<   2010年 10月 ( 14 )   > この月の画像一覧
親父の知らない『ダッフィーの世界』
「何でみんなテディベアみたいなぬいぐるみ持って歩いてるの?」

「知らないの?ダッフィーっていうんだよ」と娘が教えてくれた。

「あんなキャラクターいたっけ?」と親父にはわからない世界だ。

TDRから帰ってきてネットで「ダッフィー」について調べてみた。

なるほど、2004年秋にディズニーベアとして登場してる。
人気が本格的になったのは2008年秋以降で、時には売り切れ
・品薄状態になることもあるらしい。

面白いのは
「オリエンタルランド商品開発部では、特に戦略的に流行を仕掛けたわけでなく、
ブレイクの原因は不明。持ち歩きをする人が増えたことで、他の客の目を引き、
さらに人気が出るという相乗効果が起きていると考えられている」

いかにも@かわい~いと女性がいいそうだし、よくよく周囲をみれば
キーフォルダーに小さめなそれを付けてる人も見受けられる。

ディズニー側もあわててダッフィーの商品設定をしようとした経緯が
みられる。

2005年クリスマス後、新しい商品が発売された際に、新たな設定が発表された。

この時のディズニーベアの由来は、次のように説明されている。

1.ミッキーマウスには、お気に入りのテディベアのぬいぐるみがあった。
2.ミッキーマウスは、このテディベアといっしょに歩けたらどんなに楽しい
 だろう、と思った。
3.そこへティンカーベルが現れ、妖精の粉をテディベアにふりかけた。
4.すると妖精の粉の魔力でテディベアが動きだした。
5.ミッキーは嬉しくて、テディベアを抱きしめた。
6.テディベアの顔がミッキーマークになった。


顔と足の裏に隠れミッキーキャラがいるらしいが、真剣なまなざしで物色する
娘は全く別方向に一番人気のサイズが3800円、このおっきいのは1万円も
するのか~。とそっちの方が私には興味深かった。

それに@ダッフィーはSEAにしか売っていないため、購入するのはSEAに
インしなくては買えないというのもディズニーの商魂が素晴らしいところだ
と思う。
[PR]
by asobinin2006 | 2010-10-31 18:07 | 日々雑想 | Comments(0)
Happy Halloween in DisneySea
8時にホテルをチェックアウトしてモノレールに乗る。
ぐるっと一周回ってSeaのエントランスには9時開園待ちの列が
伸びていたが、ランドに比べれば可愛いもんだった。

息子は大好きなインディ・ジョーンズのFPをゲットするために
走り出した。
娘はお目当ての『ダッフィー』のぬいぐるみを目の前に瞳を輝かせて
入口左側のショップを物色していた。

個人的にはランドよりシーのハロィーンデコレーションの方が好きかも。
建物にもマッチして雰囲気がいい。
所々にかぼちゃ型のキャンディーボックスにアメを入れてキャストの
方が例の@合言葉を言うとひとつくれるサービスをしていた。

みんなタワーオブテラーに走るようだ。朝一のアトラクションは比較的
空いていて待ち時間もあまりないままに乗れる。
そんなのんびりムードもランドよりシーの方が好きな理由かもしれない。

今回は「ミステックリズム」「ビックバンビート」のショーを見て、
かつ、主要なアトラクションにもほぼ乗れて楽しく過ごせた。

実は昨日の夜のホテルで、騒音(?)が気になってよく眠れなかった。
そんなテンションが上がらないと思われる状態でも、リラックスして
スティできたと思う。

今度は空いてる時に来たいな~と切望。

カミサンから@メールが、
「野球のみんなに、テニスの仲間に、私の職場用にお菓子でも買ってきて」
女性はその場にいなくてもおみやげを要求してくるので怖い。
ハロゥーン仕様の大きめな袋をぶら下げながら帰りのモノレールに乗りました。
[PR]
by asobinin2006 | 2010-10-29 22:29 | 日々雑想 | Comments(0)
突入!激混みのTDRへ(ランド編)その②
当たり前だがポップコーンを買うのも至難の業、30分以上は並ぶだろう。
これだけ入場者数が多いんだからワゴンの数も増やしてくれればいいのに
と思うのだが、適切なサービスを行うためには仕方ないのか?

