<   2012年 05月 ( 14 )   > この月の画像一覧
ショートカットの娘と親心
「髪切りすぎちゃったんだよね。いつもの担当の人がお休みで
“短くしてください”って言ったらバッサリ」。

久々に会った娘は会うなり自分の髪に手をやりそう言った。

じつは前に書いた『ファインダーの向こう側』にはもうひとつ
ストーリーがある。

店の形態が変わった5年ほど前から、子供と過ごす時間が極端に
少なくなってしまった。朝から夜遅くまで店にいて、自宅には
子供が寝静まった頃に帰るくり返し。

娘が中学校に入ってテニスに明け暮れる毎日の中で、なるべく自由の
利く水曜日に私は進んでコートまで迎えに行った。

「腹へった~。夕飯なに?」

と娘は決まって私の車の助手席に乗り込むなりそう言った。
その車で待ってる時間に聞いていたのがラジオから流れるFM PORT
『ファインダーの向こう側』だった。

だから今でもこの番組を聴くとまだ娘がコートにいるような気がして、
年甲斐もなくちょっとセンチメンタルになってしまう。
(もっともそんな親父の想いもよそに当の娘はナイター照明のついた
 コートで練習中だと思うが)

そんな中、夏の大一番に向けての試合が先日行われた。

普段通りに、定石通りに無難にプレーしていれば問題なかったが
残念ながら結果的に上のステージに進めなかった。

珍しく、というか初めて現地解散となった試合後、カミサンと3人
で夕食を食べていると、すっかり気持ちを切り替えて次の試合に
向けて集中している娘と胸にポッカリと穴の開いたような私達夫婦
の間には大きなギャップを感じた。

「秋のあの大会に向けて召集がかかったよ」などという娘。

数日経った今でもその虚脱感から抜け出せないでいる。

この大会のために辛い練習に耐え、遠征を繰り返してのぞんだだはず
だったのに結果が伴わなかった。
本人が一番承知しているだろうが、娘の気持ちを察するとはやり
ふびんに思えて仕方がない。

日帰り温泉によって、スーパーで日用品を買って(+お菓子多数)
寮に送り届けた。


「じゃあなぁ。また」。短い別れあいさつを交わしてドアを閉めた。

自分を納得させたくて駅前に安ホテルを取り、いつもの居酒屋の
カウンターで一人飲み。

ビールがいつもより苦く感じた夜だった。
[PR]
by asobinin2006 | 2012-05-31 14:36 | 日々雑想 | Comments(0)
FM PORT 『ファインダーの向こう側』
水曜日が一応の「定休日」、しかし何かと休めないのが現実。
なるべくなら“週一”で休みたいが、それも年々と難しくなってきた。

新潟のFM局はNHKと「FM新潟」と「FM PORT」、その他地域限定の
コミニュティFMが多数、上越市にも「FM-J」がある。

JFN系の「FM新潟」は歴史も古く、開局当時から聞いていた。
局の特徴として【プレゼントが多い】。各番組に必ずと言っていいほどの
「プレゼント」の公募がある。営業が熱心、タイアップが上手な局だ。

しかし、パーソナリティがよく変わる。(いわゆるDJ)
好きなパーソナリティが退社したり、代わりの担当した方が@あまりにも
下手、だったりの理由で段々と「FM PORT」を聴くようになった。

開局から10年ちょっと、プレゼントがショボかったり(笑)CMが
「中越通運」→メインスポンサーばっかりだとしても、そもそもFMって
一言も漏らさずに聞き入るというより、何かをしながら聴くものだと
思うので、そういう意味でも私は「FM PORT」のファンである。

だいたい朝の6時50分から夜の8時まで4人のパーソナリティで回して
いるってすごいことで、春から午後の女性パーソナリティが変わったことも
個人的には「よい傾向」だった。

夕方4時からのDJ島村 仁(しまむらじん)のプログラム、『BEAT COASTER』
の水曜日、18時33分からのコーナー『ファインダーの向こう側』が心癒される。

写真家の渡部 佳則(わたべよしのり)さんのしゃべり口と「今週の一枚」は
毎週楽しみにしている。

一曲挟んで、わずか10分足らずのコーナーだが、放送を聞いて後でパソコンを
開いて画像を見るとなるほどとうなずいてしまう。

残念ながら@創造と食い違った「今週の一枚」もあるのだが、それでも水曜日の
ささやかな楽しみになっている。
[PR]
by asobinin2006 | 2012-05-30 17:26 | 日々雑想 | Comments(0)
栃尾又温泉 『宝厳堂』 2012 春 3
朝目覚めて「上の湯」に浸かる。

川のせせらぎ、鳥のさえずり、木々のゆらぎを五感で感じながら
自然と一体となるべく湯に身をゆだねようと思ったのだが、
おしゃべりな輩に邪魔をされて少々不機嫌だった。

「どこからおいでですか?」

「今までどんな温泉に(湯宿に)行きましたか?」

などという社交辞令はこの場所には必要ないと思うのだが。

“静かに入浴したい方のために私語は謹んでください”とわざわざ
浴室にも書いてあるではないか。

そんなモヤモヤを感じながらも時計は8時になったので、宿に戻って
朝食をいただく。

食堂のテーブルには準備ができていた。

f0149422_11353279.jpg


トマトジュース
f0149422_11355385.jpg


ご飯はもちろんおかわりした。味噌(汁)がうまいなぁ。

f0149422_1136168.jpg


デザートのヨーグルトとグレープ・フルーツ

f0149422_12442769.jpg


昼飯を食べなくてもよかったほどの満腹感&満足感。

朝食後、すぐに出発せねばならなかったので早々に荷物をまとめて帰路に
ついた。

出勤して、「はやり」というか「当然」というべきか、色々と小言を言われて
嫌な気分になったが、それでもめげずに(笑)湯宿めぐりは続けて行きたい。
[PR]
by asobinin2006 | 2012-05-26 12:49 | 日々雑想 | Comments(0)
栃尾又温泉 『宝厳堂』 2012 春 2
ラジウム泉に長く浸かって、大塚さんから施術をしていただくと
血行がよくなるのだろう、アルコールが入ると急激に酔いが回る。

それとも【北斗の拳】ばりに“秘孔”を突かれていた。という
ことなのか?

