今月末発売予定の『Number Plus』を購入。(ポスター付き)
f0149422_16070580.jpg
席は会場のほぼ真ん中ほどの列。だが、ほとんど肉眼で見るには難しい距離、
ここで(真ん中ほど)できびしいのだから後列はもっと切ないのだろう。
当然、ステージ後方と左右にスクリーンがある。
左右のスクリーンでは歌詞が字幕スーパーで出るので一緒に唄うには都合がいい。

少し前にJFN系ラジオ【山下達郎氏のサンデー・ソングブック】(日曜14時)で

「夫と一緒にコンサートに行くと夫が大声で歌ってしまうので、(あなたの歌しか聞こえない)と文句を言ってしまう。アーティスト側からすればそれってどうなんですか?」というお便りがあった。

達郎氏の回答は

「やめてください。(唄わないでください)あなたの歌を聴きに来たわけではないので」とキッパリ言ってましたし、【やさしい夜遊び】で桑田氏もこの話題を取り上げていました。

俺の隣りの御夫婦は群馬からの参戦(のようだった)。旦那はツアーTシャツにタオルをバンダナにして「かなりの入れ込み感」をかもし出している。
自嘲しているようだったが乗ってくるとやはり声が大きくなってしまうのは仕方ないと思うが、『愛のささくれ』などを耳元で大声で歌われるとやはりうるさい。
確かに桑田氏のコンサートに来てるわけだから、“口づさむ”程度なら我慢できるが“絶唱”はあまり嬉しくはないなぁ。笑

セットリストもネットで検索すればすぐに出てくる。
「前日予習」するには便利だが、ネタバレ感は否めない。(知りたくなければ“見ない“に徹すればいいのだが)

コンサートの終わりに「三ツ矢サイダー」(缶)を一本づつくれました。

コンサートの開始と終焉のアナウンスはFM新潟の中村千景アナのような声でした。

ツアー名は【がらくた】でしたが、決して“がらくた”ではなく、桑田氏の歌(曲)の素晴らしさ、エンターティメント&パフォーマンスの素晴らしさは圧巻でした。



[PR]
by asobinin2006 | 2017-10-19 16:07 | 日々雑想 | Comments(0)
失敗と失態と喪失
客人を玄関でお見送りする時にほとんどの人が言う言葉、

「バチャ、おまん、いくつんなったね」
(おばあさん、あなた何歳になられたのですかの意)

気にする年頃ではないものの、そこはやはり“女性”なので大胆に年齢を聞かれるのは多少は抵抗がある。と思ってる。

田舎は田舎でいいことも心温まることも多いが、狭いキャパに生きているからこそ「プライバシー」が守られないことも多い。

お店のバイトの学生相手に

「名前は?歳は?どこの学校?どこにお住まい?+その他諸々」と警察の職務質問さながらに聞いてくる客人も多い。
(特に同級生の“ブル”は絶対に聞く。聞くな。と言ってもゆうこと聞かない)

知人であれば「おいおい、そんな野暮ったいこと単刀直入に質問するもんじゃないんじゃないの」と言えるが。

年齢を重ねるということは人生経験も体験も豊富になり、人望を集めることに繋がる一方で、加齢により「老いてくる」という現実を受け止めなければならなず、それは避けては通れないもの。

近頃、山に行く機会もあるが、仕事終わりの激働ヘロヘロ状態で行くために「うっかり」ということも多くなった気がする。「老い」とは認めたくはないがうなずく点も多い。

先に計画した「栗駒山登山」。天候不順で残念ながら山行は断念。
計画には金額的にも時間的にも多くを費やし浪費してしまったが実は出かけから体調もいまひとつで調子が悪かった。
車での移動は肉体的に厳しいので往路は仙台まで高速バスを使用した。
ホテルにチェックインしてから外に繰り出す気力もなく、早めの就寝を心がけたが今度は胃痛で熟睡できずに朝を迎えた。

結局なんの成果もないままに仙台に戻って来て、復路の高速バスはキャンセルして
高価だが帰りはJR(新幹線)を使用した。

仙台から「はやぶさ」に乗車、オンデマンドで映画を一本と思ったが電波が悪く、クルクルと画面が回ってばかり。仕方なので書籍に目通そうかとバックを探っていたら

「あれっ、俺って・・・財布・・・バックにしまったよなぁ」

慌ててバックの底までひっくり返して隅々探してみたが見つからない。

冷や汗が出る中で回想してみた。
改札を通ってホームに上がる前にトイレに入った。
パンツ(ズボン)のポケットが浅いので財布を台に乗せた記憶がある。

「それだ。トイレの中に忘れてきたんだ」(´Д`;)

