<   2010年 06月 ( 12 )   > この月の画像一覧
雨天中止
夕方のニュース番組のトップの『サッカー日本代表がW杯ベスト16。今夜
パラグアイとの一戦を前に・・』とあおっている。

W杯前は「どうせ3連敗で一次リーグ敗退だよ」と皆が(自分も含めて)思って
いたと思うが、まるで手のひらを返したような盛りあがりぶりである。(自分も含めて)

今夜もあと3時間ほどで試合がはじまり、世の中の関心事はすべてそっち
方面にもっていかれた感じだが、何を隠そう今夜は新潟でプロ野球が開催
されているのだ。

HARD OFF エコスタジアムで 【西武ライオンズ VS 北海道日本ハム】

去年、球場のこけら落としのゲームで【広島 VS 阪神 】を観戦したし、
その後も昨年は中日戦。
今年は巨人戦も2試合行われているが、特筆すべきは

「今年のプロ野球オールスター第二戦は新潟で開催される」という事実である。

当然 オールスターは週末に行われるので観に行くことはできないが、それでも
今回はあまり気の進まない同級生連中に対して

「どう?西武の中島見たくない?どう?日ハムの稲葉見てみたいだろ?どう?どう?」
としつこく誘った手前、チケットを用意し、密かに楽しみにしていたイベントだったのだ。

f0149422_19583331.jpg


しかし・・・まあ・・・いつものことで仕事が入り私だけドタキャン!(涙)
結局誰に声かけても急なことなので穴埋めせずに空席のまま、試合は行われて
いる状態にある。

このことをスタッフのあゆみちゃんに話すと

@まあ~行ってくればいいじゃないですか~。何の楽しみもないじゃないですか~。
と同情の念を抱いてくれ、やさしい言葉を掛けてくれるのはありがたいが、
身内の“鬼”に話しても 
「そんなこと。仕事なんだからいけないのはあたりまえじゃない」と一喝されるのは
目に見えているので言わない。(怒)

ぶしつけだが「ああ、大雨で雨天中止にならないかな」などと考えていた。
でも人工芝だし、新潟主催はそれほどゲーム数がないので意地でも続行する
のだろう。

どんな熱戦でもあしたの一面は「サッカーW杯パラグアイ戦の結果」になるだろう。
新潟日報だけは違うかな。主催社だから。
[PR]
by asobinin2006 | 2010-06-29 19:59 | 日々雑想 | Comments(0)
米山を登る ~大平ルート~ 下
山頂では単独・グループ・ご夫婦などがそれぞれ思い思いの様子で
くつろいでいた。日差しが強く気温も高いが、吹き抜ける風がそれを
感じさせない。

f0149422_1127528.jpg

f0149422_11282818.jpg


今日は休み・・・といっても欲張ってあれもこれもと考えてしまうし、
今度いつ休めるか?という危機感も抱いているので、そそくさと下山
の準備を始めた。

妙高方面の雪もかなり解けたようだが、山頂部分は雲の中。
今年はストレスにならない程度に楽しんで山に親しみたい。
f0149422_1129056.jpg


おっと、今日はこっちだった。
f0149422_11293313.jpg


ずいぶん昔しのことだが、高校時代に米山登山があり、上りは下牧から、
下りは大平林道を下って米山駅まで歩いて、後は各自電車に帰りなさい。
というスケジュールだったが、高校生ともなると引率の先生達もずいぶん
アバウトで帰りの電車もよく把握していないものだから、電車の待ち時間
の間、クラスで海岸に出て遊んだ記憶がある。
登山よりもそっちの方が楽しかった思い出になっている。

途中、大平林道への分岐がある。
一回ここから来たことがあったなあ~。
f0149422_11301215.jpg


悪路だと表示が出ていた大平林道だが、地震の影響で崩れているところも
あったらしが、今はどんな状態なんだろうか?
今日もそこから登ってきた人もいるようだったので通行はできるようだが。

