<   2011年 07月 ( 14 )   > この月の画像一覧
尾瀬 燧裏林道を歩く
御池(めいけ)着が11時。本来ならここから燧ケ岳に登りたかったが、
コースタイムで登り3時間、下りに3時間を考えると単独ならともかく、
親子ペアにはちょっとつらい時間になりそうだった。

昨日、予約した『温泉小屋』では
「1時半からチェックインできます。おそくても4時には到着してください。
5時から夕食です」。と言われていたし。

燧ケ岳登山は明日の予定にして、この日は「燧裏林道」を歩いて、宿のある
赤田代まで高山植物の写真を撮りながらゆっくり歩くことにした。

御池(めいけ)駐車場から木道を歩く。

f0149422_22304123.jpg


燧ケ岳への分岐は残念ながらパスしてまっすぐ進む事に。
f0149422_2231641.jpg


「姫田代」など大きさは尾瀬ヶ原ほどでないが湿原が我々を楽しませてくれる。

f0149422_22313813.jpg


ひと山越える感じで階段状の木道で高度を稼ぐ。
f0149422_22321459.jpg


まだこの頃は天気が良かった。燧ケ岳を身近に見るようになるが山頂部分に
雲がかかったり晴れたりの繰り返し。

f0149422_22325247.jpg


右手に『平ヶ岳』を遠望する。

f0149422_22331283.jpg


ほぼ平行の木道を黙々と歩くが、ポツンポツンと「田代」の案内板が顔をだす。
@わたすげもちょっと終わりかかって“耳かき”状態ではなくなってしまった。

f0149422_2233459.jpg


所々で沢を渡る。水の音がにぎやかな林道だ。

f0149422_22343755.jpg


「天神田代」まで1時間15分ほど。
燧ケ岳を見上げると雲が多くなって天候が悪化する予感がする。
f0149422_22351012.jpg

f0149422_22353265.jpg


「渋沢温泉小屋」への分岐点
f0149422_2236685.jpg


立派な「うらひうちばし」のたもとではグループが昼食をとりながら小休止していた。
細かなアップダウンがあるものの、御池方面からの歩きには楽なルートだったと思う。
f0149422_22363637.jpg


「御池までどのくらいかかるかな?」と聞かれたので
「こちらから御池方面は軽い登りになるので2時間はみておいた方がいいですよ」と
答えた。
f0149422_22373939.jpg


森の木々も林道出だしから変わってきたようだ。
見上げると木々が高い。

f0149422_2238758.jpg

f0149422_223902.jpg


「三条の滝」への分岐点

f0149422_22393673.jpg


「もう着く頃だろう」と思ってると人口建築物が目に入って来た。
f0149422_2240266.jpg


「無料休憩小屋」。その隣りには「元湯山荘」、そして今晩お世話になる『温泉小屋』
f0149422_22404182.jpg

f0149422_224171.jpg

御池からここまで2時間45分。8・3キロ歩いてきた。
f0149422_2242016.jpg

小屋の前には湿原が広がり、「尾瀬に来た」気分にさせてくれる。

f0149422_22413781.jpg

[PR]
by asobinin2006 | 2011-07-31 22:42 | 希望は高く!百名山への道 | Comments(0)
新潟県 魚沼から行く「尾瀬」
毎年、初夏のころに地元新聞「新潟日報」に載る広告で
魚沼から尾瀬へ船で行く 公共交通機関 という記事がある。
f0149422_1937332.jpg



これは新潟・群馬・福島県境に位置する「尾瀬」に新潟県側から入る
アプローチを紹介しているのだが、「尾瀬」と言えばどうしても
群馬県側から入るルートがポピュラーのような気がする。

交通規制があっても鳩待峠から下れば山の鼻に着く。

でも新潟県に住んでる以上は一度は訪れてみたいルートなので
夏休みに入った息子と出掛けることにした。

娘が中学の頃、一生懸命だった顧問の先生の指導で夏休みも(それ以外も)
部活三昧の日々だった。ところが息子の場合は大変@ゆるくて(笑)予定表は
休みが多い。週末もほぼ休みの状態。山に行く・・・と言えばすんなりと
許しをもらうことができた。