ランドの昼食はカントリーレストランでハウス食品提供のカレーライスを
食べることが多い。

「ただいまお席にご案内するまでに30分ほどいただいております」と
入口でレストランスタッフが声をあげて叫んでいたが、列に並んで5分ほどで
テーブルに着くことができた。あらっ・・

しかし、キャスト(お客様)には親切丁寧にを。をモットーとしてるディズニー
だが、料金も含めた食事の内容は何とかならないものなのか?スキー場もしかり、
ここまで来て旨いものを喰おうと思うな・・・とそれは愚問かも知れない。しかも
すさまじい数の食事を用意する以上、手間暇かけてる時間などないのが現状だろう。
しかし、冷凍技術も調理設備も格段の進歩をとげている今日(こんにち)において
一皿千円~二千円は当たり前の金銭を支払ってる以上、デフレ傾向に拍車がかかる
外食産業にしてみればディズニーとて例外ではないはず。多くの調理スタッフをかかえ
人件費が膨大なのはわかるが。
将来的にもっとうまいものを食べたいと欲するのは私だけだろうか?

@カリブの海賊も→スタートして暗闇で下に落ちるから・・の理由で娘はNG。

いくつか比較的空いてそうなアトラクションに乗るが人の波は収まる気配も無く
戦意喪失。疲れも出てきたので、チェクイン時間に合わせて一度ホテルで休むこと
にした。

f0149422_19461594.jpg


4時半ごろから大粒の雨。スターツアーズとFPでバズに乗ったら帰りたくなった。

ディズニー・・と検索すればグッズの販売やパークの攻略法などヒットする。
ヤフオクでは@裏技が取引されているのを見るとディズニーは立派なビジネス
なんだと認識できる。

ワクワクで訪れたランドだったがあまりの混雑ぶりであっけなくノックアウト。
雨の影響で帰り支度をする人も多いが、まだまだスタンバイの列は長かった。
ホテルに帰ってちびまる子ちゃんを観た私たちでした。

・・・などと夢のないたわごとを書きつづってしまったが、夢の王国(マジック
キングダム)も大人になりすぎてしまった(年をとりすぎてしまった)私には
現実的な物ばかりに目が行ってしまって“夢”がなくなってしまった気がする。
体調の関係もあるのだろう。夢の世界は今の私のは広すぎたようだった。
[PR]
by asobinin2006 | 2010-10-28 19:46 | 日々雑想 | Comments(0)
突入!激混みのTDRへ(ランド編)その①
「おお~、あれがスカイツリーか~。結構デカイな~」
新幹線が東京に近づき、左側に第二展望台建設中の建築物が見えた。
“思ったほど大きくない”と各方面からの声をきいたが、どうして
なかなか堂々たるものである。

不眠不休で早朝に起き、越後湯沢始発の新幹線『たにがわ』はほぼ
貸し切り状態で走り出した。

日曜&月曜と子供たちは振り替え休日で連休。
最初は『釣りにゆきたい』という息子と男二人でアウトドアな休日と
日本的温泉宿に滞在する予定で話を進めていたのだが、強引な娘は
「え~、デイズニーリゾートに行こうよ」と強気の発言で男同士の
旅に参戦。見事に土俵際で行き先変更。親子三人(カミサンはお仕事)
での出発となった。

急いで『えきねっと』で切符を手配。サイトでなるべく安・近・利便な
宿泊先を見つけて予約した。

しかし、『ディズニー混雑カレンダー』をサイトで検索してみると
「ハロウィーン期間中、日曜、学校の振替休日多数、秋の行楽シーズン」
の好条件で推定6万人の来場者数予想とかなりの数。
覚悟して気合いを入れて早めの到着となった。