気になっていた【711ピーク】への登り返しも2回ほどズンズン登っただけで
事なきを得て一安心。

f0149422_11305117.jpg

これから登ってくる単独者、6人のグループとすれ違う。

ブナ林の階段は露に濡れて危なそうだったので、慎重に足場を確認しながら
歩を進めた。



ダブルストックを持ってきてよかった。
まさに〖転ばぬ先の杖〗である。

下って【二ノ字】から日ごろの運動不足が出て足が痛い。
まだまだ修行が足りん。が〔はじめの一歩〕だから仕方がない。笑

登りもそうだったが、登山道出発から【二ノ字】までが一番つらかったな~。
登り2時間のほぼ半分かかったし、あとはなんとかなる雰囲気だった。

一時間半かかって下山。う~ん 足が痛い。(泣)

駐車場に戻ると、ここまで下見にやってきたらしい方々に「だいたいの
所用時間」を聞かれた。

「コース設定は2時間半ですが、健脚なら2時間ほどでしょう。
下りも1時間半から2時間みておけばいいのでは」とアドバイス。

さて、下牧ルートと比べてみると、「大平の方がキツカッタ」という気持ち。
人間、@過去に登ったことがある&通ったことがある経験があると気分的にも
かなり違うとは思うし、「ああ、ここまできたらあともう少しだ」と学習能力が
あるのは心理的にも重要だと思う。

実際、下牧ルートなら1時間40分ほどでいけるような気がするし、登り返しも
「女しらば」で若干ある程度。
人間の手が入ってるという部分では「大平」だが、どちらが好きか?と聞かれたら
「やっぱ、慣れてる方」というだろうなぁ~。
[PR]
by asobinin2006 | 2010-06-26 11:12 | 希望は高く!百名山への道 | Comments(0)
米山を登る ~大平ルート~ 上
今年の春は寒く、4月になっても雪がチラついたり、なかなかファンヒーターを
しまうのが遅くなりつつも、カレンダーは6月後半を迎えることになってしまった。
仕事が続いたので体力に自信はないものの、「ここで行動を起こさなかったら
またダラダラになってしまう」と危機感を感じ、気合いを入れて登山の準備をした。

故郷の山 米山(993m)はいつでもやさしく見守ってくれるし、四季を感じるにも、
遠くからその姿を探す時も身近に想う大切な山である。

登山コースは上越・柿崎側、柏崎側といくつか登山ルートがあるが、たまには
違ったルートから・・という気持ちと、いつも素晴らしい山行の記録を鮮やかな
画像とともにブログで紹介してくれている 『米山の麓より』のあきさんに敬意を
表して、今回は大平(おおだいら)ルートに初挑戦した。

大平は米山の駅からやや山沿いに入った集落。日本海からもさほど離れていないため
コース設定も2時間半と私の地元の下牧(しもまき)水野(みずの)の2時間よりも少々
長めで、かつ厳しいものと予想された。

車を登山道の看板のある駐車場に停めて、廃家の間の道を進むが、ここも下牧同様
コンクリートで固められた、杉の落ち葉が足元に落ちる道だった。
f0149422_13274587.jpg


やがて林道に出る。しばらくすると【登山道】の案内が出てる前に車が4台。
なるほど。ここまで車が入れるわけだ。自分の停めた駐車場はさしずめ〖第二駐車場〗
といったところか?
f0149422_13282792.jpg

わずか5分ほどの距離だが、疲れて下山してくる者にとってこの距離は重要かも?

さて登山道だが、下牧ルートと大きく違う点は ≪道が階段状に整備されているところ≫
f0149422_13291699.jpg

所々にはしご式に木が組まれていたり、荒れた道にはロープを張って別ルートへと
誘導をしたりとその献身的な努力に脱帽するばかりである。
 〔頂上まであと〇〇m〕と表記があったり、米山を愛する人によって保護されている事を
感じることができた。

