<   2008年 03月 ( 10 )   > この月の画像一覧
卒業式
先週の月曜日、娘の小学校の卒業式がありました。
三月も末に近づくにつれ、ようやく春らしい暖かな日も
続きましたが、残念ながら記念すべきこの日は朝から
あいにくの雨模様。肌寒い日でした。

3月は歓送迎会のシーズンなので3週刊休みなしの労働
を強いられるかと思いきや、「この日くらいは・・」とお慈悲で
お休みをいただき式に出席できました。

6年前。まだ桜もつぼみの4月初旬、ピンクのワンピースに
真新しい赤いランドセルを背負い、ちょっとはにかんだような
顔をした娘と「入学式」という看板の前でカミサンと3人で並んで
写真(この時はカメラだった)を撮ってもらったのがまるで昨日の
事のようです。

あれから6年。今度はセーラー服を着て、ちょっぴり大人に見えた
娘を誇らしくも思いましたが、いざ帰ろうとも友達同士で卒業アルバム
に交替で記念のサインをしているのを寒い中待ち続けなければならない
作業が一番辛かったことでした。

ひとまず卒業はおめでたいことですが、これから始まる中学校生活
にうまく順応できるのかが正直、不安です。
部活も忙しくなるし、話しによると放課後はもちろん朝練習もあるし、
夜のナイター練習もあるしで、体力はもちろんのこと、学業がおろそか
にならないか?と親バカですがこちらの方が心配です。

ところで今の「卒業アルバム」ってずいぶんハイカラなんで驚きました。
今までの学校生活を振り返ったDVDも付いているし、オールカラーで
製本にも金がかかってそうだし、時代も変わったもんです。

「中学校に入れば今までみたいに“みんななかよし・・”ってわけには
いかないんだよ。個性もでてくるし、体も心も成長して来るんだから
自分をしっかり持ってしっかりね!」といいきかせましたが、時間が
経たないと理解できない言葉かも知れません。

夕食に家族で食事に出かけました。
「何が食べたい?」という問いに「お寿司」というリクエストでしたが、
この日行った“回る”寿司店はひどくまずい寿司でがっかりでした。
[PR]
by asobinin2006 | 2008-03-31 20:49 | 日々雑想 | Comments(0)
魚沼市 栃尾又温泉 『宝厳堂』 下
目覚めてから寝ぐせのついたまま【上の湯】にむかう。
早朝にもかかわらず、すでに何人かが湯に浸かっていた。
たっぷり2時間ほどここで過ごした。が、今回の訪問で
湯温が微妙に上昇したのが要因なのか、温泉でに重要
アイテムのひとつ[泡付き]がいまいちなのが気になった。
源泉に近い【下の湯】では若干見られたけれど、ここ【上・・】
では皆無に等しかったようだ。

8時過ぎに朝食をいただく。
ETC通勤割引にために9時までに高速道に乗りたかったので
ちょっと急いでいたが当然完食。
会計を済ませ、ご主人と若女将にあいさつをして『宝厳堂』を
後にした。

短い時間だったけれど、再会を果たせてよかったと思う。
湯治場・・という雰囲気の温泉地だが、ここなら2人でも
訪れるに値する温泉宿だと思う。
泉質や湯の入り方が独特なところもあるが、こんなところも
存在するんだと認識するだけでも価値があるんではないかと思う。
f0149422_2295024.jpg

[PR]
by asobinin2006 | 2008-03-25 22:10 | 硫黄臭の誘い(いざない) | Comments(0)
魚沼市 栃尾又温泉 『宝厳堂』 中
午後の早い内に到着して【上の湯】に入ってさっぱりしてから
宿にインしよう・・と考えていたのだが、結局2時過ぎてしまった。
【上の湯】は男性3時までなので、ここで洗髪・洗顔&体を洗って
おきたかったので、あわてて駆け込んだ。

ここは以前日帰り入浴施設として利用されていた施設で、青色の
タイルが印象的な浴室。だが、久々に湯に入った感想は

「熱い?んでは?」

温泉の湯温も地震や自然形態に左右されるデリケートなのもんで
夏本番の暑さではないものの、強い日差しで気温が上がったこの日は
ヌル湯がベストなのだが、体感温度で38℃くらいあろうかと思われる
湯温は想像以上に熱く感じられた。

チェックインして若女将と久々の再会。(赤いフレームのメガネが印象的)
3階の部屋[参の壱一番]に案内されて、ここで小一時間ほど若女将
としばし談笑。屈託のないその笑顔からは、日頃の圧力から脱却させて
くれる魅力がある。

一息ついて夕食までの時間【下の湯】で2時間ほど浸かった。
文庫本を一冊読破。まだ外が明るい内は可能だが、夜はピンスポ4本ほど
の灯りしかないのでグッと落ち着いた雰囲気になる。

夕食は一階の食堂でいただく。
とりあえずビールを頼むが、後から請求書を見るとオマケしてくれたみたい・・・
(御馳走様でした 笑)
若い仲居さんが丁寧にサーブしてくれる品々を残らず平らげる。
やはり。というか当然ご飯がうまい!

