<   2011年 12月 ( 7 )   > この月の画像一覧
暮れの元気なご挨拶
大晦日である。一年の経過は何と早いものかと思うとつくづく実感する。
ところがまだ仕事中で、よく働いたと自画自賛したい。

「いろいろあった年だったなぁ~」

昨夜も日付が変わった頃にあかりを消しながらふっと脳裏をよぎった。

先週からのパソコンは一日かがりでなんとか動けるようになって今でも
だましだまし状態で使っている。

〇マダ電気の「安心長期保証」に入っているからといっても、持込み修理を
お願いして年末年始だからと結構待たされて、中のデータも消されて戻って
来るのが目に見えているので、それだけは回避したかった。

ところがパソコンにとどまらず電子レンジも煙を出してオーバーヒートしたり、
テレビも地上波がまったく映らなくなったりとアクシデントが続出した。

結局レンジは買い替え、テレビは電気屋さんにアンテナ修理をお願いして
なんとか年の瀬を迎えたのである。

12月は忙しかった~。

けれど途中からお店の常連のメグちゃんから

“ウチの娘、アルバイトに使ってくんない?”と頼まれた御嬢さんが思いのほか
(といっては失礼だが)テキパキと仕事をこなす娘さんなので大変助かった。

年末の多忙期をなんとか乗り越えてホッとしているし、いろんな「ご縁」を、
人との「絆」を感じながら過ごした一年だった。

人間、歳をとるとあまり高望みせず、現状意地で十分だと思うようになった。
今更ながら「休みがどうだの」望んでみてもなんら改善されるわけでもない
のはわかりきっているので、自らが健康に気を付けて日々暮らしていくしか
ないのである。

でもたくさんの人たちに支えられて、応援、手助けしていただいた一年に
感謝したい。

「来年はどんな年に」と一年をくくるよりは「一日」を大事に過ごして行きたい。

今年もありがとうございました。

来年もよろしくお願いいたします。
[PR]
by asobinin2006 | 2011-12-31 16:39 | 日々雑想 | Comments(0)
We wish your Very Merry Christomas
今朝、目覚めてカーテンを開けて外をみると雪が降っていた。
深夜は降っていなかったので朝方から降りだしたのだろう。

テレビの天気予報でも「冬型の気圧配置、北日本に激しい冷え込み、
山沿いを中心にまとまった降雪、クリスマス寒波到来」などと聞かれる
ような時期になった。

積もった雪は5センチほど、積もる雪ではなさそうだが、今年初の除雪機を
出そうか悩んでいたところAM10時頃から晴れ間がのぞき、あれよあれよ
と言う間に溶けてしまったので安心した。
去年は大雪で、「雪と格闘」した思い出が鮮明なので、あわよくば今年は
なるべく回避したいものである。


「去年のイブって覚えてます?」

とデザート用の白玉を作りながらスタッフのあゆみちゃんが言ってきた。

「去年のイブって・・・?なんかあったっけ?」

「ほら、野球部のみんなが来た時にみんな酔っぱらって、中でも“住職”が
 悪酔いして最後に冷麺食べた後にその器に、〇〇もどしちゃったんですよ」

「ああ、そんなことあったっけ!」と思いだした。

グリーンシーズンを中心に週末、野球をするやつらがいるのだが、独身も
いれば所帯持ちもいる中で結構頻繁に酒を飲みに来る。
イブという一年に一回の記念すべき日もやつらは男だけでたくさんの酒を
あおり、特に僧侶でもないのだがルックスが僧侶に似てるので、我々から
“住職”と呼ばれているf君がマッコリを飲みすぎて嘔吐した日から、
もう一年も過ぎてしまったかと思うと時間の経過は早い。

実は今週頭から事務所で使っているパソコンの調子が悪い。
木曜日から本格的に動かなくなってしまった。
日頃パソコンでお世話になっている人に修理をお願いしたのだが「無理だ」と
戻ってきてしまった。

