<   2012年 02月 ( 9 )   > この月の画像一覧
京都 八坂神社から清水寺へ散策
友人の五十嵐君は学生時代テニスをやっていて、当時から彼のことを
『選手』と呼ぶ。時々店にも顔を出してくれるので、そのたびに

「ねぇ、選手。今度〇〇方面に行こうと思っているんだけど・・」と振ると
彼もなかなか旅行好きで時折家族でいろいろ出かけるらしく

「おおっ、あそこスゲェ~いいよなぁ。」などと話しを膨らませてくれる。
観光地にとどまらず、山に温泉にと共通の話題を持てるのはうれしいものだ。

「選手。今度、京都に行くんだ」と話したら

「お前、京都だったら朝の「ねねのみち」から二年坂~産寧坂の雰囲気、
すげぇ~いいぞ」と教えてくれた。

前に京都に行った時は「哲学の道」もよかったけれど、今回は五十嵐選手の
リクエストで歩いてみる。

宿からタクシーに乗り、八坂神社前で降ろしてもらう。

f0149422_15515359.jpg


お参りをして高台寺脇を通り、まだちょっと寒い、澄んだ空気が心地いい
京都を歩く。
f0149422_1552191.jpg


f0149422_15525063.jpg

二年坂からお土産屋さんが多くなるし、カミサン、子供たちはあちこちのぞいて
忙しそう。
f0149422_15531023.jpg

私はあまり買い物には興味がないのでひとりで周辺のそぞろ歩きを楽しんだ。

高台寺から霊山観音、京都霊山護国神社では坂本龍馬と中岡慎太郎のお墓が
ある。京の街並みを見下ろすような場所で幕末の動乱期を駆け抜けた両氏を参る。
f0149422_162191.jpg


f0149422_1624614.jpg


f0149422_1642747.jpg


f0149422_1645877.jpg

産寧坂周辺では【舞妓さんの着付け、お化粧をしてくれるスタジオ】が多いらしく、
その手の舞妓さんもどきがたくさんいた。
中には舞妓さんというよりも義太夫のような立派な体格の方もいらっしゃる。
そんな“義太夫 舞妓さん”にも時折カメラを向ける律儀な観光客も存在して
満足気にフレームにおさまる“義太夫 舞妓さん”が大変ほほ笑ましかった。

八坂の塔を見ながら写真を撮る。
f0149422_1661288.jpg


f0149422_1665475.jpg


f0149422_16111039.jpg


家族は買い物に夢中のようだ。

f0149422_1673384.jpg

[PR]
by asobinin2006 | 2012-02-29 15:55 | 日々雑想 | Comments(2)
京都 『花伝』 ~食事編~
食事は夕・朝共に宿泊した部屋でいただいた。
テーブルに春を思わせる品々が並んだ。

ひな人形をあしらった前菜
f0149422_12512185.jpg


豆乳豆腐
f0149422_12514842.jpg


お造りは鯛、鮪、うにの湯葉巻
f0149422_12521670.jpg


黒毛和牛のコロステーキ
f0149422_12523523.jpg


焼き物 サーモンなたね焼きと帆立貝の柚子庵焼き
f0149422_1253159.jpg


炊き合わせ 飯蛸 長芋 蕗 筍
f0149422_12532076.jpg


揚げ物  若鮎 タラの芽 湯葉 などを塩でいただきます

f0149422_12534656.jpg

お椀 白魚 よもぎしんじょう
f0149422_1254989.jpg

食事のあとの水菓子はいちごとメロンでした

f0149422_12553369.jpg


夜のデザートとしてMKタクシーの木下さんからいただいた
みたまやの黒みつだんごをいただきました。

f0149422_12572887.jpg


翌朝の朝食もお部屋でいただきますが、布団を上げに来て、まだ埃っぽい部屋で
テーブルの上に並べるのは?と思いましたので、寒かったけど窓を開けて換気を
してしばらく待ちました。

夕食に比べると明らかに質素な朝食で残念でした。


f0149422_15293587.jpg


f0149422_1530155.jpg

苦言ですが、修学旅行生にパートのおばちゃんが作ってくれたようなメニューで
最近は夕食よりも朝食の方が豪華だった宿が多かったものだからちょっと拍子抜け。
たったこれだけです。笑

建物やお風呂などハード面では立派なものでしたが、食事処が無いのか?
他の空いてるお部屋を使っても食事が別の場所が良かったと思います。
夕食の臭いが部屋に充満し、衣服にもうつってしまいました。

