<   2010年 09月 ( 11 )   > この月の画像一覧
おみやげ
テレビのニュースキャスターなみに時期をずらして【夏休み】を
取る人が多くなったと感じられる。

スタッフのあゆみちゃんが先日TDRに行ってきた。

「9月の平日だから空いてたでしょう?」と聞くと

「でも大学生なんかは9月後半まで休みなんで結構混んでましたよ」
との返事。実はこの日“ディズニーランド・デビュー”の子と一緒だった
らしく。初めてでウキウキの気持ちもあったけれど、コースター系
(TDR風でいえば〔マウンテン系〕)が全くダメで、折角の意気込み
も消化不良だったらしい。
まあ、その人のキャラだから仕方ないことだが・・

「スペースマウンテンに一回乗ったら『もういい』って言われた」
らしい。
そのおみやげがこれ↓

f0149422_1181018.jpg


カミサンの職場は休日希望を出すので、独身女性なんかは海外旅行に
行く女性が多いらしい。

北海道に行ってきた同僚におみやげをもらってきた。

『百五十年若がえるふりかけ』となんともかわったネーミングのふりかけ

f0149422_1183288.jpg


【浦島さんにもおしえてあげたい】となかなか面白いキャッチコピー。

裏面を見ると「寝ても人生。走っても人生」などと感慨深いお言葉が
並んでいる。私の格言にしたいくらいだ。

f0149422_119533.jpg


いつもより多めにふりかけをかけて食べているカミサンの姿にも
関心したが・・・
[PR]
by asobinin2006 | 2010-09-29 11:09 | 日々雑想 | Comments(0)
夏バテ
9月は忙しかった。盛夏から残暑まで暑いのは「ノープロブレム」の
俺でも今年は例外。かなりのダメージを受けたのは間違いない。
長時間の仕事、短時間の睡眠で土曜日の朝、目覚めたら気分が悪い。

この日は娘の希望高校のオープンスクールがあるので早朝からカミサン
と娘と三人で出掛けるはずだった。
「それでもスーツの方がいいだろう」と寝る前にハンガーにつるして
準備しておいたがめまいがひどくて同行はキャンセル。
そのまま床にふしてしまった。

土日の週末、爆発的に忙しくなかったのでスタッフにまかせて
ずっと自宅で寝ていた。

ただし・・・チャコ(芝犬、メス、3才)は工事車両、自動車教習車
郵便配達員、近隣の住民の通行の度に吠えまくるので参った。
[PR]
by asobinin2006 | 2010-09-28 19:28 | 日々雑想 | Comments(0)
「和解」というべきか。
ブログでもたびたび書いた事があるが、我々の義務教育時代は
「先生=神様」のような存在だった。特に男の先生がふるう体罰も
公に認められてた時なので、子供から見るあの“大人のこぶし”は
巨大なハンマーのような凶器にさえ見えたものだ。

中学2年3年と担任だった先生は柔道部の顧問で、いわゆる【武道家】。
カッ~と頭に来ると口より先に手がでてしまう。そんな先生で、
毎朝、目が覚めると「あーあ、いやだなぁ=。また試練の日が始まる」と
憂鬱になりながら登校、朝のHRから帰りのHRまで、給食の時間でさえも
緊張感が抜けない辛い日々が続いていた。

当時は部活中も『水は飲んではダメ!』という時代だったので、
たとえ真夏35℃の灼熱の炎天下でさえも練習中の水はご法度だった。

多感な中学時代はまさに「@耐えがたきを耐え、しのびがたきをしのぶ」
という教訓が実践として体感でき、随分『忍耐』ということを身をもって
学んだのだった。

冠婚葬祭にまつわる私どもの職業は懐かしい古くからの友人や記憶も
危うくなった同級生に期せずして遭遇ということも多い。
時間とともにかなり外見に変化のある方や側頭部がやや淋しくなった
同輩との再会も戸惑いながらもそれはそれでうれしいものである。

先日、うちのご近所の呉服屋の旦那さんが急死してしまった。
あっけない最期に動揺を覚えたが、一番「動揺」したのは呉服屋の
旦那さんの実の兄が“あの”中学の担任であり、当然、葬儀の席では
数十年ぶりに我が恩師と再会する機会がある。ということかもしれない。

