<   2009年 05月 ( 9 )   > この月の画像一覧
超速報! 親子リレーは転ばずに完走できたのか?
わが街の春の年間行事に4月は「町内一斉側溝掃除」がある。
いわゆる「側溝=ドブ」掃除で、道具を使って重い側溝のふたを開けて
シャベル等で溜まったゴミや砂利、落ち葉などを拾って土のう袋に入れる
地味な作業。

そして5月は住んでる地域で近くの河川敷の「草刈り」が行われる。
大体は草刈り機で済ませてしまうが、刈った草を手作業で集めなければならず、
決まって日曜の朝6時から、週末の激務・決まって遅い帰宅になってしまう
翌朝にこれらの仕事が待ち構えているのは泣きたいくらいに辛いものだ。

土曜日遅くに中島美嘉似のこずえちゃんが来店。彼女が来ると決まって
日付が変わるのである意味覚悟をした。

というわけで日曜は草刈り→仕事→運動会参加と忙しい日だった。

「運動会プログラム」と別紙で父兄参加競技の案内と注意事項と配られた。
5・6年生の生徒と親総勢250名が参加するリレーは今年のPTA会長の発案で
初めて行われる競技。

夜勤明けのカミサンは早くから「お父さん“リレー”お願いね」と俺に打診してくる。
「絶対転んじゃう人っているんだよね。気ばっかあせっちゃってさ~。
そうすると「〇〇さん家のお父さん転んでたよね~」って結構言われるんだ。
これが・・・笑」と俺にプレッシャーをかけてくるのだ。

昔は(かなり昔し)野球少年だったし、運動だってそこそこ自信があった私だが、
まさかこの歳になって運動会のリレーに参加するとは夢にも思わなかった。笑

集合時間になって集まってくる人々。やる気満々な若いお父さん。大丈夫か?
と思わせるような人もいるし、案外お母さんたちも多いのは驚いた。

6チームに分かれてバトンならぬリングを渡してゆく。
200mを4つに分けて50m。たかが50mなれど、コーナリングも必要とするし、
何せ自分一人でない【チーム】という責任感がヒシヒシと伝わってくるようだった。

「おおっ、メンバー表の最後に名前があるってことは[アンカー]ってことじゃ
ないですか~?」(結局アンカーではなかったが)

「アンカーって2周走るんじゃなかったっけ」
(アンカーでも50mだったが)

と顔見知りからもプレッシャーをかけてくる。笑
気を紛らすために柔軟体操をしたり、アキレス腱を伸ばしたり、靴ひもを強く
結ぶ直したりしているうちにスタートのピストルが鳴った。

トラックの中で待機してると「今どこを走ってるか?」くらいはわかるけど、
バトンを落とした。とか〇〇さんちのお父さんが期待通りに転んだ。などは
よく見えない。

自分の「赤色チーム」は最初2位で途中から1位に躍り出た。
かなり差のついた楽勝ムードだったが、途中で「白色チーム」に猛烈な追い上げ
を食い、次第に差が詰められてきた。

「美味しいな~。アンカー勝負ってとこかなぁ」(アンカーではなかったが)
と野次を飛ばされながらビビっているとなんだが自分の前の走者で受け渡し
ミスがあったようで、{あれ?あれ?}と順位を3位まで落としてしまった。

さて自分の出番である。
2位の滝沢君のお父さんから少し遅れて息子からリングを渡されるが走りだして
“確か俺の渡す6年生の佐藤君はかなりの俊足という。ここで差を詰めれば
何かが起きるかも”と考えたりもしたが、半分走ったところでなかなか差がつまらない
“無難にリングを渡すのが賢いかな”と短時間の中でいろんなことを考えた。