しかも「息子と山に行く」という理由は、単独ならダメ出しの私の親族も
渋々OKするという【伝家の宝刀】なのだ。

魚沼市観光協会 電話025-792-7300 で予約が必要となる。
詳しくはHPで参考にしてほしい。

私たちは上越新幹線 浦佐駅で車を停めてここからバスに乗ったが、小出ICから
も距離があるし、JRを使わないんであれば「大湯温泉」から乗ってもいいかも
しれない。

新潟県側のバスは越後交通の通常の乗り合いバスを使用する。
f0149422_19383175.jpg


奥只見シルバーラインという全長22キロ中18キロがトンネルの凸凹がきつい
道をガタガタと揺られながら進んでゆき、やがて「奥只見ダム」に到着する。
(あっちこっちのバス停に寄ってゆくので所要1時間15分ほど)
f0149422_19393578.jpg


ここから少々歩いて遊覧船乗り場まで行き、「奥只見遊覧船」に乗る。
バスを降りると「遊覧船乗り場」までのカート乗り場があって100円の乗車券を
購入してそれに乗らなくてはならないような雰囲気だった。
実に“上から目線”の係員が「早く乗れ&早く乗れ」と急かすが、青いノボリを目印に
階段を進んでいけばこんなカートに乗らずとも十分に歩いて行けるので注意!

f0149422_19435384.jpg

周囲の山々を観ながらの船は気持ちがいい。
遊覧船・・とあったので箱根 芦ノ湖のような船かとおもったら、小ぶりな
高速船のような船だった。
f0149422_19441144.jpg


ダムを出発してすぐ左側の山は『丸山』、春スキーのメッカ『奥只見丸山スキー場』が
この裏手にある。
f0149422_19461569.jpg


右手に「荒沢岳」が見えてきた。
f0149422_194821100.jpg


船が進むにつれ尾瀬の山『燧ケ岳』も見えてきた。
f0149422_1950310.jpg

「まもなく福島県側奥只見湖船付場です」とアナウンスがあったが、そこは
“メディテェリアン・ハーバー”のような華やかな場所ではなく、普通の船付場
だった。(所要40分)

f0149422_19504144.jpg


階段を登ると【会津バス】のドライバーさんが待っててくれる。
この日、奥只見ダムの船も福島県側のバスも私たち親子2人だけの貸切だった。
私たちのために船もバスも動かしてくださるのはなんだかもったいない。
f0149422_1951534.jpg


バスの運転手さんといろいろ話ししながらバスは進む。

f0149422_19523352.jpg

国道・・と呼ぶにはやや狭い352号線は最初はまっすぐにソバ畑などを観ながら
f0149422_19525691.jpg

進むが、やがてクネクネと蛇行しながら高度を上げてゆく。

f0149422_19535884.jpg

f0149422_19542197.jpg


「ずいぶん上まで来たようですね」と言うと
「船付き場から御池(めいけ)まで800mほど上がりますからね」と運ちゃん。

途中、『平ケ岳』登山道入り口や尾瀬の「小沢平入口」でも降車することが可能。

尾瀬の福島県側の玄関口「御池」(めいけ)まで一時間。
f0149422_19581060.jpg

左側は「国民宿舎」の建物

f0149422_1959953.jpg


我々親子はここで降りたが、この先の「沼山峠」(ぬまやまとうげ)までも予約制で
バスで行くことができる。座席に余裕があればその場でもOK。
(御池→沼山峠間20分)

新潟県側で予約、購入した「尾瀬魚沼ルート フリー切符」は
①JR浦佐駅~奥只見ダム間のバス乗車券
②ダム遊覧船→福島県側船付場までの乗車券
③会津バス 船付場~御池(めいけ)までのバス乗車券
④御池~沼山峠間のバス(この時は不使用)  を合計して大人3400円(片道)

時間も3時間半ほどかかるが、新潟から沼田まで高速、片品側から尾瀬に
入るより気持ちの持ちようが違うような気がする。

自然保護の観点からみれば「多少は時間がかかったほうが」保護される価値が
あるのだろう。

車で自身で運転してくるよりは公共交通機関を使った方が体もずいぶん楽だった。
[PR]
by asobinin2006 | 2011-07-30 14:05 | 希望は高く!百名山への道 | Comments(0)
日本海の夕日
7月19日は台風の影響で南風の吹く暑い日だった。
20日は37~8℃で今年一番の真夏日だった。