舞浜の駅に8時50分頃到着。
入場券売り場にはすでに長~い列ができていた。
前売券持参の方々はスイスイ通ってゆくが、列はなかなか進まない。
実は今、「団体契約限定サンクスフェス」ということで、店で加入してる
福祉センターから割引券が出ていた。
大人5800円がフェス期間4800円に、さらに千円引き割引券を
使うと3800円でパスポートが買える。子供と三人合わせても9500円
と大変お得な料金だった。

ようやくインしても人・人・人の大混雑。今まで来た中で最高の混雑ぶりの
ような気がする。モンスターズ・インク&ハニハンのファストパスはすでに
終了。バズのパスは取れたが、17:00~からとかなり先の話し。

いつもは比較的すいているスペースマウンテンもかなりのスタンバイの列。
キャプテンEOも、サーキットレールもスタージェットだって人だらけで
うんざりしてくる。

トゥーンタウンに行ってロジャーラビットに60分待ちで乗って、
ガゼットのコースターに35分待ちで乗ろうとしたら、娘は「乗らない」
という。

「だってコースター嫌いなんだもん」と申す。

「え~、こんな子供向けのコースターだよ」と言っても「いやだ」と拒否。

「じゃあ何しに来たの?」と聞くと

「買い物」という。

これでは10年前と変わらないではないか!
あの幼かった時代。コースター系は嫌だというのでミッキーマウスレビューや
スモールワールド、カントリーベアにチキルームを見ていた時代と何の変化も
ないではないか~!とちょっとキレてしまった。笑
[PR]
by asobinin2006 | 2010-10-27 17:57 | 日々雑想 | Comments(0)
『お力(ちから)加減いかがでしょうか?』
休みの日の贅沢は“マッサージ”にかかること。
体のケアをすることは大事なことだと思うが、40分=3725円ほど、
60分=5250円ほどお金がかかるのはやはり贅沢なんだろう。

なので、そう頻繁にはいけないのが現実。

しかし、それ以上に大問題なのは『担当してくれる人によって価値観が
まるで違ってくる』という点だろう。

簡単に言えば

「上手な人にはお金を払う価値があるが、下手な人には金額がそれに値しない」
という事実しかない。

ベットにうつ伏せになって最初に背中を上下左右に引っ張る行為をするのだが
このマッサージ師さんは【うまい OR へた 】はだいたいこの時にわかると
長年の経験で察することができる。

先日、某〇ャスコの花屋の後ろにあるお店。
ここの利点は「いつでも空いてる」点なのだが、担当していただいた女性は

まさに今日、デビューしたばかりの新人さんなのでは?と思えるほどの
テクニックと力加減であった。
(弱々しいと癒し効果で若干眠ることができるのは有難いが・・)

『お力加減いかがでしょうか?』と聞かれて

「強めにお願いします」と申告して、『はい。わかりました!』とその時は
グイグイ力強く揉んでくれるのだが、人間ってそう長い間強い力が持続するのは
困難なことだと思うし、案の定、段々と力も弱まってくるのが当たり前。

『合わなくなったら遠慮なく申してくださいね』とやさしく言ってくれるが
そんなの社交辞令にきまってるので信用できない。笑

まあ、結局はその人とも相性と上手い人は上手い。下手な人は下手、という結論
なのではないだろうか?

飛び込みで入ったお店がなかなかのすぐれもの&当たりだと得した気分になる。
某〇ャスコも長岡店の方は皆な素晴らしく上手でテクニックもお持ちだが、
新潟店は技術的に随分バラつきがあるという印象だ。
[PR]
by asobinin2006 | 2010-10-22 18:19 | 日々雑想 | Comments(0)
歩く 歩く
秋らしい晴れた空が広がり、週末は子供の学校の文化祭が
あったり、各地でもイベントが多く開催されていたようです。

