<   2008年 10月 ( 9 )   > この月の画像一覧
吉川区 そば『下鳥』
地元の新聞『新潟日報社』発行の月刊誌【CAREEL】(キャレル)は
この時期、“そば特集”。県内外のそば店を紹介しているが、我々の
地元からも数店載っており、その中のひとつ、隣区の吉川『下鳥』
(しもとり)にカミサンと食べにいった。

以前から何度も行ってるところだが、まだ、かんじんのそばの画像が
なかったので。

f0149422_12364557.jpg


平日の昼下がりなので店は空いていた。店はテーブル席が4つ。
まずはそば煎餅とかぶの漬物、豆の煮物とお茶をいただいた。

f0149422_123767.jpg


そばは新蕎麦、ここらの蕎麦屋はつなぎに自然薯を入れるところが
多く、昔からこの味に慣れてるせいか、山ゴボウやふのりなどを使用
しているそばより親しみやすい味のような気がする。

そばは大盛りに、天ぷらもたのんだが、春菊・えのき・かぼちゃ・銀杏
の野菜オンリーの内容で500円は高いのではないだろうか?
(以前は400円だったし)

f0149422_12373414.jpg


そばは普通もりで800円、大盛りで200円増し。

f0149422_12375349.jpg


でも美味しく頂きました。満足です。

f0149422_12381437.jpg

[PR]
by asobinin2006 | 2008-10-31 12:25 | 新・そば街道を行く | Comments(0)
小谷温泉 『山田旅館』
雨飾山に登ったまとめをしなくては、と思っているのだが、
あのつらかった記憶を再び呼び起こすのは相当勇気が
いる作業で(笑)、久々の本格登山という意味で体が万全
でなかったことを差し引いても本当にきつい山だった。涙

f0149422_18385194.jpg


原ドクターに
「雨飾、登りましたよ」というと
「ほー、どっから、何時間かかった?」と聞くので

「小谷温泉上のキャンプ場から、2時間40分くらいでした」

と答えると
「おお、まあまあのタイムじゃない」とおほめ頂いたが、
笹平手前の急坂では山登り史上初めて“気持ち悪く”なった。

f0149422_18402773.jpg


北島康介は金メダルと世界新記録の快挙で感極まって
「なんもいえねえ~」と言葉にならない感情を表現したが、
こちらは、グ~の音もでないほど体力的に堪(こた)えた結果
「なんもいえねぇ~」だったのである。

救いは登山後の温泉だった。

露天『都忘れの湯』は車満杯の盛況だったし、ここにきて
温泉なら『山田旅館』に最初から決めていたので下山して
速攻でこちらに向かった。

f0149422_18405310.jpg


「日本秘湯に入る会:宿」、木造三階建ての歴史ある建造物
が見事である。玄関で入浴の意を申し出ると奥から女将さんが
出てきて、快く案内してもらった。500円を払って浴室に向かう。
(奥には鉄筋造りの新館もあるが)

f0149422_18411541.jpg

f0149422_18413883.jpg


幸いお風呂は俺一人だった。
鉄分で茶色に変色した湯船周辺、タイル、マット、湯につかると
海水のような匂いがたちこめてくる。ドドド=と滝つぼのように湯が
落ちきて、かけ流しの湯はまことに気持ちがいい。

「絶対【寝湯】のスペースだよな~、これって」と浴槽はじの部分
でしばし横になったりと、まったりした時間を過ごさせていただいた。

f0149422_18424962.jpg


備え付けのシャンプーと固形石鹸があったので利用させてもらった
けど、「あれっ?シャワー・・・が・・ない・・・」と湯船から湯を汲み、
頭からかぶった。

しめの湯が充実してると一日得したような満足感がある。

「いいお湯でした」と声がげをして、家路についた。
[PR]
by asobinin2006 | 2008-10-26 18:20 | 硫黄臭の誘い(いざない) | Comments(0)
某らーめん店
高校時代の友人、山田君は隣区に住んでいるが、原付バイク
に乗ってよく遊びに行った間柄だ。

「今日、学校終わったら「そばよし」の大盛り焼きそば食べに行こう
ぜ!」などど結構あちこちの飲食店にも足を伸ばしたもんだ。

幼い頃、ラーメンといえば=中華そば。しょうゆスープが定番だった
中、「どさん子のみそラーメン」は我々には革命的だったし、
ラーメン好きの山田君は

「どさん子のみそを食べるために、ボクは少年ジャンプを買うのを
一か月我慢して小遣いをためたほどだ」となぜか自慢していた。

そんな山田君に連れられて行った店が当時山田君が通学に利用
していた駅前通りにあった。

小ぶりの餃子がうまかった。

オーソドックスなラーメン店だったが、のちに国道沿いに移転。
何年ぶりに家族で再訪する機会があった。

が、何年ぶりに味わうラーメンは残念ながらあまり満足のいく
ものではなかった。

f0149422_10451538.jpg
f0149422_10452840.jpg
f0149422_10454167.jpg

[PR]
by asobinin2006 | 2008-10-25 10:34 | 日々雑想 | Comments(0)
らーめん 『 濱之家 』 古正寺店
“みそらーめんマニア”の娘はラーメン店に行くとかならずオーダー
するのが“みそらーめん”で、しかも“みそシャーシュー”。
お店によっては1000円くらいする高価な商品。