台風接近は困るが、風で空気中の浄化をするので通過後はいたって
空気が澄み、遠く景色を眺めるのは最高の状態になる。

19日の夕日は綺麗だった。

今年の「“夕日”オブ・ザ・イヤー」だったろう。

家の前のご主人もカメラで空の様子を収めていた。

残念ながら忙しかったので画像を残すことができなかったが、
22日の夕日もきれいだった。


海に行ってデジカメで撮影。

f0149422_1625934.jpg


ここには写っていないが、波打ち際を高校生のカップルが仲良く
手を“ちゅないで”歩いていた。

f0149422_16253861.jpg


青春だな~。と思った。

f0149422_1626574.jpg

[PR]
by asobinin2006 | 2011-07-26 16:26 | 日々雑想 | Comments(0)
新潟ラーメンとブッフェ式レストラン
娘の関係で新潟市内に出向くことが多くなった。
地理的な諸々や道路事情にある程度は知識があったつもりだが
行くたびごとに新しい発見があったりする。

「おお、こんなところにこんな店が。この道はここにつながってるのか」

などと学ぶことが多い。

我々が住んでる街に比べれば新潟市は“都会”である。東京の比ではないが
いろんなショップにレストランがあって興味をそそられる。

手軽に味わえるといえば【ラーメン】、新潟県にも様々な地域特色のある
ラーメンがあり、全国的にもかなりラーメンのレベルが高い地域だと思う。

雑誌を眺めては「今度ここのお店に行ってみようかな」などと思ったりする
のだが、正直『新潟では繁盛店のお店のラーメンが個人的には合わない』と
感じることが少なくない。

先日も某有名ラーメン店に行った。昼を少し過ぎた時間だったがほぼ満員の
店内。魚介系だしに細麺のそのラーメンはなんだか[焦げ臭い]においがして
残念ながら私好みではなかった。

前にサッカーを観に行った後のラーメン屋も満員の店内に「さぞ旨いラーメン
なんだろう」と期待を込めて箸をつけたのだがショッパイだけで二口~三口で
降参してしまった。

地域の違いによる嗜好の差なんだろうか?
それとも背油こてこての濃厚ラーメンを味わうのはいささか私が年を取りすぎた
結果なのだろうか?(←その可能性が大きいと思うが)よくわからない・・。

それと話しは違うが某大型ショッピングセンター一階のレストラン街に行った時、
あまり食欲もなかったが軽く食事しようとビュッフェ式のお店に入った。

ここはいつもウェイティングの長い列ができてるお店で「さぞ旨いものを
食べさせてもらえるのだろう」と淡い期待を込めて席に着いた。

だが、料理の品々を観て愕然「ただいま“イタリアンフェア”実施中です」と
大声で呼びこんでいる割には全然“イタリアン”でない品々。

「これなら【みかづき】の“イタリアン”の方がよかったのではないか?」と
娘と顔を見合わせた。

この内容&メニューでひとり1680円(税込)もするのか?ボッタクリではないか!

皆さんの表情を観てると「決して美味しいものを食べて満足している」ようには
見えないし、「あ~あ、はずれちゃったな~」と渋々会計を済ませて店を出ていく
ように見える。

もう二度と行かないだろう。
[PR]
by asobinin2006 | 2011-07-22 09:45 | 日々雑想 | Comments(0)
クールダウンの湯
サウナ好きだが、それほど長い時間入ってるわけでもなく、
あの水風呂が冷たすぎて、長々入ってるメタボ系なオジサンを尊敬する。