登り始めてから一時間ほど、ようやく“二ノ字”についた。
f0149422_1330184.jpg

ここは最初のピークなので木々の間からも山頂の薬師堂や小屋が見ることができる。
広くなっているので小休止するにはいい場所だろう。
f0149422_13303441.jpg

f0149422_13314235.jpg

私は9時ごろから登り始めたが、すでに下ってくる単独者3人とすれ違う。

尾根のやや平坦な道を歩き、約10分ほどで“711ピーク”についた。
f0149422_13464096.jpg

の日は気温が30℃近くまで上がった蒸し暑い日だったが、緑のトンネルの中を
歩き(登り)、海からの心地よい風に吹かれているのは大変気持ちがよかった。

“711ピーク”から、やや下る。下牧水野ルートで言えば【女しらば】あたりだろうか?
フィールドアスレチック的な渡しを歩きながら、思ったより下った。
「登り返しがキツイな~」的なことが頭をよぎる。
f0149422_13322446.jpg


ブナの原生林は見事だった。<森のこだま達>がでてきそうである。

f0149422_1333480.jpg

ここまでくれば頂上も近くに感じ取れる。
表示も【頂上まで千m】を切ってからは比較的甘く感じた。笑
f0149422_13341279.jpg

ここにも【カンバレ岩】があった。こちらはカタカナだった。
f0149422_13412485.jpg


水場を過ぎてから頂上で談笑してる声が漏れ聞こえてくると頂上小屋が見えた。

疲れた。ほぼ一年ぶりの登山はやはり堪えた・・・。
お湯を沸かし、登山では定番になった<カップヌードル カレー>を食べる。
[PR]
by asobinin2006 | 2010-06-25 11:43 | 日々雑想 | Comments(0)
家のリフォーム
2,3年前から「そろそろ家の外壁をリフォームしなくては」と
カミサンと話しをしていた。
永く住居を保つには適度の手直しは必要で、ご近所でも何軒かは
同様に修理済みのお宅も多い。

住宅地ゆえ“怪しい”業者も見受けられるし、その手のポスティングも
多いが、今回は知り合いの板金屋さんに屋根周りや雨どいの修理、
ペンキ屋さんに家と車庫の塗り直しをお願いした。

f0149422_17325529.jpg


足場を組んで、周りをぐるりと養生をして物々しい格好だが、今回の
費用全般はカミサン負担なので徹底的にやってもらうことにした。笑

しかし、梅雨のこの時期。ガラス面にビニールをコーティングして
密閉して作業をしているので、家の中の暑さとペンキ臭さはちょっと
ムッとくるほど。

まあ、新しくなるのも気持ちがいいもんだが、肝心の家内部の整理
整頓を怠ってはならない。
[PR]
by asobinin2006 | 2010-06-23 17:33 | 日々雑想 | Comments(0)
W杯に見る“解説者”
先週末土曜日は日本代表の2戦目、オランダ戦が20時半からあった。
ワイドショーでもW杯の模様がかなりクローズアップされ報道されてるが
世の中のサッカー熱など無関心で個々にお酒を楽しまれていう方も多く
ご来店し、「えっ?今日サッカーなの?」と反対に質問される始末だった。

厨房脇の小型テレビでオランダ戦を流してはいたが、当然すべて観る事は
不可能。
「うおおおお~」と歓声が大きくなったところであわててのぞき込んで観る
ものの、結局チラチラ観るだけで試合は終わってしまった。

やっぱりスポーツってLIVEが一番なのだと改めて実感する。
先の冬季オリンピックでも多くの感動シーンを見逃してしまった。
3戦目のデンマーク戦は深夜だけど目覚まし掛けて起きる努力をしよう。

日本戦って民放でもBSでも放送してるけど、民放側って無理やり盛り上げよう
感が強くってやなんだよな~。
それに解説者が誰かによってゲームのとらえ方って微妙に変わってくると思う。
正直、私は解説の〇木〇太郎さんが苦手・・・笑
精神論が多くって

@おおおおっ~いいボールだああああぁ  ばっかしなんだもん。

でも、この人ってテレ朝ばっかでなくて日テレにも出るんだよな。
なんでだろう?

