カテゴリ:新・そば街道を行く( 44 )
石挽そば 『越水』
加茂市(かもし)にある県内でも有名な繁盛店です。『越水』(こしみず)
f0149422_19032331.jpg

昼のピークから過ぎた時間でしたが、ほぼ満席でした。

ご主人、戸隠で修行されたということでこのあたりの地域では
珍しい蕎麦だと思います。
f0149422_19033878.jpg
十割の大盛りざるを注文。

f0149422_19041367.jpg
上品でしっとりとしたそばは喉越しもよく大変美味しいです。
f0149422_19050323.jpg
ラーメン色も強い新潟ですが、そばの名店もいろいろ食べ歩いてみたいです。

[PR]
by asobinin2006 | 2017-06-01 19:12 | 新・そば街道を行く | Comments(0)
飯山市 富倉そば『はしば食堂』
国道292号線は妙高市(旧新井市)から飯山市にぬけるに便利な国道。
以前から「野沢温泉」や「斑尾高原」へスキー行く時などに利用した道だった。
昔に比べれば随分道も広くなったが、それでも何箇所かはクルマ一台が通れる
くらいの道幅しかない。
ただ、このあたりの山にトンネルぶち抜いて「北陸新幹線」が通るなどとは
夢にも思わなかったが。

クルマを運転しながら「そばや」という看板もよく目にした。でも、高齢化や
後継者不足で閉店を余儀なくされた店が多いのもまた現実である。

そんな中、今も現役バリバリで蕎麦屋を切り盛りしてる“名物かあちゃん“がいる
というので会いに(食しに)行ってきた。

旧新井市側から運転するとやがて県境を越えて長野県に入る。
トンネルをぬけて右手に看板を見ながら山道を登る。
f0149422_21385846.jpg
しばらく行くと『はしば食堂』と書かれた“民家”が見えてくる。

f0149422_21383989.jpg
手前の駐車場にクルマを停めてしばらく歩く。

ウワサには聞いていたが、まさに“民家”である。
f0149422_21360976.jpg
@営業中に札がかかっているが、先客はないようだ。

「こんちは~。お邪魔しま~す」といってお店(家)に上がる。

引き戸を開けて食堂(居間)に入ると、お母さんは寝ていた。笑

「今日は朝から草刈して疲れたから横になってたの」という。

そんなことは全く関係なので手前のテーブルに座った。

あ母さんはお湯の入ったポットを持ってきてくれたのでテーブル上の
お茶セットでセルフでお茶をいただいた。

次にお母さんがもってきてくれたのが「おかずセット」。
なんと小皿だが5品もある。ぜんまい、なます、じゃがいもに、豆煮、ウドのきんぴら
f0149422_21370841.jpg
「なんにする?」お母さんは聞くが、小鉢で結構食べごたえがありそうなので(笑)
そばの並盛りを頼んだ。

お母さんの寝ていた位置にこたつ。他はテーブル席が並ぶ。
f0149422_21362878.jpg
f0149422_21364760.jpg
やがて「ハイヨ~」とそばの登場!これで並盛りか?と思えるほどの量。
(蕎麦湯も同時に持ってくる)
f0149422_21372313.jpg
f0149422_21374007.jpg
蕎麦とつまみを食べるがお母さんは俺の前に座って世間話しを始めた。
(つまりお母さんと“サシ”で向かい合う図)

いろいろな話しに花が咲く。お母さんとの会話は楽しかった。
年齢は大体知っているが、それを感じさせないほど若々しかった。
年中無休だそうで、「なーして?」(なんで:の意)と聞くと
「だって折角こんな山ん中まで来てくれて休みじゃ申し訳だろうね」と言う。
(営業は昼間だけPM3時頃が目安だそうだ。確認のため☎したほうがいいかも)



なんだかんだで1時間以上はいたと思う。最初は「こんなにいっぱい食べれるか?」
と不安になったが、折角出してくれたんだからと時間を掛けて完食した。

後でバイクの男性がひとり来店(関東エリアのナンバーだった)

「お母さんごちそうさま」と言って店を出た。

会話中にお母さんが「駐車場の看板の「はしば」の点点はハート♥なんだよ」
と話した時の顔が少女だった。笑
f0149422_21355071.jpg
f0149422_21381872.jpg
豊かな田園風景が広がっている。いつまでもお達者で!と願うばかりであった。

[PR]
by asobinin2006 | 2017-05-31 21:26 | 新・そば街道を行く | Comments(0)
信州信濃蕎麦街道本舗『草笛 上田店』
長野県の蕎麦(店)処のひとつ上田市には有名蕎麦店が数々ありますが、
『草笛上田店』に行ってきました。
f0149422_20525302.jpg
広い店内にはたくさんのお客人が「ズズッ~ズズズ~~ッ」とそばをすする音が
店内に響いていました。