アンカーのお父さんがものすごい追い込みを見せて土壇場で2位に滑り込んだが、
喜びよりも「ほっとした」安堵感のほうが大きかった。

イマイチ脚力が伸びなかったが、無難に終わってよかった。
もうちょっと事前練習しとけばよかったかな?と反省の感もある。

でも疲れた。米山(よねやま)一回登ったくらい疲れた。
[PR]
by asobinin2006 | 2009-05-25 23:50 | 日々雑想 | Comments(0)
運動会とその代休
今度の日曜は息子の学校の運動会。最近は父兄参加型で「親子リレー」が
午後のプログラムにある。50mづつ走ってバトンをつないでゆく競技らしい
のだが、全力疾走などとんと御無沙汰の昨今なので、怪我のないように
無事走り切りたいものだ。

運動会の代休として月曜日がお休みになる。

自分なりに一生懸命働いた自負もあるのでゆっくり温泉に浸かるも良し。

「たまには家族水入らず・・・」と思っても娘は月曜も学校があるし、
遠出しようにも体力的に不安があるので出来れば避けたいところ。

なんだかんだカミサンと話し合ったが結論が出ないので、週末に持ち越しに
なったが、結局直前までわからないだろうな~。

来月曜は、無理行ってお休みをいただく予定なので昨日も頑張って事務仕事に
出社しようと気合いを入れてた、が、疲れには勝てず一日中伏してしまった。

午後からテリトリーの狭い範囲で用事を足し、“温泉”ではないがスーパー銭湯で
岩盤浴で汗をかいて、整体もかかってきた。

担当が小柄なかわいらしい女性だったので、「癒し系」と思いきや、なんのなんの
出だしからかなり力強い。容赦なく俺の体を締め付けるので

「イタタタタタタ~。ちょっとギブギブギブギブ・ギブアップ~」と畳やマットならぬ
ベットとたたいて参ったしようと思ったくらいだった。

ということで今日は強烈な【揉み返し】が俺に体に襲ってくる。
週末のご褒美の前に、50m全力疾走できるんだろうか?と不安が頭をよぎるのだった。
[PR]
by asobinin2006 | 2009-05-21 22:50 | 日々雑想 | Comments(2)
『サザエさん』CMについて
「お父さんの子供の頃に見たテレビアニメって何?」
と息子に聞かれた。最近はリメイク版、復刻版も多いので
「そうだなあ~、ゲゲげの鬼太郎やヤッターマンだってあったぞ。
アニメじゃないけど仮面ラーダーだってやってたし、あとやっぱり
サザエさんだろう」と今や日曜夕方の国民的番組は誰もが知ってる


「サザエさん」を扱ったカルト風一般常識も多く。
「磯野家、他登場人物の各年齢」

磯野家の間取り」などもサイト上で見ることができます。

しかし、最近の江崎グリコ オトナグリコのCMが「25年後の磯野家
という設定で流れてます。
これには個人的にちょっと否定的で、「年をとらないアニメ出演者を実写版
で俳優たちが今を演じることに無理があるんではないか?」と思うのです。

もちろん演じてる浅野忠信さん、宮沢りえさん、瑛太さん、小栗旬さんは
素晴らしい役者であり、尊敬していおりますが、カツオ=浅野忠信氏・・とは
結びつくのか意見が分かれるところ、賛否両論ではないでしょうか?

子供もテレビCMを観ていて「へえ~イクラちゃん(小栗旬)が会社社長で、タラちゃん
(瑛太)はたこ焼き屋になってるのか~」と少なからずショックを受けてるように
思えました。
[PR]
by asobinin2006 | 2009-05-19 13:38 | 日々雑想 | Comments(0)
『ボンカレー』
ほとんど年末にカレンダー持参でしか顔を出さない某保険屋さんが
珍しく訪ねてきた。