今のご時世、【らーめん】とはあなどるなかれ、おおよそ700円から
800円くらいするし、一家で出かければ「ラーメンで軽く」とはいかず、
かえって高級食材を食べたかのように、財布の中のほうが軽くなって
しまうことだってある。

以前、長岡に行ったときに、娘と『濱之家』(はまのや)さんに入った。
何を食べたかよく覚えていない(笑)のだが、画像はとってあった。

長岡ラーメンといえば「しょうゆの黒々とした昔しながらの中華そば」と
いうイメージが強いが、最近はとんこつ系のお店も増えてきたし、地域
の特色とは別の個性的なお店が出店している。

「元祖家系らーめん」らしいが、よくわからない。

スープはグツグツと沸騰するくらいのあつあつでいただきたい俺にとって
幾分冷めた・・というか、スープ温度が気になった。


f0149422_15162580.jpg
f0149422_15163858.jpg

[PR]
by asobinin2006 | 2008-10-22 15:26 | 日々雑想 | Comments(2)
日曜の夜は 『情熱大陸』
日曜のタイムスケジュールというのが大体決まっていて
たとえ土曜の深夜まで労働しようと、朝は早く起きて出勤し、
日曜昼の客人の準備をしなくてはならない。

客人をマイクロバスで迎えに行くのがおおよそ11時台なので、
車のラジオをONにする。
FM新潟は東京FMがキー局なので、この時間は『ハート・オブ
サンデー』。懐かしの70年80年台ヒットは耳にやさしく、ついつい
くちずさんでしまう選曲ばかりなので、天気がよければ遠くに行きたく
なる衝動を抑えて、わずかばかりの時間を楽しむ。

一席終わった後の帰りはPM2時台で、山下達郎の『サンデー
ソングブック』。貴重なライブ音源やトークなどをゆっくり聞いて
いたいと思ってはいるのだが、3時近くにずれ込んで、あわてて
スイッチをいれても

「お送りいたしてまいりました『サンデーソングブック』、来週もまた
セイムタイム、セイムチャンネルでお耳にかかりましょう。
ごきげんよう、さようなら」と終ってしまう時間になる場合もあるので
タイミング的に運まかせ。

日頃、テレビなどニュース番組か、深夜のバラエティしか見ない俺ですが
毎週楽しみにしてるのが日曜PM11時からの『情熱大陸

芸能やスポーツ選手はもちろん、この道のプロたちが毎週登場し、
新しい一週間の始まりに活力を与えてくれる。
(中には{あれっ?}ってひともたまにはいるけど。笑)

ただし、毎週観れるとは限らないし、日曜も遅くまで営業していれば視聴は
不可能。「だったら録画しておけば・・」とも当然思うのだが、できれば家に
かえってリビングで落ち着いた状態で観たいという欲求がある。

いままで印象に残ったひとは沢山いるけれど、

バックデザイナー 山口絵理子さんだろうか・

たまたま一緒に見ていたカミサンは「フ~ン」としか映らなかったかも
しれないが、個人的には印象的だった。VIDEO
番組を通じて知った人はみな個性的であり、力強さがある。
日々淡々と生きていくだけの自分にとっては皆まぶしいばかりだ。

番組終わりのテーマソングのハカセタロウが聞こえてくると
「明日からまた頑張ろう」と思う。
[PR]
by asobinin2006 | 2008-10-20 21:58 | 日々雑想 | Comments(0)
黒姫高原 『そば処 おがわ』
車を走らせて黒姫高原までやってきた。
ホントの目的はここに全国的にも超有名な蕎麦店がある。
完全予約制で水・木の週休二日制らしいので今日は食べることは
できないが、いちおうどんな所か興味があったので・・・

通りに面してないし、ややわかりづらい道を進むと目指す“店”は
あった。近い将来、その極上の蕎麦を食したいもんである。

折角ここまで来たのでぶらりとそばの看板が出てるお店に入ってみた。
昼を過ぎた時間ながら、3組ほどの先客がそばを食している。
奥のテーブルに座り、注文した。

f0149422_23524495.jpg


店はおばちゃんが2人で切り盛りしている。
まずは白菜のつけものと薬味のわさびとかんずり。
「おおっかんずりなんて・・」と思ったが、これは地元新潟の辛子調味料
で、そばやで見るのは初めてだった。

f0149422_23541544.jpg


そばが運ばれてきた。
細めのやや白っぽい上品な色合いで、食べてみるとこれがなかなか
イケるではないか!印象としては前に食べた赤倉温泉のそばの味に
似てるような気がする。
そばつゆはやや薄め、もうちょっと濃いほうが好みだが、おいしく頂きました。

f0149422_23531931.jpg


そば湯も濃厚!大盛りを頼んだので結構腹いっぱいになったが、有り難く
完食させていただきました。

f0149422_23534313.jpg

[PR]
by asobinin2006 | 2008-10-18 23:47 | 新・そば街道を行く | Comments(0)
容疑者Xの検診
「あああ~、のどがかなり赤いよ~、これは~」

