<   2011年 03月 ( 13 )   > この月の画像一覧
引っ越し荷物と生ビール
昨日は娘の学校の『教科書販売』のため同時進行で寮への荷物運びを
行いました。(全部ではありませんが・・・)

部活疲れで一向に整理がついていない娘の荷造りでしたが、とりあえず寝具と
雑貨品は入寮する部屋に運び入れたわけです。

しかも、またしばらく遠征に出てしまうわけで。

車の後部には段ボールに入れた“ダッフィー”のぬいぐるみと“リラックマ”の
スリッパが少女を物語っていました。

教科書や辞書を購入して、各種手続きの書類を出して(やや)ひと安心。

折角ですから練習コートに行ってちょっと先生&先輩に挨拶。
やはり高校生ともなると技術的にも玉の早さも違い、驚いてしまいました。
あと、やっぱり声が出てますね~。さすが体育会系です。

休日なら「新潟市内でちょっと買い物と食事でも」と思っておりましたが、
多忙にてすぐにとんぼ返り。疲れが腰に来ました~。


話しは全然違いますが、前日、酒販の問屋さんとの会話で

「アサヒビールは震災の影響で入ってこなくなりますよ。関東と東北の工場が
 被害を受けて製造ラインが止まっています。
 サッポロかサントリーにしてください」と言われました。

地震の余波がここまで(ビールまで)影響してくるのか?と複雑な心境です。
[PR]
by asobinin2006 | 2011-03-31 11:39 | 日々雑想 | Comments(0)
AC 『あいさつの魔法』
地震以来、テレビ番組もしばらくは地震関連のニュースが一日中流れていた。

民放では「CM自制」でAC(旧公共広告機構)がいくつかのパターンで
繰り返し&繰り返し観ることになったのは皆さんも御承知済み。

「へえ~仁科明子さんって38歳で「子宮頚癌」になってたんだ」と知ったり

「こころは誰にも見えないけれど『こころづかい』はみえる。」を子供と
話したり、

オシム監督(元日本代表)でワールドカップを戦ったらどうなってたんだろうか?
と考えたり

息子に「あそぼう」といっても「いやだ(笑)」って答えられたりしたが、
一番に気なったのは

      『あいさつの魔法』ロングバージョンだろう。

たいていの場合は“おはよううなぎ”と“いただきマウス”あたりで切れてしまうのだが
最近、ようやく長いバージョンを発見した。

「なるほど!スカンク、サイとマンボウはこうゆう登場の仕方なのか!」と
謎が解けてスッキリした。
[PR]
by asobinin2006 | 2011-03-24 20:57 | 日々雑想 | Comments(0)
自粛ムードの中で
先週は雪の日が多く冷え込みが厳しい週で、冬に逆戻りしたようだった。

相変わらず[キャンセル]は続いている。

一年でこの時期は年度末や移動等で歓送迎会が多く、多忙な時期である。
ただ、先の東北地方関東大震災で被災された方々の心情を察すると宴席を
囲むのはいかがなものか?と自制する雰囲気になっている。

スポーツでも「春の選抜高校野球は開催」
      「プロ野球セ・リーグ強行開催」だのにぎやかだが、一方で
娘の行く高校の春の全国大会が中止になったり様々である。

我が家でも平素使用している石油ファンヒーターは「灯油節減」のため、
利用を極力抑えている。
おかげで部屋干ししている洗濯物の乾きが悪いが、被災されて厳しい避難所
の現状を察すれば我慢せねばと思っている。

しかし、一方「世論」でも「あまり自粛自粛では日常の生活にも影響を与える」
という意見も多い。

「節約すべきはすべきだが、平常通りの生活するところも必要」という見解。

先日、休日に予定していた最寄りの『安塚キューピットバレイ』は地震以降
早々とホワイトシーズンの営業を終了させてしまったし、「ならば温泉でも」と
思ったが、なんとなくその気が失せてしまうのも確か。

時間があいたので映画を一本観た。

【豪華2大スター共演 イタリア[ベネチア]を舞台に謎の組織が2人に迫る

 華麗な旅人には危険な謎がある】とワクワクものだったが、終わってガッカリ!