実は先日、お客人を送って隣区まで行きました。
運転には結構自身がある方ですが、はじめて通る道は結構緊張します。

「ここの細い路地、入れますかね?」と女性に聞かれ

「たぶん大丈夫でしょう」と左右ギリギリの道を進みます。

街灯も無く、暗い夜道だったのでまわりがよく見えず、ハンドルを
左の切ったところで

ガリガリ・・・と嫌なあの音。

あ~あ、ボディの左下あたりをブロックでこすってしまいました。涙。

やってしまったことはしょうがないので、気を引き締めて&開き直って
次の目的地へ進みました。

ということでお客人を乗せるのでいつまでも傷ついたままの車でいれる
訳ではなく、知り合いから親切な自動車整備工場さんを紹介していただき
安価で修理していただくことができ、一安心です。

そんな訳で今週は整備会社さんへのクルマの搬入や回収へと歩き、朝は
自宅前の犬 チャコ メス 柴犬三才が@散歩連れてけ!ここから連れ出せ!
ウオォ~~ンと催促の雄たけびをするので仕方なく(笑)お付き合いし、
かなり長い時間歩きました。
(といっても彼女は臭いをかぎまくるので停まってる時間が多いのだが)

歩くと血の巡りがよくなって健康体になった気がします。
また山行への希望が欲求が高まってまいりました。

でも、その余波と連日勤務状態で今日はちょっと疲れています。爆
[PR]
by asobinin2006 | 2010-10-21 13:39 | 日々雑想 | Comments(0)
やるせない・・
米山の麓の集落に蕎麦屋を営むお宅がある。
私はここの蕎麦が大好きだが、近すぎてあまり食べに行くことはない。
数年前に名古屋から“むこさん”が着た。大阪の美大を出た娘さんが
名古屋に滞在していた時に知り合ったらしい。

先日、来店した“むこさん”との会話で

「知らない土地で慣れない仕事は大変だったでしょう?」と聞いた。
蕎麦屋も営むが農業が主体、岩魚の養殖に冬季は郵便配達の業務も
請け負う。

「まあ、知らないということは逆によかったかもしれないね。
 変に知識があったら大変だった面もあっただろうし、一から教わった
 ほうが自分にとってはよかった」と謙遜していたが、キツかったのは
事実らしい。

「でも一番しんどかったのは『休みたい』と言えなかったことかな」と
しみじみと“むこさん”言う。

「そうだよね。田舎では毎日の労働が当たり前だし、自営の場合は仕事場
も住居もいっしょだから(オン・オフ)が難しいよね。でも、【休むのは
犯罪】というのが根強く残ってるのも確かだし」と話した。

「今は結構仕事まかされているところあるから、前よりは@休み、も
取りやすくなりましたよ。やっぱ、どこかでキマリつけなきゃね」と彼。

実はこの週末にかけて〔組合〕の旅行で「那須方面」に行く予定だった。
積立金や研修目的の補助もあるので、比較的高級感のある『温泉旅館』に
宿泊して、美味を探求し、主要な観光地も巡るなかなかリッチな旅行なのだ。

幸い殺人的に忙しくない週末だったのでご予約いただいている客人の
料理等をスタッフと相談してまかせる段取りをしていた。

しかし土曜の朝。仕事にとりかかると社長(兄)からクドクドと仕事に
まつわるお言葉を数々頂戴した。(いわゆるねたみや恨み節)

あまり出掛けることにない者にとって外に出る者がうらやましいのだろう。
本人(兄)も忙しかったストレスを発散するところが無く、俺に小言を
愚痴ったのだろうけど、俺もこの旅行のために休みも取らず、朝から
晩まで労働してきたつもりだ。
ここで俺に当たられてもお門違いとは思うのだが、あまりにも後味が悪く
このまま旅行に行っても決して気分のいいものではないと強く感じたので
勢い、幹事さんに「私の分はキャンセルしてくれ」と申し出た。

どうして気持ちよく「ゆっくりしてきな。楽しんできな」と一言掛ける
器が無いのだろうか?
強い憤りとやるせない失望感だけが残ってしまった。

ここ最近は家族で出掛けるといってもドタキャンや行って帰るの弾丸ツアー
ばかりだったので内心楽しみにしていた今回の行事だった。

「おそらく一生、この状態からぬけだせないままなんだろうな~」と
悲しくため息がでるばかりであった。
[PR]
by asobinin2006 | 2010-10-17 22:42 | 日々雑想 | Comments(0)
大橋巨泉氏
今朝、起床してテレビをつけると「大橋巨泉氏」が出ていた。
外見から「老けたな~」と思えるのは仕方がないにせよ、
相変わらずの饒舌ぶりは老いても変わらない。