ざるそば(660円)を注文。
f0149422_20531002.jpg
運ばれてきたものはかなりの量です。
「大盛り」と言っていいほどの量です。
f0149422_20532937.jpg

俺も負けずに「ズズッ~~~」と頂きました。
f0149422_20534695.jpg
美味しかったです。

[PR]
by asobinin2006 | 2017-05-15 20:54 | 新・そば街道を行く | Comments(0)
小千谷 『福桝』
民家の中にお店はあります。『福桝』(ふくます)さん。
f0149422_15315729.jpg
この土地の蕎麦は「布海苔」でやや薄い緑色の喉越しが特徴です。

ざるそばを注文。
f0149422_15321083.jpg

シンプルながらもおいしい蕎麦でした。

f0149422_15322422.jpg
奥が深い蕎麦。まだまだ探求の旅は続きます。

[PR]
by asobinin2006 | 2017-01-24 15:33 | 新・そば街道を行く | Comments(0)
小千谷のそば処『須坂屋』
飲食店の先輩:力雄さん&トシちゃんから飲食店の情報を聞く機会が多い。

「今度ここ行ってみな~い」と、ご推薦のお店を教えていただき行って
まいりました。

小千谷そば処『須坂屋』

ざるを注文
f0149422_18101364.jpg
大根おろしがいいアクセントになっています。

やや「そばつゆ」が甘いか。
f0149422_18102535.jpg
麺もザラザラ感がなくツルッといただいた。

トシちゃんイチ押しの蕎麦でした。

[PR]
by asobinin2006 | 2017-01-23 18:11 | 新・そば街道を行く | Comments(0)
戸隠 『そば茶屋 極楽坊』
GoogleMapのナビの指し示す方向にクルマを走らせる。

【戸隠スキー場】の看板を曲がってしばらくゆくと、
「こんなところに・・」と思う場所にお店はあった。
f0149422_23193012.jpg
玄関戸を開けると下駄箱があり、スリッパに履き替える。

4人掛けのテーブル席が2つ、畳の小上がりが一席、囲炉裏席がひとつ
とカウンター席の店内。

ちょうど囲炉裏席が空いていたのでそちらへ案内していただく。
f0149422_23201939.jpg
寒い日に、暖を取れるのはありがたいし、囲炉裏で蕎麦を食すにも
“オツ”に感じる。
f0149422_23210879.jpg
お茶とかりんとうをいただく。
f0149422_23191752.jpg
メニューはご覧のとおり。
f0149422_23203591.jpg
「ざるそば」をいただいた。
f0149422_23205099.jpg
ボッチ盛りだが、色白で細身の上品な蕎麦。
塩で少々いただくと蕎麦本来の味と香りが楽しめる。

お膳もあるが、囲炉裏脇で食す。
f0149422_23232388.jpg
「そば団子」もいただいた。
f0149422_23194688.jpg

見れば「箸袋」の文字が微妙に違う。
奥さんの手書きだそうだ。
f0149422_23200346.jpg
通りから少し入った静かな場所にあるので今まで知らなかったが、
今度また再訪してみたいお店である。

[PR]
by asobinin2006 | 2016-11-17 23:25 | 新・そば街道を行く | Comments(0)
戸隠 『そばの実』
久々の休日。そして久しぶりにカミサンとも休みが合い、
「戸隠に新そばを食べにいくか」ということになった。

11時オープンに合わせて店に到着。家を出るときは10℃ほど
の気温だったが、信濃町ICで高速を降りて、戸隠までに道中は
段々と気温も低下、一番低い時は1℃だった。

小上がりの席に案内されて、お茶をいただく。

「十割そば」をいただく。
f0149422_21372446.jpg

「塩で食べてみてください」というのでまずは塩でいただく。

f0149422_21373817.jpg
うんまいなぁ~。

そばつゆも絶妙。期待を裏切らない蕎麦である。

[PR]
by asobinin2006 | 2016-11-16 21:38 | 新・そば街道を行く | Comments(0)
十日町市 『割烹そば処 松苧 』
まつだい駅から車で5分ほどの距離、253号線を十日町方面に
走行しているとすぐに見えます。
f0149422_22312572.jpg
割烹そば・・とありますので各種宴会も可能なのでしょうか。
見たところ2階部分は広間のような造りですし、店舗横には
送迎マイククバスが2台停まっています。