ああ、店のデータもデジカメの画像ファイルも入っているのに・・・

ちょっと悲しいクリスマスになってしまった。

皆さんのところは明るく素敵なクリスマスが過ごされますように。
[PR]
by asobinin2006 | 2011-12-24 18:15 | 日々雑想 | Comments(0)
アメトーーーク『不動前芸人』
木曜・夜のお楽しみ『アメトーーーク』
先週の放送は【不動前芸人】と聞き、「これは見逃せない!」と
ビデオ予約を怠らなかった。

実は東京で生活していた時代、3回の引っ越しをして、一番最後に住んだのが西五反田、
最寄りの駅が東急目黒線『不動前』だったのである。
番組でも紹介していたが、目黒、五反田、武蔵小山の三角形に囲まれたバミューダ・
トライアングルのようなロケーションである。

もちろん住んでいたのはかなり前のことなので、今とはかなり街の
様子も変わっていると思われるが、ついつい懐かしさが込み上げてきた。

確か大田区の不動産屋さんの紹介で入った物件で、かなり狭いワンルーム、
飛び切り私の部屋は日当たりが良くなかった。それでも給料の半分くらいの
家賃を払わなければならなかったので正直、生活は苦しかった記憶がある。

ここに引っ越しをした後、会社の総務部に住所変更をした際に、アパートの
名前を見た女子社員みんなに笑われたあのワンルーム。
地図を見てみるといまだ健在のようだ。

ちょっと自転車をこげば「戸越銀座」「武蔵小山商店街」まで行けたし。買い物には
困らない場所だった
ここへ引っ越すのを手伝ってくれた友人の佳世ちゃんは一丁目に住んでいて、歩けば
5分とかからない距離だったと思うが、「じゃ~ご近所になったんだからよろしくね。
またね!」と手を振って別れてから会えずじまい。あれが「今生の別れ」になってしまった。
世の中案外そんなもんかもしれない。
近くにいれば会えるというわけではない。

目黒から東急線に乗るよりも五反田に出る方が多かったので、あまり「不動前」に
駅を利用したことが少なかったかな。
それでも番組で映ってた駅の画像は明らかに昔しと違っていたのは当然か。
一番覚えているのは、駅前のビルにビデオショップがあり、お年の割には上品な
女性が対応してくれた店かな?


雨の日は桐ケ谷斎場(きりがやさいじょ)前からバスに乗って五反田に出るか、
晴れていれば自転車でTOC(東京卸売センター)脇を下って、桜田通りを駅に
向かっていったと思う。

夕食も五反田駅周辺で食べることが多かった。
商店街の裏路地に@定食屋があり、ボソボソとわびしくひとりで済ませていた。

「東京時代はなぜ女性に縁がなかったのだろう?」と疑問に思う。
あれだけの人がいて、出会いの機会も多かったと思うのだが、妙に男だらけの
淋しい記憶ばかりである。笑

『不動前芸人』はプレゼンにケンドー小林、フットボールアワー後藤、博多大吉、
天津、なかやまきんに君、アジアン隅田らが出演。
昔住んでいて、思い入れのある私には興味のある“くくり”だったが、番組の内容的には
いまひとつ盛り上がりにかけたのではないだろうか?

ケンコバ、大吉さん、後藤のしゃべりはいいとしても、他の出演者がちょっと・・・・
それでも個人的には楽しめた内容でした。

「不動前」・・・何の因果かこの街の住んでいたけど、仕事も忙しかったのでホントに
@寝に帰るzzzといった場所でしかなかった。
住んでた周辺にも小さな町工場がたくさんあったし、ちょっと下町チックな空気が
してた街だった。

終盤はスクーターに乗っていたので、自由ヶ丘とか渋谷へも遊びに行ける距離なのは
有難かった。「白金」通って「麻布~六本木」あたりまで行ってたっけ。
東京は車が混んでいたけれど、スクーターなら小回りが利いて便利だった。

『アメトーーク』つながりで、思いもかけない“東京時代終期”がよみがえってきました。
[PR]
by asobinin2006 | 2011-12-14 18:09 | 日々雑想 | Comments(0)
クロネコヤマトのウォークスルー缶
先日、荷物を送りにヤマト運輸のセンターに行った。