夕食後に再度【下の湯】で宗教的な空気が流れる中、浮世のしがらみから
解放されんがために瞑想にふけこもうと思っていたが、満腹感・満足感&
万福感で布団の上で大の字になってうかつにも9時まで寝入ってしまったようだ。

でもおかげで終了の23時まで独り占めさせていただいた。
f0149422_1117211.jpg
f0149422_1117377.jpg
f0149422_1117553.jpg
f0149422_1118976.jpg
f0149422_11184034.jpg
f0149422_11185343.jpg
f0149422_11202513.jpg

[PR]
by asobinin2006 | 2008-03-19 11:16 | 硫黄臭の誘い(いざない) | Comments(6)
魚沼市 栃尾又温泉 『宝厳堂』 上
パソコンのピクチャファイルを整理していたら、いくつかの未公開
の画像が見つかった。
年度末なので「本年度を振り返る」という意味で昨年6月にお世話
になった栃尾又温泉 『宝厳堂』について触れてみたい。

栃尾又温泉は高速道小千谷IC降りて約20分ほど、大湯温泉の
奥に位置する3軒の旅館が並ぶ小さな温泉地だ。
前にも書いたことがあるが、随分昔しからこの温泉地が好きで、
時々思い出したように訪れていた。
かつて“ラジウム泉”という泉質もよく理解していなかった時期で
[随分ぬるい温泉だな~]と悠長なことを考えながら浸かっていたが
旅館に滞在するしか日帰り入浴が不可能になった現在でも一年に
一度は訪問したいと希望している。

昨年は5月いっぱいで前職を退社し、6月からは新規オープンに
向けての準備期間にあてたのだが、内心は「ちょっとは北上して
未踏の東北の温泉地めぐりでも・・・」ともくろんでいたが、実際は
とんでもない!!毎日毎日打ち合わせや会議等の連続で一歩
たりとも外出さえ許されない状態だった。

でも、若女将と「6月になったらお邪魔できるかな?」との約束も
あったし、あのヌル湯に癒されたいとも毎日考えていたので、一晩
限りではあるが、出かけさせていただいた。
ただし、ほぼ宿到着までの間でもNTTとダイヤル回線について折衝
を行なって、ここでもあまり落ち着いた滞在とは言えなかったかも?

f0149422_9585645.jpg
f0149422_9591199.jpg
f0149422_9594862.jpg

[PR]
by asobinin2006 | 2008-03-18 20:46 | 硫黄臭の誘い(いざない) | Comments(0)
焼肉 『光州苑』
軽井沢日帰りの夕食に焼肉を食べて帰ろうと思った。
「ろぐ亭」はこの日休日だったので、マイミクの旅芸人さん推薦の
『光州苑』軽井沢店に行った。

店内はそれほど高級感はないけれど、テレビマスコミで取り上げられた
際の写真や有名芸能人らしく色紙が並んでいる。

「焼肉=生ビール」という方程式が存在するが、あいにく運転手なので
烏龍で我慢する。
メニューの値段を見てちょっとびっくり!おおっこれは・・お高いのね!

家族での焼肉といえば『焼肉バーンズ』が定番だが、『バーンズ』で
めったに食べることのない和牛を食べるようなラインナップ。
正直すべてのメニューが高額だと感じた。
確かに肉は柔らかくておいしいのだが、これは旅芸人さんのように
沢山賞金を稼ぐようにならないと無理だな^^)

焼肉といえば、貧乏会社員の東京時代、たまに上司につれていって
もらった焼肉『叙々苑』が楽しみだった。
コンビニ弁当三昧だった日頃の食事に一筋の光りをもたらしてくれる存在
だった。なるべく上司側の席には近づかず、末席でただ黙々と食べるのが
セオリーだった。