思わぬ失態であるが無いものは仕方ない。
そういえばしばらく前に車掌さんが前の車両方向に歩いて行ったのを見たのでそれを追いかけた。長い距離を歩いて「はやぶさ」と「こまち」のジョイント部分で車掌さんを発見、ことの事情を説明した。

「う~ん、財布が見つかるかわかりませんが、一応仙台駅に問い合わせてみます。
あなたはご自分の席でお待ちください」

三人掛けのとなりの男性はスーパードライ350mのビールをやっつけて次のエビス500mに口をつけてるところだった。
折角の晩酌中にドタバタと行き来して迷惑だったろう。

しばらくして車掌さんが戻ってきた。

「あったそうですよ。仙台駅の忘れ物センターに届出がありました。中身も確認してお客さんのものだと判明したそうです。良かったですね」

実は仙台→大宮間の座席指定券は持っていたが、他の乗車券、指定席券はご丁寧にも財布にしまっていたので、帰路は切符もお金もない状態で誠に心細かった。

「どうしたらいいでしょうかね~」と
車掌さんに相談すると

「とりあえず財布は見つかって中に切符もあるわけだから、各駅の乗り継ぎ時に駅で説明してください。本当は切符買いなおしてもらうのが理想ですが、お金もありませんしね」

「JR忘れ物センター」の電話番号が書かれた用紙をもらい、ここに電話して今後の対応を聞いてくださいと言われたので早速電話する。

大宮から乗り継いだ「かがやき」内でも、「上越妙高」の駅でも失敗の経緯を話すと困った顔はされたが「仕方ないですね」と改札を通してくれた。

最後の電車ではアナウンスまでされて車掌さんが俺のところに来た。

「財布、あったそうですよ」
(知ってるって。苦笑)

後日談:最寄りの駅に身分証明書と印鑑を持って仙台駅から自宅まで財布を送り返してもらうための書類にサイン。次の日にゆうパックの着払い990円で無事に帰ってきた。幸い中身(現金・切符・カード類)
すべてはそのままの状態だった。拾って届けてくれた方は分からずだが感謝申し上げたい。

家でカミサンに事の全てを話した。怒られる。と思ったが(笑)同情された。
「体調悪いのに無理して出掛けるから・・」と言われたが、無理して出掛けないと次にいつ休めるかわからないのも事実だし。

けれど、痛い出費と苦い思い出だったし自信も喪失した。
こんな馬鹿話しをわざわざブログに書く事もないかもしれないが自分への戒めと反省を込めた気持ちの表れだとご理解願いたい。

「無理しちゃダメだな。若くないんだから」と多くを学んだ出来事だった。











[PR]
by asobinin2006 | 2017-10-15 22:22 | 日々雑想 | Comments(0)
世界遺産『平泉』~無量光院跡・達谷窟毘沙門堂~
「無量光院跡」(むりょうこういんあと)
f0149422_19263468.jpg



「達谷窟毘沙門堂」(天台宗 達谷西光寺)
たっこくのいわやびしゃもんどう

f0149422_19295559.jpg
f0149422_19271609.jpg
f0149422_19274025.jpg
f0149422_19290891.jpg
f0149422_19292739.jpg
駆け足でしたが念願の「平泉」に来れて感無量でした。



[PR]
by asobinin2006 | 2017-10-11 08:15 | 日々雑想 | Comments(0)
世界遺産『平泉』~毛越寺~
「中尊寺」から「毛越寺」(もうつうじ)へ来ました。
f0149422_18220183.jpg
f0149422_18221526.jpg
f0149422_18222939.jpg
f0149422_18224499.jpg
f0149422_18230374.jpg
f0149422_18171954.jpg

[PR]
by asobinin2006 | 2017-10-10 18:43 | 日々雑想 | Comments(0)
世界遺産『平泉』~中尊寺~
f0149422_18181962.jpg
話しが前後しますが、「大沢温泉」の翌日はお天気が崩れる予報のため
『平泉』を観光しました。
「世界遺産」で有名な「平泉」は多くの観光客で賑わっていました。