それより私が苦手なのは某スーパー銭湯等のサウナでお見受けする
“サウナで身体や顔に着いた汗を 
        
      シュルシュルシュル~~   と、手で払いのけるしぐさ

う~~~~、ガマの油のような汗が飛び散る&こっちの体に付くではないか~~。

そんなことはどうでもいいが今の時期はますます『かわらの湯』のファンになって
今回も登山の【クールダウン】に冷泉に浸かってきた。

サウナの温度計は90度くらいを指しているがなかなか強烈な暑さである。
じっと我慢したあとに汗を流してサウナ出入口横にある石造りの源泉槽に
飛び込む気持ちよさと言ったら何事にも表現しにくいほどである。

f0149422_1040279.jpg


そして露天の冷泉はほてった身体をさまし、最高のクールダウンである。


f0149422_10452237.jpg


気に入ってるもう一つの理由はここのマッサージ室。

“大陸”からお嫁に来た方が身体をほぐしてくれる。
暇なときはパソコンでジャッキー・チェンのDVDなどを観てる女性陣だが
施術は私と結構相性がいいのか、満足感が高い。

台風の影響か昨日は暑かった。車の温度計は37℃~38℃を行き来していた。

また涼みの行きたく経なってきた~。
        
      
[PR]
by asobinin2006 | 2011-07-21 10:40 | 硫黄臭の誘い(いざない) | Comments(0)
戸隠蕎麦処 『よつかど』
黒姫から下ってきて蕎麦を食べようと思った。

先週行った中社からやや下った場所にある蕎麦店あたりを目指す。
時刻も2時を過ぎていたのであいてる店を探す。

白馬方面に曲がる交差点の角に立つ そば処『よつかど』に立ち寄った。

f0149422_22475119.jpg


f0149422_22542588.jpg


大ざるを注文、しばし今日の山行を振り返りながら待つ

出された大ざるはやや水切りが残っていてビチョビチョしている。
もうちょっとキリッとしめた方が好みかな。

f0149422_22505951.jpg


f0149422_2251288.jpg


f0149422_22522454.jpg


お値段は780円と良心的だが、
f0149422_22515798.jpg


お味の方は@う~~ん・・・
[PR]
by asobinin2006 | 2011-07-19 22:48 | 新・そば街道を行く | Comments(0)
「なでしこ優勝」に歓喜する
6月最終の月曜日、いつものように“月曜日の男”N氏がカウンターの
14インチのテレビでBS【吉田類の酒場放浪記】を観ていた。
22時で番組終了、ほどなく他の局にチャンネンを変えてるとNHK-BSで
女子サッカーをやっていた。
なんとドイツで開催されてる女子W杯ということで、お恥ずかしい話だが
開催されているのも、今晩に日本の試合があるのも正直知らなかったのだ。
(でもそんな方も多かったのではないだろうか?)

試合は初戦といういことで硬さもあり宮間のFKで勝利したが、ファイナル
までくるとは夢にも思わなかった。

先の男子アジア杯優勝の時のように技術的に高く、試合を追うごとにチーム
のまとまりも出て、日替わりのヒーローが勝利を決める活躍をする戦い方は
今回の女子W杯でも見受けられた。

変わって出場して結果を出したドイツ戦の丸山選手、スウェーデン戦の川澄選
手の活躍は本当に素晴らしかったですね。もちろんDFやMFの選手も堂々とした
戦いで優勝に値する活躍でした。

それにしてもこの「なでしこジャパン」の核は澤選手ではないでしょうか?

彼女のパスミスからピンチになり、彼女のパスからシュートが生まれる。
そして彼女自身もメキシコ戦のハットトリックを含む計5得点で得点王と
獅子奮迅の大活躍でした。

逆に永里選手にとっては辛いW杯だったかもしれません。
ドイツ戦で途中交代して切れてしまったのかなぁ?
佐々木監督もその後の試合でも途中出場させ、気配りをしていましたが、
ちょっと地元意識が強すぎて、力が入りすぎたのでしょうか?