松芋 (まつお)

f0149422_22314085.jpg
「天ざるそば」をいただきました。
f0149422_22320614.jpg
苧の葉、くずの花、うどの花、ホップ、ゲンノショウコ
そばの花、海老、カボチャ、おくら、まいたけ、なす、
と豪華な盛り合わせです。初めて食べるものも
多く
f0149422_22322127.jpg
豆みそ、なすの漬け物

胡桃、わさび、ねぎ

盛りが多いので満腹です。



[PR]
by asobinin2006 | 2016-09-28 09:10 | 新・そば街道を行く | Comments(0)
上越市 牧区 『そば処 木草庵』
友人オススメの蕎麦店を教えていただきましたので
行ってきました。「木草庵」(きそうあん)

県道新井柿崎線を走行し、「岩の原ワイン」の前を通って
しばらく行くと山沿いの集落にお店はありました。
f0149422_20595121.jpg

旧家で以前は宿泊可能な施設だったのでしょうか?
机が並ぶ食堂のスペースはかなり広く感じました。
f0149422_2102095.jpg


f0149422_2121498.jpg


「手打ち天ざるそば」(大盛)を注文。
f0149422_212343.jpg

部屋の端にあるポットからセルフでお茶を頂きます。
f0149422_212571.jpg

さて、頂いたお蕎麦は盛(量)も充分ですが、天ぷらまでつゆで
食べると途中で足らなくなってしまう恐れありです。
f0149422_2132161.jpg

天ぷらはいかにも自家生産、裏の畑で採れました的な野菜の数々
(かぼちゃ、ピーマン、さつまいも、えのきだけ、なす、玉ねぎのかき揚げ)
f0149422_21337100.jpg

麺は細め柔らかめ、つゆは濃い目でした。
f0149422_2135670.jpg

そば湯も濃厚です。
f0149422_2141262.jpg

[PR]
by asobinin2006 | 2016-08-28 21:04 | 新・そば街道を行く | Comments(0)
食彩工房 『そばの華』
高速道を小出ICで降りて国道291号線へ。

ちょうどお昼を迎えて蕎麦を食べようと思った。
f0149422_0597.jpg

食彩工房『そばの華』さんはランチのセットメニューもCPも
高く、以前より来店したかったお店。

店内は明るくお洒落で、時折ライブ演奏も開かれるらしい。

f0149422_053561.jpg


f0149422_055480.jpg

ランチメニューA(天ぷら付き)とB(そばがき付き)をオーダーする。
f0149422_061214.jpg

冷たいお茶で喉を潤し、揚げそばをつまむ。
f0149422_063487.jpg

テーブル上にも野の花が生けられていて和む。

そばは「八色そば」(やいろそば)。「初めに“水そば”を食べてください」。
f0149422_065179.jpg


蕎麦自体はあまり手打ち感がないが、大変おいしくいただいた。
f0149422_071087.jpg


f0149422_072692.jpg

息子は天ぷらを。
f0149422_074198.jpg

俺はそばがきをいただきた。
f0149422_075866.jpg

デザートにムースとコーヒー。
f0149422_081575.jpg

これで一人前1040円(税込)はお得感も満足感も充分でした。
[PR]
by asobinin2006 | 2016-08-06 00:08 | 新・そば街道を行く | Comments(0)
  

遊び人でないワーカーホリックの“遊び人の金さん”がお届けする
by asobinin2006
プロフィールを見る
画像一覧
以前の記事
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
最新のコメント
> 松ちゃん 会話..
by asobinin2006 at 14:05
今晩は、その後ゆっくり思..
by 松ちゃん at 21:03
松ちゃん、いつもありがと..
by asobinin2006 at 09:27
久々にゆっくりお話をさせ..
by 松ちゃん at 20:02
松ちゃん。いつもありがと..
by asobinin2006 at 15:37
文豪金さん、日々忙しい中..
by 松ちゃん at 08:08
びんのかけら ファンから..
by びんのかけら ファン at 16:17
okiesさん。奇遇です..
by asobinin2006 at 13:25
金さん、名古屋にいたんで..
by okies at 08:43
上越市民になる前は、燕市..
by okies at 09:09
最新のトラックバック
コマクサ、シャクナゲ、レ..
from dezire_photo &..
日常を人々を描く風俗画に..
from dezire_photo &..
信越国境の秘峰
from dezire_photo &..
信越国境の秘峰
from dezire_photo &..
光と色彩の画家・エル・グ..
from dezire_photo &..
ハマナスふれあいセンター
from 温泉生活
山田旅館
from 温泉生活
水上館
from 温泉生活
ライフログ
検索
タグ
外部リンク
ファン
ブログジャンル
オヤジ
旅行・お出かけ