かなり辛めのキムチを食べながらそんな情景を思い出していた。
f0149422_1311228.jpg

[PR]
by asobinin2006 | 2008-03-16 13:14 | 日々雑想 | Comments(1)
軽井沢へ
好天につられてちょっと遠出をしたくなりました。
衝動買いをしたくなって高速道を走り、軽井沢までやってきました。
家から2時間で着きます。が、今回は相棒のシゲちゃんをさそって
のドライブだったので、コアな温泉もメジャーな温泉も、気になる温泉
もすべて素通りして一直線にプリンス・ショッピングプラザまで来ました。

天気はいいものの、もやがかかっていて残念ながら浅間山の雄姿は
雲の中です。昼にかけて行ったので昼食はちょっとしたホテルでパスタ
ランチ。男2人で来るような場所ではなかったようだけど、それなりに
おいしくいただきました。

買物はちょっと不完全燃焼だったかな?
やはり一人でくれば時間も気にせず、あっちこっちと身軽だけど、同行
してる人にも気を使うし、寒い中あまり待たせるのも気になる。その辺は
ちょっと後悔したけれど、道中いろいろ話しながらの行程は楽しいもの
だったし、色んな会話ができたことは有意義だった。

定宿の「ホテルハーベスト旧軽井沢」にチェックインして、全然温泉ではない
温泉大浴場の「春楡の湯」でまったりしたあと、携帯が鳴った。

「明日、早い時間に打ち合わせがあるから・・・」

こりゃ今から帰った方が無難だな~。
残念ながら今回の計画はすべて仕切り直しのようです。
とりあえず飯喰って、帰りましたとさ。。。
[PR]
by asobinin2006 | 2008-03-13 23:27 | 日々雑想 | Comments(0)
あれから一年  ~アメリカ家族旅行記~ 下
ことば(英会話)
旅行当初は“子供にも英会話を。中学校行って英語習う前に≪英語
しゃべれれば世界のいろんな人たちと会話できるんだ。≫という事実を
実践をもって体験させてあげたいという親心もあたが、どんな場面でも
カミサンも子供も俺に【丸投げ】で積極的に会話にトライするもんでも
なかったが、最終日に娘さんのこどもたちとふれあったり、一緒に英語&
日本語のレッスンで遊んでいるうちにちょっとは雰囲気もかじったんでは
ないかと思う。
肝心の俺の英会話もかなり怪しいもんで(笑)、的確にきちんと相手に
自分(達)の主張が伝わっているか?というと「まゆつば」もんである。
でも、人間長い時間いっしょに過ごしていると、言葉や習慣・文化は違う
くともなんとなく「この人はこうゆう考え方をする人だ」とか「こんな話しを
すると飛びついてくる」とか「こんなジョークがすきだ:」という習性みたい
なものが見えてくる。言葉の言い回し方も含めて向こうの家族のことを理解
しているつもりなので「言っていることはまあまあ理解できる」レベルだった
ろう。
同時に向こうの家族にも「こいつの英会話能力はこんなもんで、この単語
はわからないけれど、この単語と単語を使えば伝わるだろう」ということが
わかってくれているので助かった面もあったと思う。

ただし、異邦人の姿もめったに見ないし、英会話スクールもない、英会話
を楽しまない生活を日々送っている自分にとってはスムーズに事がすすま
ないジレンマを感じることもあったし、常に向こうの人達は「英語が理解でき
ないひと」とは全然思わないで、英語がしゃべれる事を前提にしゃべってくる
のでつねに準備万端整えての体制でかまえなければいけないのはハードで
疲れることだった。
一応受験英語は経験したし、英語も長年勉強している教育制度もある。
あんなもんでこんなもんだろう。。。
とりあえず伝わっていたので合格点ではないだろうか???
[PR]
by asobinin2006 | 2008-03-12 00:00 | 日々雑想 | Comments(0)
あれから一年  ~アメリカ家族旅行記~ 中
ホテル滞在したホテルはRadission Sweets Buena Park Hotel
(ラディソン スイーツ ブエナ パーク ホテル)。
ハリウッドからは遠いけど、家族の家から15分ほど、ディズニーランド
へもシャトルバスで20分くらいだった気がする。
ツアーの申し込みは楽天トラベルのサイトから行ったので、出発日と
帰国日、利用飛行機会社を入力するとホテルが安いのから高いのまで
アップされてくるので、場所や施設面・サービス内容などを吟味して
ここのホテルに決めた。
「朝食付」というのも魅力だったけど、(全室スイートルーム、キッチン付き
ベットルーム別)という豪華なものを想像していたのだが、結果的には
ちょっと期待はずれだったかな?
家族4人で4ベットと見込んでいたのにツインとエキストラベットしか
なかった。フロントに問い合わせても全室このつくりなのでこれで寝て
くれという。建物もやや古ぼけてて、半分を改装真っ最中だった。
夜中にトイレに起きたら隅っこの方でガサガサと日本のそれよりもやや
小ぶりなものが動いていた・・そんなホテルだった。
近くにレストランもあるし、従業員の皆さんはいたってフレンドリーだった
けど、日本人は皆ディズニーランド近くの高級ホテルに滞在するのか
俺らの他に東洋人は見受けなかった。