「どうしました?」

「ちょっと御挨拶に」

と転勤にでもなったのかと思ったがそうでもなさそう。

手土産に『ボンカレー』も持ってきた。

「なぜに『ボンカレー』?」と尋ねると

「うちの(保険会社)の設立が『ボンカレー』のできた年と同じらしいんです」
とやや失笑しながら答えた。

「じゃあ『ボンカレー』を私に届けるためにみえたのですか?それはわざわざ
御苦労さまです」と若干の皮肉を込めて礼をいいました。

f0149422_183574.jpg


パッケージの松山容子さんが懐かしいですね。
今でもこの“松山バージョン”は沖縄限定として売られているそうです。

f0149422_18352687.jpg


商品の裏面にも『ボンカレー』にまつわるうんちくが書かれておりますが、
詳しくは『ボンカレー』のHPにその歴史やこだわり、商品案内、質疑応答
が書かれていますので参考に・・・

『ボンカレー』の「ボン」とはフランス語の【おいしい】の意味からきているのね~。
小学校時代の同級生 加藤君は「好物がカレーライス」という理由に
「ボン」というニックネームをつけられていました。

ああ、その頃にこのうんちくがあったなら、彼のあだ名は変わっていたのかも
知れない・・

それから幼少のころの思い出ながら、笑福亭仁鶴師匠がナレーターを
やっていた『ボンカレー』のCMを覚えています。

ありがとう保険会社のNさん。よく味わって食べることにします。
(子供に食べられてなければ)
[PR]
by asobinin2006 | 2009-05-18 18:27 | 日々雑想 | Comments(0)
やすね かくれ屋 『おと』 その二
席に着くと「牛のたたき」が用意されていた。

f0149422_18583648.jpg


ドリンクを頼んで乾杯しようとすると、女性のフロアー担当者から
「食事もドリンクもオーダーしたのも、提供したものをすべてきれいに
飲食していただきた方には“エコ割”として最大おひとり200円引きに
なります。参加しますか?」と聞かれた。

なるほど、これは面白いアイデアである。
残飯も飲み残しも減って後片付けが楽になる。なおかつお客側にも
得になるのだから喜んで参加することにした。

コース料理は大人5000円。2時間の飲み放題付きである。

「豪快 あごのだし汁で豚肉と魚介のせいろ蒸し」はコンロに火をつけて
蒸しあがったところでポン酢(お好みでゆず胡椒をぷらす)でいただく。
残っただし汁の中にあさり粒を少しとラーメンの麺を入れていただくもの。
だしには塩味がついているし、ラーメンもゆでてあるので鍋に入れて
ほぐす感じでよい。

f0149422_18591257.jpg
f0149422_18593256.jpg


温玉シーザーサラダ
卵は別皿に入ってくる。卵を乗せて完成となる。

f0149422_190230.jpg



お造り4点盛をいただく。
画像はないが刺身自体少なめで、マグロ・カンパチなどひとり一切れで終了。

大海老フライは中濃ソースかタルタルソースで食べる。
頭までカラッと上がっているので丸ごと全部食べられる。


f0149422_1904511.jpg

ただし、料理は基本的に4人前。我々は子供も入れて5人。
一番食べるのは娘と息子だし、この日は母がメインゲストだったのでやはり主役に
沢山食べてほしい。遠慮がちに俺の口に入るのはごくわずななもの・・・(悲しい)


浅漬けはダイナミックなきゅうり一本ものとキャベツ

f0149422_1912249.jpg


最後のお寿司盛り合わせとタケノコ汁をいただいた。

f0149422_1914779.jpg



さて総評だが、2時間飲み放題付きでもこのコースメニューを食すると
いろんな意味で大変勉強になった。
残念ながら お造りもすしネタもあまり鮮度も味も良くなかった。

やはり「場所代」というか「店の雰囲気」というのが料金に含まれるのか?