解説者を見るとフランスW杯の時の選手がたくさん出てる所に“時代”を
感じてしまう。
[PR]
by asobinin2006 | 2010-06-21 18:41 | 日々雑想 | Comments(0)
えんま市 ~柏崎市~
毎年6月の14,15,16日の三日間、柏崎市内の商店街通りを会場に
「えんま市」が行われる。名の通り「閻魔堂」を核にたくさんの露店が
立ち並ぶ様子は圧巻であるし、あまりなじみのないお店も多々見受けられ
冷やかしに歩くだけでも十分面白い。

この「えんま市」の終わった後、わが街では「お引あげ」という類似した
お祭りが20日から3日間行われるのだが、最近は露店の数も減少し、
露店はたこ焼きや焼きそばばかりで実にさみしいお祭りとなってしまった。
地元の「お引上げ」にはここ3年くらい出歩いてないものの、たまたま
水曜日に仕事が終わってから息子とちょっとだけ「えんま市」に行ってきた。

f0149422_17233316.jpg

すごい人出である。露店もはるか遠くまで続いている。
高田城の花見でも多かった【宮崎の肉巻きおにぎり】も多いし、
【ぽっぽ焼き】は長蛇の列だった。

息子と何食べようか?と思案しながら歩いていると一軒の見なれぬお店が。
「シャーッビン」と書いてある。
f0149422_17251944.jpg

〔初めての方ぜったいがっかりさせません〕とかなり強気な姿勢を貫いている所が
f0149422_17254826.jpg

気に入り「おおっ、これは是非食べてみよう!」と一個づつ購入することに。

餃子の皮の中に餃子の具のようなものを入れて強大なおやきのような形の
ものを鉄板で焼いてゆく。
見た目もかなりそそられるので買う人の列は途切れることがないようだ。

一個400円。かなり熱いが私の舌は頑丈にできているので大丈夫!

さてお味は・・・う~ん・・・・???初めての食感だが、う~ん…笑

「次は何を」と息子と物色するが、何といっても彼には「型ぬき」しか
目にはいらぬようだ。

@一回やってみれば。と促すと「待ってました」とばかりに走りだして
俺を置いていくような勢いだった。

f0149422_1726212.jpg

「まあ〔お引あげ〕の前哨戦・予行練習のようなものだから」と言い聞かせて
“もっともっと的”な目をしてる息子の手を引き、家路についた。
[PR]
by asobinin2006 | 2010-06-18 17:17 | 日々雑想 | Comments(0)
チャコと俺の10の約束
チャコ(柴犬メス2才)をレンタルしての不定期な散歩は今も継続中。
昔しは誰かれお構いなしに声もかれんばかりに吠え続けてていたが
最近は少しは大人になったのかあまり見境なく吠えなくなったようだ。

『10個』も約束はないけれど、一応は借りている身なので犬に対しても
リスペクトはしているつもりで、散歩のルートは犬まかせにしている。

散歩といっても臭いをかぎまくっているのでなかなか進まないことが多い。
しかし、忍耐強く歩き続けるまで待っている。

いつも腹減っているようでがっついているので、時どきコンビニの包装紙
でもかじる勢いなのでそれはさすがに遠慮させてもらって

「ダメダメ!」とダメだしをしている。

俺の言ってることが理解できるのか?チャコに近づき話しかける。

「散歩行く?散歩・・・」と聞くと、だいたいは舌をぺロッと出す合図をする。
人間でいうところの「うなずく」動作なんだろうか。

f0149422_1881996.jpg
f0149422_1885366.jpg
f0149422_1891846.jpg

最近は暑くって、駐車場で横になってうだってる時も

「散歩行く?」という俺の問いかけに、寝ころんだままで無防備なままの体制
でも舌をペロッと出すのが面白い。

ただし、海まで歩いて砂浜を歩くコースは途中でお疲れになるのか、帰ってくる
途中で小休止をはさまなくてはならないようだ。

チャコのおかげで「米山登山」前のいい予行練習をさせてもらっていることに
感謝したい。
[PR]
by asobinin2006 | 2010-06-15 18:03 | 日々雑想 | Comments(0)
美食 美酒 だんらん 『いっさく』
春にオープンした居酒屋。上越の紳士服AOKI、バーミアンの裏手で
いつも駐車場には車がいっぱいで繁盛ぶりがうかがえる。