『中尊寺』

f0149422_18183371.jpg
f0149422_18180369.jpg
f0149422_18185125.jpg
f0149422_18192196.jpg
f0149422_18193868.jpg
f0149422_18173462.jpg
f0149422_18195781.jpg
f0149422_18211150.jpg
f0149422_18212964.jpg
f0149422_18214814.jpg
傘を持って来ましたが幸い雨には当たらずでした。
境内には参る神社が点在していて賽銭に散財しました。笑

[PR]
by asobinin2006 | 2017-10-09 18:16 | 日々雑想 | Comments(0)
「栗駒山」 には登らず。
「紅葉真っ盛り」の便りを聞いて是非とも登りたいと思っていた山、

『栗駒山』

長時間の移動と手間、高額の出費を惜しまず「須川温泉登山道」まで
たどり着いた。
一ノ関ICを降りると「平泉」までそう遠くない。
時折、見上げれば青空も見え隠れしていたが高度を上げるにつれ
雨も降り、風も強く、ガスって眺望も効かなくなった。
f0149422_11321128.jpg
確かに紅葉は綺麗・・・のようだし、登山者観光客の数も多い。
f0149422_11304734.jpg
外に出ると息は白く、おそらく気温も一桁台だろう。
f0149422_11314901.jpg
「さてどうするか?」

岩手県と秋田県の県境をまたいで思案した。

ガスの中に「須川温泉露天風呂」のシンボルのような岩が見え隠れする。
f0149422_11310490.jpg
登山口は須川温泉横から。
f0149422_11313146.jpg
早々下山してきた方に話しを聞く。

「う~ん。朝の早い時間はまだ良かったかな。風も強くて寒かったけど。
上はガスガスでなんも見えず。霧氷がすごくて冬山だった」

これは無理してもなぁ。またの機会にしよう。


おとなりの「栗駒山荘」に飛び込んだ。
f0149422_11303156.jpg
ここの風呂も「自称:温泉通を語るのは是非とも入っておくべき風呂」
なのだろう。
f0149422_11301159.jpg
料金は700円。内湯と露天。床が成分で滑るので注意が必要。
湯温は適温。硫黄臭+金属臭、やや苦味ある。強烈ではないが目に
入るとショボショボする。

露天は低温+強風につき覚悟が必要だった。
紅葉を愛でながらの露天入浴は夢だったが「夢」で終わってしまった。
まあ、また来年に期待&来たい。

仙台まで戻ると青空が広がっていた。
f0149422_11322865.jpg
「郷土食」と言えるまで有名になった食事をして旅は終わった。

f0149422_11324764.jpg


[PR]
by asobinin2006 | 2017-10-05 11:34 | 日々雑想 | Comments(0)
  

遊び人でないワーカーホリックの“遊び人の金さん”がお届けする
by asobinin2006
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
以前の記事
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
お気に入りブログ
湯旅休憩所
銚子屋のブログ 
最新のコメント
> 松ちゃん 会話..
by asobinin2006 at 14:05
今晩は、その後ゆっくり思..
by 松ちゃん at 21:03
松ちゃん、いつもありがと..
by asobinin2006 at 09:27
久々にゆっくりお話をさせ..
by 松ちゃん at 20:02
松ちゃん。いつもありがと..
by asobinin2006 at 15:37
文豪金さん、日々忙しい中..
by 松ちゃん at 08:08
びんのかけら ファンから..
by びんのかけら ファン at 16:17
okiesさん。奇遇です..
by asobinin2006 at 13:25
金さん、名古屋にいたんで..
by okies at 08:43
上越市民になる前は、燕市..
by okies at 09:09
最新のトラックバック
コマクサ、シャクナゲ、レ..
from dezire_photo &..
日常を人々を描く風俗画に..
from dezire_photo &..
信越国境の秘峰
from dezire_photo &..
信越国境の秘峰
from dezire_photo &..
光と色彩の画家・エル・グ..
from dezire_photo &..
ハマナスふれあいセンター
from 温泉生活
山田旅館
from 温泉生活
水上館
from 温泉生活
ライフログ
検索
外部リンク
ファン
ブログジャンル
オヤジ
旅行・お出かけ