「なんだこりゃ」の内容で大変残念だった。
[PR]
by asobinin2006 | 2011-03-21 15:30 | 日々雑想 | Comments(0)
いろんな話しで
午前中に@店舗用備品を扱う会社の社長が営業に来た。

「昨日は湯沢近辺を回っていたんですが、旅館・ホテルは何百人。おおきいところは
 何千人規模でキャンセルで、この週末の連休は悲惨みたいですね。」

と話しを切り出した。

「これからこっちへ(新潟へ)避難される方々もおおいらしいですよ。
 家族単位の方はやっぱり一軒家に越したい らしくて、物件を探してるって
 不動産屋さんが話してましたから」などと立ち話し。

それから原発の話題になった時、私の街からおおよそ30キロくらいにある
『刈羽原発』(かりわ)。さきの中越沖地震の影響で7基ある内現在稼働してる
のが4基、残り3基は操業を停止している状態。

「もし、首都圏の電力が足りなくなったら動かすんですかね?検査中の物も。
 背に腹は変えてられない。という風になったら危険を承知で何かするんでしょうか?」
 不安ですね」と青白い顔をして話していた。


区の総合体育館を避難所に使用するらしい。という話しを聞いた。

もし、お役にたてるのであれば是非そうしてほしい。

中越地震&中越沖地震の時は他府県の方々にお世話になった。

今度はこちらが恩返しする番だと思う。
 
[PR]
by asobinin2006 | 2011-03-17 19:38 | 日々雑想 | Comments(0)
それどころではない
関西旅行記を書こうにも何だか気が進まない。

というより、そんなの書いてる場合ではない。という気がするのだ。

今日は東北電力でも「明日から計画停電実施」という広報が届いた。

我々の街は17日木曜日の午前9時から12時までの間、実施される
計画らしい。

昨日のTVニュースでも【夕方 一部の地域でのみ停電した】とあり、
実際に停電するかは間際になってみなければならないらしい。

冷凍庫はどうなるのか?

相変わらず続いている“キャンセルの嵐”はいつ収拾するのだろうか?

原発事故の観ると「今後、どうなってしまうのだろうか?」と不安である。

昨日、@パソコンの修理を受け取りに大手家電量販店に行った。
最近、家庭品を置き始めた店内はテッシュやトイレット・ペーパー、ウエット
テッシュを買い求める長蛇の列ができていた。

ホームセンターでは乾電池が売り切れ。

一番近いセルフのガソリンスタンドはまだ大丈夫だけど、国道沿いの一部の
スタンドは在庫が尽きてクローズしていた。

急いで空になっていたポリタンクに灯油を買ってきた。

電気のいらない石油ストーブも品薄な状態らしい。

おそらくオイルショックの時はこんな風であったのだろう。

仕入先の営業マンは

「東北の工場から品物が届かないので、今ある在庫の中で納品させていただきます。
 物資輸送のためのガソリンが無いので運ぶに運べない状態なのでご理解ください。
 新潟県でも山形県側に避難している人が多いみたいですね。
 その辺の宿泊施設は忙しいらしいけど、後は軒並みみんなキャンセルですよ。
 それから、スキー場は今年、もう終わりみたいですね。この騒ぎですからスキー
 &ボードに行く人は少ないそうですからね。」

などとボールペンをカチカチさせながら言っていた。

東北地方に打撃を与えた大災害はすでに「対岸の火事」では無くなってきている。
[PR]
by asobinin2006 | 2011-03-15 20:39 | 日々雑想 | Comments(0)
JALマイレージサービス
ここから関西方面に電車で行くとなると富山から特急サンダーバード経由で
5~6時間。料金もひとり12000円~14000円ほどかかる。

電車の旅もいいものだが、できれば乗ってる時間は短いに越したことはない。

持参のクレジットカードは“JALカード”で利用金額がマイルに換算される
システム、今は買い物はもちろん、公共料金もカードで精算しているので、
知らず知らずにマイルが貯まってきている。

JALのHPから料金やフライト状況を確かめると、新潟→大阪 伊丹間利用で
片道普通運賃がひとり32000円ほど、早割にしても約半額の16000円くらいは
かかってしまう。

「う~ん、家族の飛行機代だけで10万円超えは痛いな~」と思っていたが、

そこで【おともdeマイル割引】というものを見つけた。

これなら家族で利用した場合ひとり片道1万円(往復2万円)で、息子の分はタダに
なった。
(ただし、溜まっていた1万マイルを差し引きされる)

ということで新潟→大阪 伊丹間を飛行機で往復で、ストレスの溜まる電車による
長い移動時間は回避されてひと安心であった。

以前、名古屋便を利用した時、飴玉くらいのサービスしかなく、キャビン・アテンダント
さんは「絵に描いた餅」状態だったが、大阪便は2名のキャビン・・さんでドリンク
サービスもあった。
帰りの飛行機では子供たちのJALブランドのキッズプレゼントもあり、照れながら
「JALノート」を手にする子供たちが何となくおかしかった。笑