「@やだな~。会うの」というのが最初の気持ちだった。
でも、時間が経つにつれて、冷静に「今はどんな風になっておられるか?
姿・形は?たしか糖尿を患ったと風の便りに聞いたが・・・」などと
冷静になりつつ、「それでも大人なんだからきちんと挨拶せねば」と
覚悟を決めていた。(大袈裟だが 笑)

「運命の再会」はわりとあっけなく実現した。
立ち話しではあったが、恩師と硬い握手(←2回も。強調)&熱き抱擁。
近況報告ではリタイヤした今も体を動かしながら楽しんでる様子だった。
わずか1分ほどの時間だと思うが非常に長く感じた。
そして、握手したあの手が、我々の頭を散々殴りつけた、ボディーブローを
お見舞いされたあの手が、毛むくじゃらで【熊】のようだったあの手が、
随分柔らかく、小さく、きゃしゃに感じた。

お別れを言って後ろ姿を見送っても、握手した右手はしばらくの間感触が
残っていた。それが自分の中にあったわだかまりが解けたせいなのか?
長い間心にあった呪縛から解けたからなのかはわからないけど。老人になって
二回りも小さくなった“恩師”の姿をみてなんだか胸でつかえたものが
スッーと抜けたような気がした。

「和解」というべきものなのか?
もっとも“恩師”には我々教え子が当時抱いていた葛藤など微塵も感じて
なかったと思うけど。
[PR]
by asobinin2006 | 2010-09-22 22:08 | 日々雑想 | Comments(0)
信州信濃町 とうもろこしを食べる
国道18号線、柏原小の交差点を曲がって戸隠への道を走ると
所々にとうもろこしや地物野菜を販売しているお店がある。

その中の「小林農園」さんにうかがった。

f0149422_213515.jpg


「どうぞ休んでいってください」となかなか商売上手な奥さんが
声を掛けてくれ、かぼちゃの煮つけや浅漬けを軽く皿に盛ってくれる。

ポットにはこの近くに工場がある「お茶」が用意されている。

とうもろこしは一本200円。
二本注文するともう一本弱おまけしてくれる。

f0149422_2133583.jpg


次々と到着する車、「長岡」ナンバーが多い。

お店の中は何度か増築した様子なのでその辺の歴史や経緯を奥さん
に聞く。

天井にはブドウがたわわに実っている。

f0149422_21401.jpg


ホースからは勢いよく水が流れているので「この水はどっからくるの?」か
皆な興味があるようで同じ質問をするそうだ。

f0149422_2142817.jpg


「この先の湿地帯からの湧水で、もともと赤っぽい錆びた感じの湧水なんだ
 けど、【中越地震】の時は真っ赤に変色した」そうである。

f0149422_2145250.jpg


「道を挟んで向こう側に行けば飲み水として使える」らしく、
実際に前の店の脇には湧水が沸いていた。

f0149422_2151859.jpg


お土産にとうもろこしと大根を買って帰りました。
[PR]
by asobinin2006 | 2010-09-19 21:05 | 日々雑想 | Comments(0)
戸隠蕎麦 『仁王門屋』
この時期の“お約束”、戸隠蕎麦とその道中での「とうもろこし」
を食しに、カミサンと出掛けてきた。

外はあいにくの雨模様.
普段はお互い仕事ばかりで会話する時間も限られてるが、「子供の話題」
まど、色々おしゃべりしながらクルマを走らせた。

お目当ての『そばの実』がお休みだったので、中社過ぎまでお店を
物色して、一軒のお店に飛び込んだ。

f0149422_15154084.jpg


『仁王門屋』はおしゃれなたたずまい。店内には「ヒーリングミュージック」
がBGMで流れている。

そろって【大ざる】を注文。
しばし待って、品が運ばれてきた。

f0149422_1516115.jpg


やや細め、固めの蕎麦
やや濃いめ、しょっぱめのつゆ

つゆと蕎麦とからみにくい印象。
もうちょっとダシをきかせてほしいところ。

【大ざる】は千円でした。
[PR]
by asobinin2006 | 2010-09-18 15:16 | 新・そば街道を行く | Comments(0)
理髪店の【¥3800円】は安いと思う。
幼少のころから“床屋”に行くのが好きだった。
あの“におい”あの“空気”。補助椅子を用意してもらい
大きな鏡に向かうのが好きだった。
付け加えれば、髪を切った後にガムや飴をおだちんでもらえる
のも楽しみもいい思い出である。