本社は糸魚川らしい。
「最初はランチにでも行ってみようかな?」と思っていたが、うちの店の
お得意さんの〇海屋クン(もうすぐパパになる前祝いを兼ねて)と
暴飲暴食気味のもっこクンらと同行することになった。

店内のスペースはカラオケ店のように区切られていて、それぞれ部屋の
入口には表札がかかっている。
(うちの部屋は【金子】さんだった。)

最近、飲食店でよく見かけるようになった端末機を使ったオーダーシステム。
メニュー全種にはすべて番号がつけられていて、たとえば・・・

「やきとりねぎ間 塩2本 197番 × 1 注文
 温玉シーザーサラダ  147番 × 1 注文
 枝豆            157番 × 1 注文  」
という具合で打ちこんでゆく。
灰皿や帰りのタクシーや代行にも番号が付いていたのには驚いたが。

メニューはドリンク&フードともかなり豊富で600種類あるらしい。
それくらい在庫を抱えているわけだが、回転が良ければはけるのだろう。

f0149422_2182267.jpg


値段も料理も色々頼みながら楽しい宴になった。

f0149422_2185470.jpg


23時ラストオーダーのアナウンスがあっても最後まで店にいたようだ。

この雰囲気だったら家族連れでも全然OKな雰囲気である。
だいたい子供は端末機による注文方法が好きなのでファンになってしまう
かも知れない。

「また飲もっさね!今度はビアガーデンかな」
[PR]
by asobinin2006 | 2010-06-13 21:01 | 日々雑想 | Comments(0)
親の役割と報酬
「あ~あ、ビビって足が動いてないじゃん」

初日の団体戦を戦う娘を目にしての率直な感想。
案の定、気持ちの入っていない戦いぶりでは上位に勝てるわけも無い。

デュースまで長引いたが、あっけないい幕切れでこっちの頭も空っぽ。
矢継ぎ早に乗り込んだ帰りの道中、CDもFMラジオもかけないまま
静寂な中、無言で車を走らせた。

やるせない。

子供は可愛い。溺愛している。
自分の時間を費やしてでも子供のためならと練習の送迎をし、
あれやこれやと物質的な援助をし、「体にいい」と聞けば一生懸命
食べろと促し、くしゃみをすれば「風邪ではないか」と額に手をあてる。

何事も懸命にやる姿というものが一番大切なんだろうけど、それでも
いろんな意味で【結果】も求めてしまうのが正直なところ。

いろんな言葉で声を掛け、叱咤をし、鼓舞しながら2日目の@個人戦の
戦いを見守った。

同じチームのメンバーはライバルチームを次から次へ倒してくれた援護射撃の
おかげで、実に楽々と「省エネ&エコ」な進む方で体力も温存できたのも幸いした。

決勝でもようやく体も心も温まったのか?前向きな姿勢を見せて勝利することが
できた。

ああっ、これで少しは報われる。応援した甲斐があったというものだ。
ちょっと安心した気持ちと同時にそんなことを考えてしまった。
まだまだ、娘(と親)の熱い暑いは続く。

「今日はお祝いだ!何でも好きな物食べろ。」と帰ってきた娘をねぎらった。
俺が一番親ばかなのかも知れないな。
[PR]
by asobinin2006 | 2010-06-10 21:28 | 日々雑想 | Comments(0)
修学旅行
今週は娘のテニスの地区予選。いよいよ3年間の集大成とも言える試合が
スタートする。気の早いカミサンは7月末に県大会が行われる新発田市へ
宿泊付きで観戦しようと月岡温泉やら村杉温泉などの五頭温泉郷の温泉宿
を今から検索している様子である。