空の度は快適である。ほとんど揺れることも無く、約50分の飛行時間で到着でき、
往路は左側の窓から「富士山」は雲海から、頭ひとつ抜け出して見えて壮大であった。

f0149422_1728369.jpg


伊丹は大阪市街地上空を旋回しながら着陸するので、空から街の風景がよく見えて、
「おお、あれが『京セラドーム』、『大阪城』もみえるぞ。あっちが『USJ』か?」
などと息子としゃべっていた。

往路では、誤って水をこぼしてしまうと

「大丈夫ですか?お洋服は濡れませんでしたか?すぐいおしぼりをお持ちいたします」

汚いカーゴパンツが濡れただけなのに、ブランド物のスーツを来ているような上品な
いい回しと普段は言われたことがないようなお気づかいのお言葉を沢山いただき、
誠に恐縮してしまった。

経営再建中で、客人に対しても心配りは大事な事であろうが見事なフットワークである。

なぜ、キャビン・・さんはあんなに美しんだろう。

「おい、嫁にするならああいう女性にしろ」と息子に言っておいた。
[PR]
by asobinin2006 | 2011-03-14 12:26 | 日々雑想 | Comments(0)
晴れ。ときどき揺れ
「ああ、来たな~」

震度5強の地震が早朝4時に襲いかかりました。

ただし、布団の中なのでなす術なく、揺れがおさまるまでじっと我慢。

しばらくすると、区の広報が大音響で早朝の街に

「震度5強の地震が起きました。皆さん落ち着いて行動しましょう。
 火の元に用心してください。」とスピーカーで鳴らしていました。

ときどき揺れがきます。

ちょっと体感してしばらくするとテレビに速報のテロップが流れます。

太平洋側が震源の地震に加えて、今朝の地震の震源地:長野県での
地震の揺れも観測されました。

中越沖地震の時は水が出ず、飲料水や風呂、トイレにも難儀しましたが
今回はそうゆうリスクはなく、平常通りに生活できることが有難いです。

被災された地方の方々には申し訳ありませんが、当たり前のように電気が
つき、火を水を使えることに感謝せねばなりません。

昨日からキャンセルが相次ぎました。

一方であまり関係なく(?)いらっしゃるお客さまもおられます。

その方々の尺度だと思いますが、私にはそれも複雑な問題です。
[PR]
by asobinin2006 | 2011-03-12 21:04 | 日々雑想 | Comments(0)
東北地方太平洋沖地震
週末の営業に向けての仕込みの最中

「あっ、地震だ」

と、スタッフのあゆみちゃんが叫びました。

グラグラグラッという地震ではなく、大きく大きく横にゆらりゆらりと
揺れるタイプの揺れでした。

今日ほど長~い時間の地震を感じたのはないでしょう。
何分も経過したような気がします。震度4だったそうです。

その後にも何度か余震を感じました。

ここ数年で、中越地震・中越沖地震と二つの巨大地震に遭遇しているので
ちょっとでもグラッとくると身構えてしまう習性がついて、体に力が入りました。

まるで船に乗ってるかのような横揺れで酔って、少し気持ち悪くなってしまい
ました。

テレビを付けると一斉に「報道特別番組」に変わっていました。

津波も大津波注意報になり8mから10mと想像もできない数字に表れています。

電気・ガス・水道は全然大丈夫でしたが、電話はしばらくダメで、家で宿題を
している(はずの?)娘の事が気がかりでした。

電話が復旧してからは、やはり“キャンセル”の電話が続きました。
この状況なので仕方ありませんが、地震がいつまで続くのか考えると不安です。



テレビに映る目も当てられない光景にただ絶句するばかりです。

被災された方々には衷心より御悔み申し上げます。
[PR]
by asobinin2006 | 2011-03-11 22:07 | 日々雑想 | Comments(0)
「そうだ 京都、行こう」。
今年になって娘の進路があらかた決まった頃から、「3月頃にみんなで
(家族で)どこか出かけたいね」と話しておりました。

3月も下旬になると年度末であわただしいし、移動の時期で家業も忙しく
なるので、卒業式が終わった頃かな・・・という風に具体化してきました。

卒業式が終わって次の日すぐ。でしたが、「京都(大阪も含む)」に行って
来ました。

いろいろと候補はあったのですが、【社会学習】の意味合いも強かったので
[世界遺産]の神社仏閣を巡り、歴史を学び、文化・食生活に触れる事(+買い物も)
を考えれば「京都」がクローズアップしてくるのは当然です。
また、四季を感じ日本を知ることにもベストなところだと思います。