地元新潟からの2選手出ていたり、「結構、女子も海外で活躍してる選手が
多いんだな」と再認識させられました。

連休中だったこともあって決勝戦はわずかな睡眠で目覚ましをかけて起きて
応援しましたが、LIVEであの感激を味わえて幸せでした。

このなでしこの優勝はを自分の仕事への大きな励みになると思います。
[PR]
by asobinin2006 | 2011-07-18 14:28 | 日々雑想 | Comments(0)
黒姫山  ~下り編~
山頂まで約3時間。雲が多くて周囲の山々を眺めることが出来ずに
残念ではあるがなかなか登り甲斐のあるいい山だった。

狭い山頂では先行した男性2人組と男女親子2人組が休んでいた。
表登山道から4時間半かけて登った親子は@キツカッタ~と話して
いた。尾根道を振り返る。

f0149422_1275642.jpg


例の学生連中はまだ現れる気配がなかったが、やがて占領されるであろう
この地に120人×2団体=240人も集合すると思うと・・・。
それまでは休んでられる。と皆が考えていたようだ。

雲が流れて少しづつ周りも見え始めてきた。

f0149422_1282664.jpg

f0149422_1285087.jpg

f0149422_1291054.jpg

「山は朝から昼まで」というが今日は午後からの方が展望が広がるようだ。

やがて元気のいい声が尾根づたいに聞こえてくる。
彼らの到着を待って下山の準備を始める。

黒姫山の中心は「御巣鷹山」という山、しかし標高は外輪の方が高いので
山頂碑は外輪にある一風変わった山だ。
登りの時、その姿を見ることができなかったが、下りでは見えた。

f0149422_1294868.jpg


それと出発から山頂まで常に笹に囲まれた【笹の山】であった。

やがて戸隠も横から

f0149422_12101290.jpg


高妻山も見えてきた。険しそうな山である。

f0149422_12103782.jpg

f0149422_12111015.jpg

午後から天気が良くなって少し悔しい。ここからどんなふうに山々が
見えるのか興味があった。

f0149422_12114347.jpg


山道の下りが終わり林道歩きに出る。
f0149422_12122273.jpg

気温も上昇を感じながらダラダラと砂利道を歩く。

花の写真を何枚か撮りながら進む。

f0149422_12124550.jpg


f0149422_12133016.jpg

f0149422_1214261.jpg



f0149422_12145055.jpg

f0149422_1215202.jpg

f0149422_12154469.jpg

駐車場まで2時間。いつも眺めていた山を登れた達成感があった。
[PR]
by asobinin2006 | 2011-07-17 12:15 | 希望は高く!百名山への道 | Comments(0)
黒姫山  ~上り編~
実は去年のちょうど今頃、黒姫山登山に出かけた。
よく晴れた日で、頂上からの展望もさぞ見事だろうと心ふるわせて
登山道を歩き出したのだがどうも体調がイマイチ。

しかも来るときに高速の出口を間違えたり、道をロスしたりで初っ端
からこの日は不運だったのだろう。

結局、この日は残念ながらリタイヤ。
蕎麦だけ食って帰ってくるという何ともミジメな日だった。

ということで今回は「リベンジ」である。

大橋林道から入ろうと車を停めると何と大型観光バスが3台!

「あらっ、これはまた学校登山と鉢合わせか?」とちょっとブルーになって
しまった。

f0149422_22294633.jpg

f0149422_2230761.jpg

f0149422_22302833.jpg


団体が林道半ばで休憩中に担当教諭とおぼしき方としばし談笑。
240人が2つに分かれて120人、大橋林道と小泉登山口に
両側から山頂を目指すという。黒姫のホテルに滞在する林間学校で
今日は登山、明日はカヌーなどのアウトドアスポーツを楽しむらしい。

自分のペースで登るにはこうした団体さんはちょっと苦手なので
「先行させてゆっくり行こうかな?」などと弱気なことを考えたりしたが
Tシャツ+ジーパン+スニーカーの若者よりはいくらか早いだろうと、
先を急ぐことにした。


林道から登山道に入る。この辺りはまだ緩やかな登り。虫もアブも蜂も
ハエもにぎやかに飛び回っているが、雲が多くて上部は見えない。

f0149422_2233833.jpg

f0149422_22333737.jpg

f0149422_2234151.jpg


この辺りは『竹細工の里』という名もある通り、「根曲り竹」が群生
していて、細かな竹の根が靴にからまって少々歩きにくい。
ザレた道や岩のゴロゴロした道、水っけの多いグチョグチョの道も
歩きにくいが別のストレスを感じながら歩いていた。