店のおすすめメニューの一位は「手羽先唐揚げ」だったので、息子と「これ食べて
みようか?」と話していたら「ダメダメダメ。残したりしたらもったいないじゃない!」と
カミサンに秒殺されてしまった。

でも初めての訪問で新鮮味はあったし、家族そろってということで親睦にはなった
と思う。

会計を済ませると「3周年記念ガラポン企画」で子供に2回ずつ=計4回回させたが、
すべて末等のガムだった。
[PR]
by asobinin2006 | 2009-05-14 19:01 | 日々雑想 | Comments(0)
やすね かくれ屋 『おと』 その一
5月第二日曜日は「母の日」。母の誕生日も近いので「たまの親孝行」と
思って家族連れだって食事に行くことになった。

「どこに行こうか?」いろいろ思案したが、「どうせなら和食だろう」プラス
勝手ながら自分の行きたい店ということで高田では大きな冠婚葬祭場で
ある「やすね」内にある 居酒屋 「かくれ屋 おと」に行ってきた。

華やかだった冠婚葬祭場も昨今の宴席スタイル多様化で「お座敷宴会」から
ちょっとしゃれた居酒屋などにに客足が向かうようになった気がする。

「やすね」さんも3年前に「おと」をオープンし、これが当たり。引き続いて
イタリアンレストラン「THE SOUL」をオープンさせた。

f0149422_11332921.jpg


やすねの入口右側にの「おと」の入口。のれんをくぐって階段を上った2階が
店舗になる。中は落ち着いた和のテイストで、「かくれ屋」と表現しているように
客席おあがりも入りくんだ複雑なつくりになっていた。

メニューはあらかじめ5000円のプラン(飲み放題付き)を頼んでおいた。

「車だし、女性・子供なので「飲み放題」は外してもらえないか?」と尋ねたが

「一応、プランは飲み物付きの設定で、ソフトドリンクもありますから」と言われた。

通された部屋は4畳半ほどの大きさで掘りごたつ式になってて足が伸ばせる。
天井部分の隙間から隣りの宴席の若者たちの声がつつぬけでちょっとにぎやか
だが、運ばれてくる料理を待つことにした。
[PR]
by asobinin2006 | 2009-05-13 11:30 | 日々雑想 | Comments(0)
B.C と S.C と G.C
土曜、日曜の午前中は息子の少年野球の練習日。
連休中も試合があったり、練習があったりほぼ毎日のように
グランドに通っていました。

直接俺には言いませんが、「お父さんも野球の練習来ないかな~」とか
「僕だけ休みの間、どこも連れてってくれないの?」とかカミサンに聞く
らしく、さすがにふびんに感じておりました。

連休最終日の6日、お休みを頂けたので「よーし、今日は男と男の付き合い。
どこでも連れてってやるぞ」と朝から息子と出掛けました。

まず行った先はB.C(バッテイングセンター)。
日頃の練習の成果を見せてもらうのと、多少は彼に技術指導できるかと思いました。

1ゲーム20球。球速も70㌔・80㌔・90㌔くらいの段階で打ってみました。

「おいおい。素振りはバッテイングゲージに入る前にやっとけよ」と思わず
つっこんでしまいそうな息子の連続空振りをみて、ちょっと引いてしまいましたが、
息子の運動能力からすればこんなもんでしょう。

「もっとボールをよく見て。腰を使って。ボールを引きつけて」と声をかけると
時折、するどい打球をかっ飛ばし、
「ナイスバッティン!」と褒めてやりました。

結構な数のボールを打ち込み、「次はどこに行こうか?」と聞くと
「決まってるでしょ。『ゲームセンター』」

いい天気にS.C(ショッピングセンター)内のG.C(ゲームセンター)に行くのは
気が引けたけどしょうがない。

「お父さん。ここのゲームセンター最高!通信もできるし、空いてるし、友達も
いっぱいできたよ」と、見れば初対面でも仲良くゲーム機の前で友好的なムード
で何人かと熱いトークを繰り広げておりました。

長岡JUSCOのゲーセンでひときわ輝いていた息子でした。
[PR]
by asobinin2006 | 2009-05-12 12:06 | 日々雑想 | Comments(0)
『プレミアム商品券』販売
連休を前にして地元商工会議所が『プレミアム商品券』とうたって
商品券を販売しました。