東京在住の頃、4回ほど引っ越しをしたが、お気に入りの
“理髪店”さんから遠くなってしまうのが残念だったっけ。

“床屋”さんもbarberとかcut houseとか言い方も変わって
きて、昨今、世代交代で閉店してしまうお店も多い。

男性でも美容院(hair salon)に行く人も多いが私は
断然“理髪店派”

椅子に座ってはご主人と時事ネタや噂話し、「最近、山に行きました?」
と情報交換する大切な場になっているのだ。

カットからシャンプー、顔そり、ブローで1時間ちょっとかかるし、
耳掃除や鼻毛処理(笑)肩もみの面倒も見てくれる親切丁寧なサービスを
受けられるが大人3800円(税込み)は安いと思う。

「でも最近はこの不況で1か月1回の床屋への頻度が、2カ月に伸びたり、
ちまたのディスカウントなお店へ流れる人も多いよ」と嘆いておられた。

あまりひげが濃くない私だが、顔そりしてもらってる時って
気持ちいいんだよな~。
[PR]
by asobinin2006 | 2010-09-15 13:39 | 日々雑想 | Comments(0)
槍の穂先で
山好きにとってそれぞれ「あこがれの山」がおありだと思うが、
先日サイトのトピックスで気になるニュースを読んだ。

某〇清食品のカップ麺「〇王」のテレビCMの撮影が北アルプス
槍ケ岳で行われ、物議をかもした。と・・

ニュース内容
は読んでの通りだが、@もし自分が槍に登って「さあ=これからいよいよ
頂上だ!」と意気込んだ際に「撮影ですからちょっと待ってください」と
待機を申し出られたらどんな心境になるだろうか。

長い距離を歩いて、登って、「テレビ(CM(だから)と」一言で
何でも許されるのであれば悲しすぎる。

結局、このCMは“お蔵入り”するらしい。
[PR]
by asobinin2006 | 2010-09-14 09:56 | Comments(0)
山下達郎 Performannce 2010ツアー 新潟県民会館 その2
昨日書けなかった追記を少々・・

前述したとおり今回の席は2階でした。
県民会館はキャパが1700人ほどなのでそれほど大きい箱では
ありません。
ですから2階席でもそれほど「遠いな~」と思うことはなかったです。

若かりし頃、日本武道館の南スタンド2階席の一番上の席でコンサート
を見たことがありますが、
「ここってステージから一番離れてる席ってことじゃないの~」と
ある意味貴重な(?)体験をしました。

コンサート中はスタートして演奏が始まってもみんな着席しています。
これは昨年のコンサートで学習したことなのでさほど驚きませんでした。
実際、3時間超のコンサートでしょっぱなからアンコールまで立ちっぱなし
だったら、体が持ちませ~ん(笑)
最近、貧弱になった体を思えばなおさらです。
オールドファンも結構多いので、このような「座って観れる」コンサートは
有難いでしょう。
達郎氏自身もむやみに立ちあがって観るオーディエンスには抵抗があるのか?
基本座って観る・・ほうが奨励してるような雰囲気があります。

「来年はライブハウスでやるかも。でもスタンディングではなく椅子を
置きますからキャパが少なくなってしまうでしょうね」と話していました。

ただ、佳境に入ったラストでもアンコールでも一階席の方は立ち上がって
ましたが、2階席はチラホラ・・。
さすがに最高潮部分では前の前の席の女性が立ち上がったので私からの視野
ではステージが隠れてしまうので立ち上がりました。
この時でも半分くらいの割合で立ち:座り状態です。

「座ってたら観えなくね~?」と若干不思議になりつつもコンサートは
終了。微妙に席によって温度差があることを学習しましたし、越後人の
ちょっと遠慮がちな性格によるものなのかと思ったりしました。
[PR]
by asobinin2006 | 2010-09-09 13:54 | 日々雑想 | Comments(0)
山下達郎 Performannce 2010ツアー 新潟県民会館
9月に入っても35℃近くまで上昇した残暑厳しい日が続いていたが、
この日は朝から雨が降って、久々に涼しく感じる。