カードをかざし、送り状をプリントアウトしてると【キャンペーン】の
表示が出てスロットが回りだした。

【ストップ】のボタンを押すと【当たり!】が出た。

クールな表情で渡された商品がこれ↓

f0149422_10413458.jpg



なかなか立派なパッケージである。

開けてみるとヤマトの集配車の缶が入っている。

f0149422_1042652.jpg

中身はお菓子らしい。
このようなステンレスの缶のお菓子が入ってる様子は森永チョコボールの
「おもちゃの缶詰」を思い出される。

ワクワクしながら缶を開ける。
f0149422_10425799.jpg

「中身は期待しないで」と言われたが、確かにギッシリと詰まった感はない。

まあ、それでももらったものだから有難く頂戴しておこう。
子供がまだ小さかったら喜びそうだな。
でも今は見向きもしなくなったが・・・
[PR]
by asobinin2006 | 2011-12-13 10:43 | 日々雑想 | Comments(2)
冬の足音
「3回目の雪は里まで下りてくるよ」

昔から聞いている言い伝えで、山々が白く冠雪をいただいても平野部の
待ちに雪が降るのは三回目がようやく・・という定説です。

今年はその定説通りに【雪】が積もるほど大袈裟ではなかったけど、
朝起きたら白く雪景色に変わっていました。

時間の経過とともにすぐ溶けてしまいましたし、車の運転に支障がでる
ほどではなかったけれど、道路の消雪パイプからは勢いよく水が出て、
「冬の光景」を演出していました。


f0149422_1252574.jpg


f0149422_12531942.jpg

昔しは道路中央分離帯に合ったパイプですが、拡張工事が終わってから
道の沿道にひかれるようになりました。
確かにブルで道路の雪は両側によけますし、その雪を溶かすためには
沿道から水が出ていた方が効率的かもしれません。

でも私は「中央派」、なんだが端っこから水が出てるのに違和感があります。
[PR]
by asobinin2006 | 2011-12-12 12:50 | 日々雑想 | Comments(0)
山下達郎 performance 2011-2012~新潟県民会館~
ツアースケジュールを見ると新潟でのライブは木金曜のツーディズ、
「ちょっと無理かな?」とあきらめてたところ、仕事の都合で木曜の
夜に空きが出来、足を運ぶことができました。

f0149422_12254552.jpg


達郎氏のライブは3年連続ですが、2年前は2月、体調が悪くて完全燃焼
出来なかった感がありました。

去年は2階席、〇□子デラックスな女性がモゾモゾとバックの中で・・・

今年は席も前方でお隣の女性のノリもよく、ステージ上の“ゴジラ”も
よく見える距離でした。
ライブでは達郎氏なめで後ろのギターの佐橋氏のプレイも堪能でき、
3年連続の中では一番いい印象を受けました。

6時半すぎに始まったコンサートはスタートの「big wave」からラストの
「your eyes」まで、コンサート終了してグッズ売り場を冷かして、トイレに
寄って外に出ると時計は22時を指していました。

3年連続・・となると「ライブでおなじみの楽曲」という曲も出てきます。
それはそれで結構なんですが、ちょっとコアな曲も聞いてみたい気がします。
達郎氏の曲にはシングルカットされた曲以外にも名曲がたくさんありますし。

番組やcm、映画でのタイアップ曲が多いので耳慣れた曲も多いと思います。

MCもさすがに3年続くとやや同じような内容も多くなってきますが(笑)、
今年の大震災に関する刹那な気持ちを聞いて、バラードを聞くと涙が止まり
ませんでした。

この日のコンサートで達郎氏が一番突っ込んだのは

「さよなら夏の日」の冒頭部分でステージ前方に座っていたご夫婦が席を
立って帰られたことでした。
何か理由(時間的、所用的)がおありでしょうがずいぶん気にかかった
様子でした。