料金は大人19950円+消費税、「ワンドリンク付き」という事でしたが、請求書には
きちんと飲み物代も請求されていました。
京都という観光地のネームバリューもあるでしょうけど「何かともうちょっとほしかった」
宿でした。
[PR]
by asobinin2006 | 2012-02-27 15:35 | 日々雑想 | Comments(0)
京都の宿 『花伝』
京都のような観光地は「どこを見て回るか?」という視点で宿泊場所やスタイルが
変わってくると思います。
今は昔しの民家をリノベーションした「町家風」が人気のようですし、場所も駅前から
市内、嵐山から大原など様々です。
ホテルやB&Bに宿泊して、外のレストランや飲食店に食事に行くのも一考ですが、
「京懐石を堪能してゆっくり風呂に入って・・・」などと考えると和風旅館に落ち着きました。

中京区六角通は京都のほぼ中央で、錦市場や新京極通などを歩くにも近くて便利でした。
自分も修学旅行の時「どこに泊まったのか?」などと覚えてはいませんが、新京極を
歩いていて「前に来たことあったっけ?」とおぼろげながら記憶がよみがえってきました。

本格京懐石『花伝』(かでん)は旅庵『花月』(かづき)グループの高級志向な宿らしく、
近くに京料理『にしむら』というお店もあります。

『花月』はちょっとリーズナブルに、修学旅行生も宿泊するようです。

宿泊した『花伝』は『花月』の建物の裏手にあり、玄関に続くアプローチはちょっと
しゃれた感じにまとまっています。
f0149422_14335442.jpg

f0149422_14341632.jpg

f0149422_14344054.jpg

f0149422_1435279.jpg

左に能舞台を見て、のれんをくぐりました。
f0149422_14352480.jpg

館内で『花月』とつながっているのでしょう。フロントも留守がちでボタンを押せば、いくつかの
ドアをへだてた『花月』から走ってきます。

荷物を置いて近くを散歩することにしました。
f0149422_1436490.jpg

錦市場もちょっとシャッターが下りてる店が多いような気がしました。
f0149422_14363013.jpg

f0149422_14365334.jpg

息子が同級生に「八ツ橋」を買っていくというので、寺町通りや新京極通を歩きました。

f0149422_1437192.jpg


夕方の息子との散歩は色々話しをしながら新鮮な喜びでした。
[PR]
by asobinin2006 | 2012-02-24 14:16 | 日々雑想 | Comments(0)
京都の思い出~お土産編~
ちょっと前のことで恐縮だが、まだ去年の家族での関西旅行が「完」に
なっていないのでシリーズで書かせていただく。

まずはお土産編。
私はあまり旅先でも土産品を買わない。「思い出が最大の土産」だと自負
しているが、反面カミサンは職場の仲間や隣り近所、親族に留守を任せた
うちのスタッフへと買いまくる。

そんな中、以前私が島根県松江に旅したとき、そこの和菓子屋さんで買った
お菓子にうちの母がえらく感激したことがあった。
それ以来、母にはその土地の銘菓を土産にしていくのが恒例となった。

訪れたのは『末富』さん。京都のデパートなどにも出店している歴史ある
名店だ。店内に入るときりっとした空気が伝わってきそうだ。
f0149422_22112080.jpg


店の方と相談して何種類かのお菓子を購入した。
f0149422_22114271.jpg

娘が大好きな「千枚漬け」。修学旅行の時にも大事そうに買ってきたっけ。笑

「千枚漬け」の大御所『大藤』(だいとう)さんに行きました。
f0149422_2212931.jpg

店内には「千枚漬け」に限らず、たくさんの種類の漬物が並んでいます。
f0149422_22123672.jpg

お店の中央のテーブルには試食コーナーもあって食することも可能です。
f0149422_2212573.jpg

お店の外には蕪の皮が置かれていました。
f0149422_22132758.jpg

おかきのお店『蕪村庵』さんも素敵なお店でした。
f0149422_22135713.jpg

おかきの詰め合わせを買いました。
f0149422_22142771.jpg

清水寺周辺には修学旅行も一般観光客もたくさんいます。
したがって土産屋さんもたくさん軒を並べています。

産寧坂の土産店『おちゃのこさいさい』さんで「舞妓はんひぃ~ひぃ~」を
買いました。いわゆる“食べるラー油”ですが、大手メーカー製造のそれよりも
かなり辛い商品でした。
f0149422_22145236.jpg