2泊3日でしたが、楽しく充実した旅行だったと満足感もあります。
行く前は「仕事が・・・」と考えることもありましたが、終始リラックスした
時間を過ごせたと思います。

私たち夫婦も何十年ぶりの京都で、修学旅行以来久々に訪れた場所や
新しく発見できた場所など収穫も多かったですし、地理的にも今回の滞在は
かなり勉強になりました。

ブログもしばらくはこのネタで行きたいと思います。
[PR]
by asobinin2006 | 2011-03-10 21:01 | 日々雑想 | Comments(0)
卒業式と“カスじょんぎ”
今日、娘の中学校の卒業式が行われた。

店の仕事も、新しいセキュリティーの工事もあるので参加は危ぶまれたが
「折角だから」とカミサンと一緒に参列させていただいた。

玄関で教頭先生と会う。

実は教頭、私の野球部の先輩にあたり、強面・豪快で当時は話しかけるなど
全くできないほどのオーラがある方だった。

2年ほど前にこちらに赴任してきて、体型的にも貫禄が出たが

「い~や~~っ、おたくの娘さん、り~っ~ぱですな~」とちょっとまぶしい
顔をして握手をするのがセオリーになってしまった。

いやな思い出が渦巻く≪理科室≫が待合室で、ふと見渡せば知り合いの中に

「おおっ、あのひともいる。このひともいる」と知ってるようで知らない
新しい発見で、改めて驚かされる事だった。

玄関で卒業式の資料を渡されたが、同時に子供から親に託した手紙も一緒に
渡された。

「サプライズなんだけどね。親に手紙書きなさいって今日言われたの。
 みんなかなり悩んでいたみたいだけど、私なんか10分で書いちゃった」と
数日前に娘が言っていたのを思い出した。

冬の寒さ厳しい体育館で、シンシンと身体が冷えて大変辛いものだったが、
卒業式は大変立派なもので素晴らしかった。

ただ、私の中ではどこか納得できない、煮え切らないものが胸の中で渦まいていた。

原因はさっき渡された“感謝の手紙”である。

【10分で書いた】ものだから長文ではない。
一応は@中学卒業を迎えて「いままで有難うございました」などと書いてもある。

しかし、私にすれば地元の年輩の方と話す時に出る言葉で、そんなのは

【無理やりに言わなくてもいい、わざとらしいお世辞=カスじょんぎ】 である。

知人に「娘と春からは寮生活で、離れて暮らす」などと言うと

「そうですか。きっと娘さんも親の有難味を痛切に感じると思いますよ」と
おっしゃる方が多い。しかし、親の心子知らずで、投げやりな文章の中に
“自分ひとりでここまで来ました。これからも」などと読み取れる内容は
淋しくもはかないものだった。

などと愚痴をこぼしていたら、「そんなのウチばっかじゃなくてどこの家庭も、
一緒だわ。みんな自分ひとりでここまで生きてきましたって顔してるし、
そこから成長してゆくんだから」とカミサンになだめられました。
[PR]
by asobinin2006 | 2011-03-07 15:23 | 日々雑想 | Comments(0)
  

遊び人でないワーカーホリックの“遊び人の金さん”がお届けする
by asobinin2006
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
以前の記事
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
最新のコメント
> 松ちゃん 会話..
by asobinin2006 at 14:05
今晩は、その後ゆっくり思..
by 松ちゃん at 21:03
松ちゃん、いつもありがと..
by asobinin2006 at 09:27
久々にゆっくりお話をさせ..
by 松ちゃん at 20:02
松ちゃん。いつもありがと..
by asobinin2006 at 15:37
文豪金さん、日々忙しい中..
by 松ちゃん at 08:08
びんのかけら ファンから..
by びんのかけら ファン at 16:17
okiesさん。奇遇です..
by asobinin2006 at 13:25
金さん、名古屋にいたんで..
by okies at 08:43
上越市民になる前は、燕市..
by okies at 09:09
最新のトラックバック
コマクサ、シャクナゲ、レ..
from dezire_photo &..
日常を人々を描く風俗画に..
from dezire_photo &..
信越国境の秘峰
from dezire_photo &..
信越国境の秘峰
from dezire_photo &..
光と色彩の画家・エル・グ..
from dezire_photo &..
ハマナスふれあいセンター
from 温泉生活
山田旅館
from 温泉生活
水上館
from 温泉生活
ライフログ
検索
タグ
外部リンク
ファン
ブログジャンル
オヤジ
旅行・お出かけ