この日は気温も低く、冷たい雨が降っていました。
会場を出て駐車場まで歩いていくとみぞれ交じりの雪に代わってきました。

「雨は夜更けすぎに 雪へと変わるだろう・・・」とあの名曲のフレーズそのまま
の光景でしたが、今回は12月のクリスマスシーズンまっただ中に、あの名曲
を生で聞けるのは最高でした。

なかなか忙しく、自分の時間が持てない苛立たしさを感じながら、突然の
「ご褒美」のようなライブ参戦でしたが、人間生きていれば喜怒哀楽を感じる
のは当然で、「なるべくフラットに冷静に生きよう」といい聞かせてる自分の心に、
「自然体」を取り戻してくれたようなライブでした。

帰りの車のFMラジオからは命日にちなんで「ジョン・レノン特集」が流れていました。
今まで何回を数えきれないほど聞いたはずの【イマジン】が、妙にこの夜は
こころに沁みわたりました。
[PR]
by asobinin2006 | 2011-12-11 12:25 | Comments(0)
師走
「12月に入ったら毎日ブログ更新。少ない時間でもそれくらいできるのでは?」
と思っていたものの次から次へと減らない仕事と増える雑用、あれもこれも気に
なれば手を付けないわけにはいかず、気づけば時間だけが経過してしまってる。
休みもしばらく望めないし、気がかりだが更新がおろそかになってしまった。

@忘年会も今週と来週がピーク、そして仕事納めと年末にもうひと山来て今年も
終了となる。

まだ早いかもしれないが“今年を振り返ってみれば”やはり3月の震災は多方面に
渡って大きかったと思う。

未曾有の大地震が日本に与えた影響は図りしれぬ、この後も復興に時間がかかり
そうである。
被災された方々に微力ながら何かできないかと思えどわずかながらの義援金でしか
お役に立てずじまいである。

正直な話し、震災後は一斉に「自粛ムード」が広がり、直後はキャンセル&キャンセル
で切ない日が続いた。

夏も「節電モード」で人の動きがいまいち鈍かったような気がした。

残暑あけて秋の気配が漂う頃から爆発的に忙しくなった。
年には勝てず、労働時間も長ければ疲労も濃くなった。

それと多忙であればろくに食事もとらずにいるわけで、以前なら数キロ体重が落ちた
ものだが、新陳代謝が落ちた今では何ら変わり映えしないのはちょっと残念。笑

ともあれ、今年も残すところあとわずか。

一年を振り返って未湯の温泉、未踏の山々など未練はあれどカレンダーは後戻り
できないし、来年以降の課題である。(いつもそう書いてるような気がするが)

健康に留意し、残り少なくなった日々を大切にすごし、来年の楽しみを考えることに
しよう。
[PR]
by asobinin2006 | 2011-12-07 16:22 | 日々雑想 | Comments(0)
  

遊び人でないワーカーホリックの“遊び人の金さん”がお届けする
by asobinin2006
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
以前の記事
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
最新のコメント
> 松ちゃん 会話..
by asobinin2006 at 14:05
今晩は、その後ゆっくり思..
by 松ちゃん at 21:03
松ちゃん、いつもありがと..
by asobinin2006 at 09:27
久々にゆっくりお話をさせ..
by 松ちゃん at 20:02
松ちゃん。いつもありがと..
by asobinin2006 at 15:37
文豪金さん、日々忙しい中..
by 松ちゃん at 08:08
びんのかけら ファンから..
by びんのかけら ファン at 16:17
okiesさん。奇遇です..
by asobinin2006 at 13:25
金さん、名古屋にいたんで..
by okies at 08:43
上越市民になる前は、燕市..
by okies at 09:09
最新のトラックバック
コマクサ、シャクナゲ、レ..
from dezire_photo &..
日常を人々を描く風俗画に..
from dezire_photo &..
信越国境の秘峰
from dezire_photo &..
信越国境の秘峰
from dezire_photo &..
光と色彩の画家・エル・グ..
from dezire_photo &..
ハマナスふれあいセンター
from 温泉生活
山田旅館
from 温泉生活
水上館
from 温泉生活
ライフログ
検索
外部リンク
ファン
ブログジャンル
オヤジ
旅行・お出かけ