久々の休み。今度いつ休めるかわからないので欲張ってお昼に映画を
一本観たくなって、まだ睡眠を欲してる体に気合いを入れてクルマを
走らせた。

夕方まで時間をつぶし、昨年2月に観たコンサートの感動を思い出しながら、
会場の新潟県民会館に向かった。

達郎氏のコンサートは開始時間も無駄に遅れることなく、6時半開演なので
早めに席に着くことにする。
残念ながら一階席前方だった昨年とは違い、チケットの販売日から大きく
過ぎた日にローソンでゲットしたので今回は2階席のほぼ真ん中ほどだった。

摩天楼の屋上風だった昨年とは違い、【アーリーアメリカン】調な舞台設定、
風力発電のファンが回っている。

昨年の比較ばかりで申し訳ないが、ヒット曲満載!ベスト盤のような去年の
コンサートに比べ、自身35周年を迎え、デビューした〔シュガーベイブ〕
時代の曲を多く取り入れるなど幅広い年齢層、古くからのファンも喜ぶ
選曲になっているようだ。

もちろん、『アカペラ』のコーナーもあり。
某ロック系のコンサートの時はPAの音が割れて、ただうるさいだけの
「頭が痛くなるような」音響だったが、やはり達郎氏。音もよかった。

終演は9時45分。たっぷり3時間超のコンサートである。
ただ、曲にアレンジやアドリブやソロパートを含むのでアルバムに入ってる長さ
よりもだいたい曲も長いし、氏独特のMCもあるので長くなって当然であろうか。

「@35年もこうして音楽業界に身を置くなんて夢にも思わなかった」。
とおっしゃるが、私自身も音楽を聴き始めて、比較的初期の段階から達郎氏の
音楽を耳にし、レコードを買い、CDを買い、まだカセットテープだった時代
からSONYのウォークマンで「ON THE STREET CORNER」聞き、青春から
熟年になった今まで氏の音楽にふれあい、こうしてコンサートに足を運べる
のは長い時間の経過の中で、ちょっと不思議で、もちろん喜びで、まさに
夢のような時間なのであった。

終演後、駐車場までの歩道橋を渡る。
耳の奥では『Your Eyes』がリピートしている。

「また来年もこの素晴らしい時間が訪れますように」と雨の上がった夜空を
見上げた。
[PR]
by asobinin2006 | 2010-09-08 12:01 | 日々雑想 | Comments(0)
戸隠 『徳善院蕎麦 極意』
夏の終わりに(といってもまだ残暑きびしく)戸隠までドライブ。
まだ未開発なお店に蕎麦を食べに行きました。

中社の裏側 「うずら屋」さんの前の店に『徳善院蕎麦 極意』はあります。

f0149422_13222159.jpg


名代 極意 と思わず唸らせるような名詞が続く。

駐車場には県外ナンバーは多く停まっている。

そばには小鉢がいくつか付く。

f0149422_13224397.jpg


期待を込めて一口すすってみると・・・

@蕎麦はそばだった。
[PR]
by asobinin2006 | 2010-09-03 13:22 | 新・そば街道を行く | Comments(0)
  

遊び人でないワーカーホリックの“遊び人の金さん”がお届けする
by asobinin2006
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
以前の記事
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
最新のコメント
> 松ちゃん 会話..
by asobinin2006 at 14:05
今晩は、その後ゆっくり思..
by 松ちゃん at 21:03
松ちゃん、いつもありがと..
by asobinin2006 at 09:27
久々にゆっくりお話をさせ..
by 松ちゃん at 20:02
松ちゃん。いつもありがと..
by asobinin2006 at 15:37
文豪金さん、日々忙しい中..
by 松ちゃん at 08:08
びんのかけら ファンから..
by びんのかけら ファン at 16:17
okiesさん。奇遇です..
by asobinin2006 at 13:25
金さん、名古屋にいたんで..
by okies at 08:43
上越市民になる前は、燕市..
by okies at 09:09
最新のトラックバック
コマクサ、シャクナゲ、レ..
from dezire_photo &..
日常を人々を描く風俗画に..
from dezire_photo &..
信越国境の秘峰
from dezire_photo &..
信越国境の秘峰
from dezire_photo &..
光と色彩の画家・エル・グ..
from dezire_photo &..
ハマナスふれあいセンター
from 温泉生活
山田旅館
from 温泉生活
水上館
from 温泉生活
ライフログ
検索
タグ
外部リンク
ファン
ブログジャンル
オヤジ
旅行・お出かけ