思えば私ら世代の人間にとって「巨泉氏」ほどテレビと関わり深かった
タレント・司会者はいなかったんじゃないだろうか。

「野球は巨人、司会は巨泉」のキャッチフレーズ、
古くは『お笑い頭の体操』(古いな~。みんな知ってるか?)
『11PM』では「思わず興奮!すべてを見せる特写フィルム」などと
書いてあるテレビ欄を読んで何が起こるのだろうとかたずを飲んで番組
を見たが、結局何も起こらなかった。という苦い経験がどなたもおありだろう。

『クイズ・ダービー』
最終問題であまり持ち点のないチームは必ずと言っていいほど
「篠沢教授に全部」と持ち点を掛けて、裏切られて「0」点になってたっけ。

個人的に好きだったのは『世界まるごとHOW MUCH?』
今ではフジテレビの朝の顔『とくダネ』の小倉さんがナレーションで出演
して好評だった。
ゲストとの掛けあいが面白くてビートたけし氏はもちろんだったが、
チャック・ウィルソンさんが好きだった。

比較的安価な金額しか提示しないチャックさんだったがたまに高い数字を
パネルに書いたりすると

「もうケチャックとは言わせない」というのが決まり文句だった。

この巨泉氏、本業は@ジャズ評論家という肩書だった。
国会議員にもなった。MLBやNFLの解説もやった。
でもNFLスーパーボウルで解説をやった時は嫌だったな~。
後藤さんの方がずっと良かった。

「セミリタイヤ」してからも時々テレビに登場する巨泉氏。
ああいう生き方もあるのだとうらやましく感じる時もある。
自分は老後も仕事仕事で終わりそうな予感がするが。
[PR]
by asobinin2006 | 2010-10-16 20:17 | 日々雑想 | Comments(0)
マラソン大会
先日、息子の学校で「マラソン大会」が行われた。
姉と違っていわゆるマイペース派、トップ集団にからむことなく、
終始中ほどで淡々と走る姿を毎年繰り返していたのだが、ここ最近は
身長も伸びてきたし、少年野球で鍛えられて体力も付いてきた。
トップ10どころかあわよくばかなり上位に組み込めるのでは?
と本人もその気になって頼もしく思えたものだ。

しかし、何度も書くが「平日の学校行事」にために仕事やパートに
都合をつけて我が子の応援に来る親御さんは大変である。

スタート前に「頑張ってな」と声を掛けてグランドの端っこから
熱い視線を送った。

『バ~ン!』ピストルが鳴って一斉にスタート。

しかし・・・数メートル進んだところで転倒者が!
激しく一回転して起き上がれない様子でうずくまっている。

『あららっ、ウチの息子?』

嫌な予感は的中、しばらくうずくまっている姿に駆け付けようかと
思ったのが、レースは続行中なので見守るしかない。
かなりダメージを受けたようだがなんとか立ちあがって走り出した。
でも集団はすでにかなりの距離を進んでる。

トップの女の子は独走でぶっちぎりの走り。
しかし、今って生徒数の減少もあるんだろうけど運動会でもマラソンでも
男女一緒に走るんだよな。俺らの時代には考えられなかった。
しかも女の子の方が早いのだ。小学校も高学年になると体力差もあって
こうゆうレースは男子の方が俄然リードしていたと思うのだが。

涙を流しながらも一生懸命走る姿は立派だった。
一番ビリからも何とか持ち直して真ん中くらいまで順位を上げてゴール。
リタイヤしてもおかしくないくらいだったが、よく頑張ったとほめて
上げた。一位になるのも素晴らしいことだが、それ以上に感動したものが
あった気がする。