時差ボケ子供もカミサンも移動中の車の中ではエンジンをかけたとたん・・・位に
寝入っていたが、俺はドライバーさんや家族と話していたので眠りは
しなかった。夜も2時間ほどは眠れるがその後は目が覚めてずっと
明け方まで眼れなかった。最初の一日目はしょうがないとしても、帰国
するまでその調子が続いた。その場に順応できなかったのは“年”の
せいなのだろうか?


食事
旅行中で一番辛かったのがこの“食事”だったと思う。
近所にラーメン屋や定食屋でもあれば最高だったけれど、そんなの
あるわけないし(笑)、一年間でマックに2,3回行くか行かないかの
人間がわずか一週間の間で4回もハンバーガーショップに行くのは
少々辛かった。
ある夜、子供は「疲れたので行かない」というのでカミサンと夕食に
出掛けた。ホテルのフロントで近くの日本食レストランについて尋ねる
と「一番近い◎◎は高いので少し歩くと【TOKYO TERIYAKI】と
いうお店がありますが・・」というので行ってみた。
絶対日本人ではないラテン系のあんちゃんたちが作る[スペシャル
照り焼き丼]はあきらかに日本食ではなかったが、米の飯が食えた
だけでもよかったと思った。
また、アメリカはSODA(炭酸)の国だと思った。ファーストフード店
はもちろん飲み放題のケースが多く、行く先々でコーラやペプシは
もちろん炭酸系がつきまとったし、「どっかに〖ソウケンビチャ〗や
〖いえもん〗でも売ってないかな~と思ってた。
f0149422_1435029.jpg
f0149422_14351452.jpg

[PR]
by asobinin2006 | 2008-03-11 11:49 | 日々雑想 | Comments(0)
あれから一年  ~アメリカ家族旅行記~ 上
先月末、テレビでアメリカ音楽業界最大のイベント『アカデミー賞授与式』
の模様をやっていたのを見て「おお~、あれからもう一年も経ったのか~」
と時間の経過の早さを思い知らされた。
実は昨年2月末から3月初めにかけてわずか1週間ではあるけれど、家族
でアメリカはロサンゼルスまで行った。(正確にはロサンゼルスを含む近郊)

おりしも到着したその日、定番の観光スポットハリウッドの【チャイニーズ・
シアター】周辺では、前日〖コダック・シアター〗で行われた式典で使用した
レッドカーペットやらいろんなオブジェ、交通整理用のガードレール等の
撤去作業の真っ最中だった。
学生時代にお世話なったアメリカの家族との久々の再会やなんとハネムーン
以来の海外旅行(笑)、それから自分の子供たちにいろんな“経験&体験”を
させてあげたい親心での決断だったが、お金もかかったけれど久々に
興奮するイベントだったし、多くの刺激もあったと思う。
あれから一年・・・いろんな場面で振り返ってみた。

アメリカ入国・出国「行列のできる入国審査」と悪名高いLAX
(ロサンゼルス国際空港)といううわさを聞いていたので、待つのも仕方ない
とそれなりに覚悟はしていたのだが入国の際は
案外スムーズに通過できたんではないかと思う。
日本からも世界からもいろんな航空会社が数多く到着するので、ドッと
イミグレーション前は長蛇の列だったが、トランシーバー片手の係員の
誘導で空いてる(すいてる)窓口に次々と通されて、審査の方も簡単だった。
ただし、指紋押捺と顔写真の撮影が義務づけられており、例の911事件
以来厳しくなったらしい。
家族づれだったこともあって審査は4人一緒で、パスポートも四人同時。
質問は「ディズニーランドには行くの?」だけだった。
帰路のLAX出国ではボディチェックはもちろん、履いていたくつまでX線
に通すのには驚いたっけ。