この通りでは「ちりめん山椒」「阿闍梨餅」も買いました。
f0149422_22151690.jpg

f0149422_13434565.jpg

[PR]
by asobinin2006 | 2012-02-23 22:15 | 日々雑想 | Comments(0)
大雪に想う
ブログ更新を長く怠ってしまったが「すべては雪のせい」とご理解願いたい。

なにせ朝、目覚めてカーテンの隙間から外をのぞけばかなりの積雪で
また除雪活動に精を出さなくてはと、ため息をついての出勤だった。

そもそもまだ夜が明けない深夜に家の前の道路をブルがガタガタと通る
振動を布団の中で感じるだけで。頭の中では「除雪」がインプットされて
しまう。

車を出すにも、まずは車庫前に積まれた雪のかたまりをどかさなければ
ならないし、その作業を今年は何度繰り返したことだろう。

店舗前の雪も前に多く降った時はさすがに土木業者に頼んでダンプで排除
してもらった。

歩道にもうず高く積まれた雪の壁に視界をさえぎられて、車が道に出るときに
危なく感じることさえあった。

f0149422_23483351.jpg


そんな中、今日、国道から上がってきて店舗前を通る道の雪の除去作業が
行われた。

f0149422_23485769.jpg


f0149422_23492249.jpg


重機とダンプで大掛かりな除雪作業だったが、おかげですっきりと道が広がり
大変ありがたかった。

f0149422_23495241.jpg


f0149422_23501436.jpg

高田市内でも一斉雪おろしが実施されたこの冬だが、聞けば雪の処分にも
かなりのお金の出費を強いられるお宅も多いとか。
人手が足りなければ実費、雪を落としてもその雪を運び出すには実費と、その
状況に比べれば我々は有難いと感謝せねばならないだろう。
[PR]
by asobinin2006 | 2012-02-21 23:50 | 日々雑想 | Comments(0)
この冬一番の大雪
前回降った雪も丁寧に片付けて一安心だと思ったところ、
昨日の水曜日から強烈な寒波が再来、残念ながらまたしても
白い世界に逆戻りになってしまいました。

しかも今日は早起きして店舗前をきれいに除雪しても、降り続く雪の
せいですぐに積もってしまい、結局一日中雪に振り回された日でした。

週末まで雪マークが出てますので予断を許さない日が続きますが、
今回の雪でなんとか最後にしていただきたいものです。
[PR]
by asobinin2006 | 2012-02-09 22:53 | 日々雑想 | Comments(0)
カップヌードルKING
先日、スーパーに買い物に行ったときに見つけました。


f0149422_1657151.jpg


『カップヌードルKING』発売四十周年記念だそうで、カップ麺の草分け的
存在は山に行く時も必需品です。

良さは「かやく」などが別袋になっておらず、純粋にお湯をそそげばいいし、
外枠のラップには丁寧にフタを閉めシールまでついています。

味のバリエーションも増えてきました。
山に行くときは「カレー」ですが、普段はやはり通常のしょうゆ味でしょうか。

世に出たのは「浅間山荘事件」の時に、長期戦の警察官の腹を満たすため
に振る舞われたそうですね。

今では世界各国にもありますし、食が合わなくて空腹のときなど救世主もの
です。

けれど、アメリカ人の前でカップヌードルをすすっていたら、

「音を立てて食べるものじゃない」と怒られました。

「じゃあどうやって食べるのか?」と聞くと

「口の中に麺を押し込んで」モグモグするんだそうです。

やってみましたがあまり食べてる気分がしません。
やはり豪快にズルズルとすするのが一番ですよね。
[PR]
by asobinin2006 | 2012-02-06 16:57 | 日々雑想 | Comments(0)
“家族ぐるみの”おつき合い
先日、お客人との会話中

「今日、うちに息子の彼女がお泊りに来るのよ」と言う会話を聞いた。

「泊りに来るって、確かお子さんって高校生じゃなかったっけ?」と聞くと

「そうよ。彼女も同級生」と答える。

恋愛の価値観はその人それぞれの考えだし、どれが正しいか正解もない
のだろうけど、私の尺度からすると「高校生どうしのお泊り」というのが、
とてもビックな話題に思えて、正直オドロイテしまったのだ。


当然、泊りに来れば同じ部屋に寝起きするらしいし、パジャマも常時、
置いてある仲だというから、両家とも公認の仲なんだろう。
子供からすると「トモダチ感覚の理解のある親」なんだろう。