翌朝も「昨日はよく頑張ったな」と頭をグリグリなぜてやったが、ふと
ランドセルをみると昨日の宿題の算数プリント。

「あ~、宿題やってないじゃない」と30秒後には頭をコツンと叩かれた
息子でした。
[PR]
by asobinin2006 | 2010-10-12 11:35 | 日々雑想 | Comments(0)
立川談春独演会 ~新潟市民芸術文化会館・りゅーとぴあ劇場~
時々【寄席】のHPを開いては「行ってみたい」と思いはつのるばかり
であったが、新潟には噺家さんの独演会が結構あるではないかとひらめいた。

テレビCMで『立川談春 独演会』を見て早速、ローソンでチケットを
入手した。3500円。

場所は新潟市民芸術文化会館という物々しい名前が付いている劇場で、ここで
催しを観るのは初めてになる。
信濃川のほとり、県民会館のとなりにガラス張りの外観に屋上にも緑があったり
〔金かかってる感〕は非常にする。

山下達郎氏のコンサートでは
「このくらいのキャパの会館(県民会館)が一番好ましい。となりにある
クラシックだかのコンサートをやる所より素晴らしい会館ですよ。県民会館は。」
などと話していたことがあったっけ。

もぎりをしてもらって係の女性に席まで案内してもらう。

一階席の真ん中くらいから「二階席」となっており、事実上の2階席が「三階席」
になっている。独演会は「三階席」をクローズして一階・二階にお客を入れて
いたが、満席だった。シートは固めなのでケツが痛くなるし、前との座席間隔が
ちょっと狭くて窮屈だった。

立川談春氏はTBS『情熱大陸』の放送で観てから興味があった。

開演前の館内のBGMはもちろん「出囃子(でばやし)」である。
緞帳(どんちょう)が上がって御本人が登場。
時事ネタなどの世論話し、世間話し、新潟をよいしょしたりの前座話しの
後に最初の演目『粗忽の使者』(そこつのししゃ)
面白いな~、落語って噺家さんってこんなに面白いものなのかと関心。
ちょうど一時間しゃべって15分間の中入り(休憩)

後半の演目は『妾馬(めかうま)八五郎出世』
面白さの中に後半は涙涙の泣かせるお話し。
落語って噺家さんってこんなに泣かせるものなのかと関心。

この『妾馬』本当はもっと長い話しではしょってる部分も多いことから
八五郎出世とされるそうだ。
この演目を十八番(おはこ)にしてる噺家さんも多いらしい。

後半も一時間。あっという間の楽しい独演会でした。
又機会があったら是非足を運んでみたいと思い、帰路に付きました。

f0149422_1415698.jpg

[PR]
by asobinin2006 | 2010-10-08 13:57 | 日々雑想 | Comments(0)
  

遊び人でないワーカーホリックの“遊び人の金さん”がお届けする
by asobinin2006
プロフィールを見る
画像一覧
以前の記事
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
最新のコメント
> 松ちゃん 会話..
by asobinin2006 at 14:05
今晩は、その後ゆっくり思..
by 松ちゃん at 21:03
松ちゃん、いつもありがと..
by asobinin2006 at 09:27
久々にゆっくりお話をさせ..
by 松ちゃん at 20:02
松ちゃん。いつもありがと..
by asobinin2006 at 15:37
文豪金さん、日々忙しい中..
by 松ちゃん at 08:08
びんのかけら ファンから..
by びんのかけら ファン at 16:17
okiesさん。奇遇です..
by asobinin2006 at 13:25
金さん、名古屋にいたんで..
by okies at 08:43
上越市民になる前は、燕市..
by okies at 09:09
最新のトラックバック
コマクサ、シャクナゲ、レ..
from dezire_photo &..
日常を人々を描く風俗画に..
from dezire_photo &..
信越国境の秘峰
from dezire_photo &..
信越国境の秘峰
from dezire_photo &..
光と色彩の画家・エル・グ..
from dezire_photo &..
ハマナスふれあいセンター
from 温泉生活
山田旅館
from 温泉生活
水上館
from 温泉生活
ライフログ
検索
外部リンク
ファン
ブログジャンル
オヤジ
旅行・お出かけ