シンガポール航空
アメリカへの乗り入れは日系のJALとANA,米国系のエアライン、アジア系
の大きく3つに分られるし、見積もりでは大韓航空が一番安かった。
でも、初めて乗った航空会社がシンガポール航空だった思い入れもあったので
利用させていただいた。
数年前と変わらないのはエコノミーの座席の狭さで、大きく変わったのは座席
前の10インチの液晶画面でオンデマンドで観たい映画を百以上あるプログラム
からチョイスできたこと。「一昔前までは皆同じ映画を前面のスクリーンで観る
だけにすぎなかったのに」と久々のフライトでの一番の関心事だった。
(子供はゲームに夢中だったが)
食事やサービス面では特に目新しいものはないにせよ、帰路のCAさんは親切
で、何度もドリンクやスナック菓子のサービスに来てくれたと思う。
しかし、反省点は行きの機内で飲めない赤ワインに悪酔いしてしまい、すっかり
便器と“オトモダチ”になる醜態をされけだしてしまった。自分の座席にいるよりも
トイレに駆け込んでた方が長かった位で面目丸つぶれだった。(苦笑)

移動
アメリカの家族にはいろいろお世話になったが、観光で出かける時の車の移動は
すべて私らで考えなくてはならなかったので公共交通機関が日本と違うアメリカ
で考えられるのは車での移動。今回はツーリスト相手の送迎をしてる個人経営の
方々にお世話になった。
宿泊したホテルからユニバーサルスタジオまでは1時間以上もかかるので、料金
もそれなりにかかるけど、それはそれで節約上手なアメリカ人なので色んな助言
をいただきながら金額折衝を行った。
[PR]
by asobinin2006 | 2008-03-10 22:33 | 日々雑想 | Comments(0)
48時間分の40時間
先週の土曜日、朝目覚めるとのどの奥が痛い。
鏡で見ると扁桃腺が腫れているのが分かるが、週末の繁盛期ゆえに
おちおち病院にも行ってなれない。

なんとか市販の風邪薬りとドリンク類でごまかして、月曜日に主治医の
原ドクターに診てもらい、ケツに注射を一本打ってもらった。

このところ、また冬型の天候が続いており、大雪こそ降らないが外は
寒くて正直しんどかった。

火曜日も平日だが、比較的大きな宴会が入っていて夜遅くまで続き、
「これが終われば少しは休める~」と自らに気合いを入れて乗り切るが、
酔った女性がトイレから出てこず、籠城する騒ぎがあったり、頭フラフラ
で送迎バスの運転をして帰る頃にはヘトヘトだった。

水曜日と木曜日に休みをもらって2日間、48時間中にのべ40時間は
眠っていた。zzzz

ちょっと疲れた。
でも久しぶりによく寝た満足感がある、
無理をせずに(と言っても無理だが、笑)この週末を乗り切りたい。

悩みごとは息子にベットを占領されてしまっていて、俺が子供用のシングル
で寝るはめになっている。
ちょっと狭いし、微妙にマットが体にフィットしないのだ。
まあ、ちょっと温かくなるまでは辛抱するつもり・・
[PR]
by asobinin2006 | 2008-03-07 12:10 | 日々雑想 | Comments(0)
  

遊び人でないワーカーホリックの“遊び人の金さん”がお届けする
by asobinin2006
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
以前の記事
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
最新のコメント
> 松ちゃん 会話..
by asobinin2006 at 14:05
今晩は、その後ゆっくり思..
by 松ちゃん at 21:03
松ちゃん、いつもありがと..
by asobinin2006 at 09:27
久々にゆっくりお話をさせ..
by 松ちゃん at 20:02
松ちゃん。いつもありがと..
by asobinin2006 at 15:37
文豪金さん、日々忙しい中..
by 松ちゃん at 08:08
びんのかけら ファンから..
by びんのかけら ファン at 16:17
okiesさん。奇遇です..
by asobinin2006 at 13:25
金さん、名古屋にいたんで..
by okies at 08:43
上越市民になる前は、燕市..
by okies at 09:09
最新のトラックバック
コマクサ、シャクナゲ、レ..
from dezire_photo &..
日常を人々を描く風俗画に..
from dezire_photo &..
信越国境の秘峰
from dezire_photo &..
信越国境の秘峰
from dezire_photo &..
光と色彩の画家・エル・グ..
from dezire_photo &..
ハマナスふれあいセンター
from 温泉生活
山田旅館
from 温泉生活
水上館
from 温泉生活
ライフログ
検索
タグ
外部リンク
ファン
ブログジャンル
オヤジ
旅行・お出かけ