息子は東京方面に修学旅行。
新幹線利用で交通の便がよくなったし、スケジュール表などを見ると
国会議事堂~浅草~東京タワーなどお決まりのコースを多忙に周遊。
二日目は二班に分かれて①JICA(ジャイカ)国際協力機構
                ②ユニセフ
のどちらかを見学することになってる。

娘の時は『ディズニーランド』でお買いもの&夕食がパックされていたが、
“遊園地は修学旅行にあらず!”とお達しが出て、その後却下。
今では近辺の小学校は「佐渡」に行く学校が多い。

しかし、息子の宿泊先を見ると『オリエンタルホテル東京ベイ』となっている。

あれっ@これってディズニーのパートナーホテルではないの???
TDRに行かなくともパートナーホテルに泊まるにはなぜに???と
不思議に思っていると、買い物の時に遭遇したあるお母さんの話しによると

「ワンフロアーで横並びに部屋があると、引率の先生の巡回が楽らしく、
食事を一同に会するとなるとある程度の広いレストランが必要で、
今回は人数の多い部屋はは5人部屋で、都内は料金的に高いので、
必然的に都内より離れることになる。
そうした条件を満たすのはやはり舞浜・新浦安あたりのホテルに落ち着く」
んだそうです。

息子が「どんなホテルか見てみたい」というのでネットでのぞいてみると、
おお~確かに息子たちが泊まりそうな部屋も画像で載っている。

旅行のしおりにはご丁寧に「ユニットバスの入り方」の注意書きが書いてあった。

バスルームのカーテンはシャワーを使う時などは内側に入れる。
バスマットはお風呂の下に敷く。
水びたしになったらタオル等できちんとふく。

考えてみれば贅沢な話しだ。修学旅行でホテル宿泊など自分の時は考えられなかった。
お恥ずかしい話しだが、私が小学校の頃の行先は「新潟市」だった。
古町に近い小さな旅館にすし詰めで、二階の大広間で男子も女子も雑魚寝同様な
寝方をした。
信じられないことに“お風呂が狭いので”(家庭用の浴室しかなかった)入浴は無し。
食事も御膳で運ばれて何を食べたかはさすがに覚えていないが。

新潟市は十分に都会でいくつかのデパートを梯子したり、佐渡汽船に乗って
湾を航海するのも楽しかったし、友達と一夜を過ごすというのはエキサイティングな
出来事だった。

それでも一番の思い出は酒に酔った引率の男の先生が絶叫しながら、深夜に
寝静まった我々の広間に入り込み大声でどなり散らして出て行ったことなど
今考えれば、「確かに平和な世の中だったんだなあ~」と考えさせられる
エピソードだった。
[PR]
by asobinin2006 | 2010-06-07 21:55 | 日々雑想 | Comments(0)
  

遊び人でないワーカーホリックの“遊び人の金さん”がお届けする
by asobinin2006
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30
以前の記事
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
最新のコメント
> 松ちゃん 会話..
by asobinin2006 at 14:05
今晩は、その後ゆっくり思..
by 松ちゃん at 21:03
松ちゃん、いつもありがと..
by asobinin2006 at 09:27
久々にゆっくりお話をさせ..
by 松ちゃん at 20:02
松ちゃん。いつもありがと..
by asobinin2006 at 15:37
文豪金さん、日々忙しい中..
by 松ちゃん at 08:08
びんのかけら ファンから..
by びんのかけら ファン at 16:17
okiesさん。奇遇です..
by asobinin2006 at 13:25
金さん、名古屋にいたんで..
by okies at 08:43
上越市民になる前は、燕市..
by okies at 09:09
最新のトラックバック
コマクサ、シャクナゲ、レ..
from dezire_photo &..
日常を人々を描く風俗画に..
from dezire_photo &..
信越国境の秘峰
from dezire_photo &..
信越国境の秘峰
from dezire_photo &..
光と色彩の画家・エル・グ..
from dezire_photo &..
ハマナスふれあいセンター
from 温泉生活
山田旅館
from 温泉生活
水上館
from 温泉生活
ライフログ
検索
外部リンク
ファン
ブログジャンル
オヤジ
旅行・お出かけ