一時間ほどで古池方面から合流する新道分岐に到着する。
f0149422_22342845.jpg

小休憩しながら後方からの声で大体の距離を測ると思いのほか差が
ついてるようだ。

男性2名にパスされて、やや初めよりは角度が増した登山道を
歩き続ける。空が見えてきて尾根に出るのかな?的な印象を持ちながら
おおよそ3つほどの山を乗り越える感じだった。
f0149422_2235030.jpg

岩と竹と急な道でちょっと疲れたが、雲が多い分、日光による気温上昇は
さけられているので体力的には助かっているのだろう。
f0149422_22354022.jpg

新道分岐から「しなの木」~「しらたま平」まで1時間半。
ようやく尾根に出て、吹き上げの冷気に涼を得て、笹野原のなかにも
高い木々が多くなってきたのを感じる。

f0149422_2236753.jpg

f0149422_22363916.jpg

f0149422_223701.jpg

f0149422_22372211.jpg

f0149422_22373986.jpg


細かいアップダウンを繰り返し、「峰の大池」に下る道との分岐に
差し掛かると、雲の間から山頂が見えてきた。
f0149422_2238187.jpg

f0149422_22382557.jpg


流れる雲の間から時折、青空も見えるようになり、大きな石を喘ぎながら
登ると想像よりもかなり狭い山頂がそこにあった。

f0149422_2238503.jpg

f0149422_2241425.jpg

[PR]
by asobinin2006 | 2011-07-15 23:42 | 希望は高く!百名山への道 | Comments(0)
2011年 夏頒布会 厳選の日本酒
私どもの店舗で古くからお付き合いさせていただいております
地元の酒蔵 『頸城酒造』さん(くびきしゅぞう)


通常、日本酒・・といえば頸城酒造様の『久比岐』(くびき)を
提供しておりますし、他にも『越路の紅梅』(こしじのこうばい)や
純米酒『三階節』(さんがいぶし)といった秀品も取り揃えております。

その頸城酒造さんが今年の夏の頒布会に発売するお酒を飲ませていただきました。

頒布(はんぷ)とは広く知っていただくための企画で、この時期限定の逸品ばかり
を7月、8月、9月と三か月続けて提供するものです。

今月7月は「越路の紅梅 雪中貯蔵純吟生」

f0149422_22441474.jpg

雪中貯蔵とはビン詰した日本酒を雪の中でしばらく寝かせることで
さらに味がまろやかになるというものです。

8月は大吟醸原酒

9月は純米生原酒ひやおろしと続きます。


f0149422_22443634.jpg

3か月続けての購入で9000円です。
特製グラスもついてますので、興味のある方、是非飲んでみたいと思われる
方は頸城酒造さん ℡025-536-2329までお問い合わせください。
[PR]
by asobinin2006 | 2011-07-14 22:44 | 日々雑想 | Comments(0)
  

遊び人でないワーカーホリックの“遊び人の金さん”がお届けする
by asobinin2006
プロフィールを見る
画像一覧
以前の記事
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
最新のコメント
> 松ちゃん 会話..
by asobinin2006 at 14:05
今晩は、その後ゆっくり思..
by 松ちゃん at 21:03
松ちゃん、いつもありがと..
by asobinin2006 at 09:27
久々にゆっくりお話をさせ..
by 松ちゃん at 20:02
松ちゃん。いつもありがと..
by asobinin2006 at 15:37
文豪金さん、日々忙しい中..
by 松ちゃん at 08:08
びんのかけら ファンから..
by びんのかけら ファン at 16:17
okiesさん。奇遇です..
by asobinin2006 at 13:25
金さん、名古屋にいたんで..
by okies at 08:43
上越市民になる前は、燕市..
by okies at 09:09
最新のトラックバック
コマクサ、シャクナゲ、レ..
from dezire_photo &..
日常を人々を描く風俗画に..
from dezire_photo &..
信越国境の秘峰
from dezire_photo &..
信越国境の秘峰
from dezire_photo &..
光と色彩の画家・エル・グ..
from dezire_photo &..
ハマナスふれあいセンター
from 温泉生活
山田旅館
from 温泉生活
水上館
from 温泉生活
ライフログ
検索
外部リンク
ファン
ブログジャンル
オヤジ
旅行・お出かけ