一枚500円の券が12枚つづり一冊6000円の価値があるものを
5000円で販売しました。
一冊買えば1000円のメリットがあり、10冊なら一万円のお得に
なります。

f0149422_17131289.jpg


販売を前にして「取扱い」について文章によるお願いがありましたが、
実際は直前になって社員の方から「なんとかひとつ・・」と加盟店への
申し込む手続きを直訴されました。

「まあ名前だけなら。お付き合いも大事だし・・」と引き受けたのですが、
連休中に来店していただいた方々からたくさんのご利用があり、正直
思わぬ反響に驚いているところです。

f0149422_17133596.jpg


「ひとり10冊限り」というリミットがあるものの、家族4人分買えば40冊分、
金額にして4万円分もお得になります。

実際、販売当日は朝からかなりの列ができて、9時過ぎに並んで整理券が
90番くらいの方で売り切れたそうです。

こうした「商品券」の取り扱いは商工会議所でも初めてだったので、多少の
不手際もあったようですが、売る側も買う側も初めての経験だったので
入手するまでにも結構時間も手間もかかったようです。

行列に並んで、長い間待った人も「売り切れです。買えません」といわれると
「なんでだ!なんでだ!」とちょっとエキサイトされたかともいたといううわさです。

わが街にも限らず、市内でもこうした「商品券」を販売したところも多く、
特別交付金をにらんで、再度登場するかも知れません。
[PR]
by asobinin2006 | 2009-05-11 17:08 | 日々雑想 | Comments(0)
GW(ゴールデン・ウィーク)でした
4月29日からの「黄金週間」。毎日朝から日付が変わるまでの労働で、就寝前は
足裏ローラー・湿布薬と栄養ドリンクを飲み、それでものどが腫れてくると抗生剤を
服用し、満身創痍で連休を乗り切りました。

「全国どこまでも片道高速道千円」の勢いもすさまじく、うちの街を走る北陸道も一般道と
変わらず混雑していたようです。

特に今年はNHK大河ドラマ『天地人』の影響で春日山(かすがやま)は大型バス
が次々と到着し、プラス自家用車の観光客で大渋滞だったそうです。

お隣の長野県では善光寺御開帳にこれまた沢山の人が訪れ、ごった返していた
様子をテレビで見ました。

送迎で国道を走っているとインターチェンジの電光掲示板に

「上越~中郷区間11キロ渋滞」と表示されています。

あらい道の駅付近はGWやお盆時期には混雑する区間なので、「近くでもGWの
現象が起こっているんだな~」と思いました。
[PR]
by asobinin2006 | 2009-05-07 21:22 | 日々雑想 | Comments(0)
  

遊び人でないワーカーホリックの“遊び人の金さん”がお届けする
by asobinin2006
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
以前の記事
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
最新のコメント
> 松ちゃん 会話..
by asobinin2006 at 14:05
今晩は、その後ゆっくり思..
by 松ちゃん at 21:03
松ちゃん、いつもありがと..
by asobinin2006 at 09:27
久々にゆっくりお話をさせ..
by 松ちゃん at 20:02
松ちゃん。いつもありがと..
by asobinin2006 at 15:37
文豪金さん、日々忙しい中..
by 松ちゃん at 08:08
びんのかけら ファンから..
by びんのかけら ファン at 16:17
okiesさん。奇遇です..
by asobinin2006 at 13:25
金さん、名古屋にいたんで..
by okies at 08:43
上越市民になる前は、燕市..
by okies at 09:09
最新のトラックバック
コマクサ、シャクナゲ、レ..
from dezire_photo &..
日常を人々を描く風俗画に..
from dezire_photo &..
信越国境の秘峰
from dezire_photo &..
信越国境の秘峰
from dezire_photo &..
光と色彩の画家・エル・グ..
from dezire_photo &..
ハマナスふれあいセンター
from 温泉生活
山田旅館
from 温泉生活
水上館
from 温泉生活
ライフログ
検索
外部リンク
ファン
ブログジャンル
オヤジ
旅行・お出かけ