そんな話しをいろんな人に振ってみると、

「ウチの子の彼女も泊りに来る」だの「前に家族旅行行ったとき、付き合ってる
彼女もいっしょに来た」などというので、「今の世の中、男女のおつき合いには
寛大なんだなぁ~」と思ってしまった。

男女の交際には大賛成な私。付き合うことで刺激を受けあったり、互いの人間性
を見つめられるし、自己の発見にもなる。そして最大の利点はは「人として成長できる」
面であると思う。

だが、高校生の男女が@お泊り..とはちょっと早いのではないだろうか?と
考えてしまうのが正直な感想である。
私が古いタイプの人間なのだろうか?今風の流れについていってないだろうか?


久しぶりにサニタリー業者、広島の前田投手似のM君がやってきた。
彼は玄関まわり等の製品を収めている仕事をしているのだが、納品に行って
かわいい子を見ると必ず声をかけるという【ラテンの血】を持った男である。

「おう、どうした?久しぶりじゃない。その後どうした?」」

「いやいや~、最近はおとなしいもんですよ。」

「またまた~、何か隠してるんじゃねえか~?」

「あ、そういえば彼女と別れたんですよ。で、今、別の子と付き合ってます。」

「あらっ、また気の早いやつだね~」

「実はここんとこ彼女の家から会社に行って、終わればそのまま戻る生活を
 してるんですよ。実家にはしばらく帰ってません。」

「え~っ、それって彼女の家の人、何にも言わないの?」

「別に言いませんよ。飯も俺の分用意してくれてますし、風呂も入ってそのまま
 寝ます」



はぁ~、『そういう時代』なんだろうか?
俺が【石頭】なんだろうか?
俺の考えなんて言わば【化石】のように思えてくる。
[PR]
by asobinin2006 | 2012-02-04 22:56 | 日々雑想 | Comments(0)
熱燗
連日寒い日が続いております。
テレビでも津南などの豪雪地帯からの中継をよく見るように
なりました。

海沿いのわが街は風が強い分、降雪が少なくて助かりますが
それでも結構な量があります。

今年の傾向は「気温が低い」ことだと思います。
気温が低いと降り積もった雪が消えませんし、その上に降った雪が
重なり合うという悪循環に陥ってしまいます。

昨日今日も「雪のピーク」といった報道がありましたが、予想降雪量
ほど降りませんでした。
が、JRのダイヤをはじめ、交通網が朝からかなり乱れています。

話しは違いますが、寒い日には日本酒が恋しい。という方も多いのでは
と思います。
私は車を使うので晩酌はしません。が、客人がうまそうにお燗酒を飲んで
いるのを見て、ちょっと寝酒に飲んでみたくなりました。

今宵は名酒『緑川』(みどりかわ)で一杯!

f0149422_11512471.jpg

[PR]
by asobinin2006 | 2012-02-02 11:51 | 日々雑想 | Comments(0)
  

遊び人でないワーカーホリックの“遊び人の金さん”がお届けする
by asobinin2006
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29
以前の記事
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
お気に入りブログ
湯旅休憩所
銚子屋のブログ 
最新のコメント
ありがとうございます ..
by M精肉店 at 21:06
M精肉店様 狩猟の..
by asobinin2006 at 21:49
M精肉店様 いつもあり..
by asobinin2006 at 00:32
金さん、ご活躍慶賀に存じ..
by 松ちゃん at 21:18
> 松ちゃん 会話..
by asobinin2006 at 14:05
今晩は、その後ゆっくり思..
by 松ちゃん at 21:03
松ちゃん、いつもありがと..
by asobinin2006 at 09:27
久々にゆっくりお話をさせ..
by 松ちゃん at 20:02
松ちゃん。いつもありがと..
by asobinin2006 at 15:37
文豪金さん、日々忙しい中..
by 松ちゃん at 08:08
最新のトラックバック
コマクサ、シャクナゲ、レ..
from dezire_photo &..
日常を人々を描く風俗画に..
from dezire_photo &..
信越国境の秘峰
from dezire_photo &..
信越国境の秘峰
from dezire_photo &..
光と色彩の画家・エル・グ..
from dezire_photo &..
ハマナスふれあいセンター
from 温泉生活
山田旅館
from 温泉生活
水上館
from 温泉生活
ライフログ
検索
外部リンク
ファン
ブログジャンル
オヤジ
旅行・お出かけ