と、主治医の原ドクターが俺の喉の奥をペンライトで照らしながら
やや大げさに表現した。

疲れてくると「のどの痛み・腫れ」が顕著に現れるので、それに効く
薬を出してもらおうと訪ねたのだが、まずお互いの挨拶は最近の
山行である。

「米山には30回以上登ったよ」と病人を診察するにはにこやかに
自慢するドクター。

「あれ・センセ、夏には雲ノ平あたりに行く計画でなかったのでは?」
と聞くと

「実はなかなか忙しくて出かけらんなかったし、近場ばっかでね。
でも、木曽駒は登ったよ」。などど山の話しは尽きない。

先週末の連休はなんとか持ちこたえたものの、13日の体育の日は
朝からくしゃみの連発+鼻水が止まらず、鼻の下がティッシュでこすれて
赤くなるまで鼻をかみつづけて見るも無残だった。

さすがに見かねた家族従業員は「明日&明後日と休んでよし」と鬼の目にも
涙のようなうれしいお言葉を頂戴したので、仕事はスタッフ~にまかせて
寝溜めの二日間だった。

それでも午前中は寝ていたので、午後からはちょっと起きだして、カミサン
と飯食いに行ったり、久し振りの映画を観たり、リラックスして過ごせた。

それにしても、都内の映画館って、どうしてあんなにいつも混んでいるん
だろう???

市内のシネコンもさすがに公開日や週末、連休は混んでいるけど、
毎回毎回の満員御礼ではないし、場合によっては
「あれ?今日、俺の貸切り?」みたいな時だってたまにはある。

チケット買う時も「お座席は全席指定。まえ・まんなか・うしろとございますが」
と言われて、「真ん中」とチョイスしても、空いてるようなら後ろ側で観ることも
H-9番の座席でも、場合によってはJ-13番で観ることもあるのだが・・

ということで『容疑者Xの献身』を観てきました。
[PR]
by asobinin2006 | 2008-10-17 22:47 | 日々雑想 | Comments(0)
23時と24時の違い
「閉店は23時」だが、特に週末は長引くことが多い。
気にしなければきっと“明け方”までおしゃべりは続くことだろう。

ただ、一応日付が変わる零時がひとつの目安となるので、

「あらやだ~もうこんな時間。シンデレラになっちゃうわ」と会話が
聞こえてくるのだが、ほとんどの人が

「23時はまだ早い」と認識してるようだ。

朝、7時からの仕事だと労働時間も長いし、加えてもっと早い時間に
娘の部活の朝連に送ってけとたたき起こされる日はなおさら辛い。

ちょっとヤバイ疲れだ。

なんとか連休を乗り越えられるだろうか。
[PR]
by asobinin2006 | 2008-10-09 15:01 | Comments(0)
秋山 久々の山行  ~予告編~
木曜日、久しぶりの山登りに行きました。
日本中『小遊三ブルー』の快晴!雲ひとつない天気・・と
天気予報は言ってましたが、あいにく雲が多くて残念ながら
展望は望めませんでした。

f0149422_10501333.jpg
f0149422_10502749.jpg
f0149422_10504184.jpg


でも、久々に本格的な山登りはダレタ体には

疲れた~ しんどかった~ つらかった~ 涙
[PR]
by asobinin2006 | 2008-10-03 11:03 | 希望は高く!百名山への道 | Comments(0)
  

遊び人でないワーカーホリックの“遊び人の金さん”がお届けする
by asobinin2006
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
以前の記事
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
最新のコメント
> 松ちゃん 会話..
by asobinin2006 at 14:05
今晩は、その後ゆっくり思..
by 松ちゃん at 21:03
松ちゃん、いつもありがと..
by asobinin2006 at 09:27
久々にゆっくりお話をさせ..
by 松ちゃん at 20:02
松ちゃん。いつもありがと..
by asobinin2006 at 15:37
文豪金さん、日々忙しい中..
by 松ちゃん at 08:08
びんのかけら ファンから..
by びんのかけら ファン at 16:17
okiesさん。奇遇です..
by asobinin2006 at 13:25
金さん、名古屋にいたんで..
by okies at 08:43
上越市民になる前は、燕市..
by okies at 09:09
最新のトラックバック
コマクサ、シャクナゲ、レ..
from dezire_photo &..
日常を人々を描く風俗画に..
from dezire_photo &..
信越国境の秘峰
from dezire_photo &..
信越国境の秘峰
from dezire_photo &..
光と色彩の画家・エル・グ..
from dezire_photo &..
ハマナスふれあいセンター
from 温泉生活
山田旅館
from 温泉生活
水上館
from 温泉生活
ライフログ
検索
外部リンク
ファン
ブログジャンル
オヤジ
旅行・お出かけ