6時半から下の食堂で夕食だったが、それより少し前に席に着いて
しまったのでビールを一本もらった。
f0149422_12184292.jpg

やがてテーブルには色鮮やかな取り立ての食材が並んだ。

f0149422_1219571.jpg


山うどのごまあえ うどの皮のきんぴら うるいの酢味噌 こごめ
あやこがね(豆)のトマト煮 車麩と野菜の炊き合わせ 食前酒の梅酒


あけびのつるはみずみずしくて最高の歯触り
f0149422_1219275.jpg

美雪鱒(みゆきます)のカルパッチョ  筋子
バジルがかかっているがオリーブオイルでも食べてみたい一品だ。
f0149422_12195117.jpg

早春の山菜は塩でいただく。
あまり衣が厚くないので旬の素材を堪能できる。
f0149422_122023100.jpg

鯉の甘露煮は女将から頂いた冷酒とよく合う逸品だった。
「川魚が苦手」という方も柔らかく煮てあるので是非トライしていただきたい。
f0149422_12205240.jpg

越後牛のステーキはわさびをつけて和風で。
f0149422_12211989.jpg

食事はもちろん「こしひかり」だが、味噌汁がうまいのを今回、再確認した。

f0149422_12214613.jpg

食事処では私のほかに関西方面から来た4人のご家族。
ご年配の方もいらしゃったが、山菜など季節感あふれる旬の食材に口ぐちに
「おいしい。おいしい」と連呼していらした。

デザートはミルフィーユのアイスリーム

f0149422_12221273.jpg

すべて完食。おいしくいただきました。

食後、少し休憩して「下の湯」で浸かる。
でも疲れが出たのであまり長~い時間過ごすことなく部屋に戻って就寝する
ことにした。
[PR]
by asobinin2006 | 2012-05-23 12:23 | 日々雑想 | Comments(0)
栃尾又温泉 『宝厳堂』 2012 春 1
GWの繁盛期を乗り切って、またいつもの@ぶらっとひとり旅へ出かけ
たくなりました。
毎回“どこに行こうか?”悩みますが、毎度決まった“あの宿”にお世話に
なります。

いつもの湯宿へ。

f0149422_213552.jpg


『宝厳堂』さんへは今回で4回目の訪問になります。

「そういえば去年、雨が降ってたから女将から傘を借りたんだった」と
家の傘たてには宿のシールが貼ってあるビニール傘がありました。

それとお湯に浸かりながら読む文庫本を忘れずに車に詰め込みます。

今回は高速ではなく、行きは国道で行きました。
行ってみたい飲食店があったのですが、どこもその日は『定休日』、
平日休みだと週末ほど混んでいないのは助かりますが、飲食店にありがちな
「平日定休日」に重なると不運に思えてしまいます。

午後3時で、「うえの湯」が入れ替えになってしまうので
取り急ぎ2時から1時間ほど浸りました。

f0149422_214525.jpg

思えば、この青いタイルの浴槽に今まで何時間入っていたのだろうか?
おそらく家の風呂に続いて長い時間を費やしてる浴槽なんだろうなぁ。
などと考えていた。

時々「加温漕」に入って体を温める。

f0149422_2154466.jpg

文庫文も読むが、眠くなると前向きに首が傾くのでブクブクと水面下に
顔が沈んでしまい、あわてて体制を整える。

3時半からは「したの湯」で1時間半ほど浸かる。


5時から去年もお願いした@大塚あんまさんをお願いしていたので急いで
宿に戻った。

部屋も昨年同様【参の弐拾番】
f0149422_2139364.jpg

一段高くなっているところに布団が敷いてある。

f0149422_21392896.jpg



手で体のツボを押すような手付きで施術を進めてゆく大塚さん。
時折気になる体の部分を矯正しながらグイグリッと身体の歪みを直していって
くれる。

御年75才になられるそうだが、冬はスキーに励み、しかも毎回課題を持って
ゲレンデに繰り出し、新たなスキー技術の習得と上達に余念がないらしい。

「ボケ防止ですよ」とご本人は謙遜するが、いつになってもチャレンジする
気持ちが若さの秘訣なのだろう。と、お話しを聞きながら感じた次第だった。

「今は畑仕事」だそうで、この夏の課題は

≪どうしたらムジナに畑のとうもろこしを食い荒らされないか≫の研究らしい。

「何か対策はおありですか?」と質問すると

「秘策はあるのだが・・・」と遠い目をしていたが、それが何かを教えては
くれなかった。笑
[PR]
by asobinin2006 | 2012-05-18 21:41 | 日々雑想 | Comments(0)
新緑の松之山『美人林』
新緑が芽吹いて山々が緑で覆われるこの時期になると行ってみたい
場所がある。

お休みをいただき、ちょっと出かけることができたので高速道には
乗らず、のんびりと車を走らせた。
f0149422_13422582.jpg

藤の花がきれいなこの時期が一番好きな季節かもしれない。

253号線を進むとおなじみのアーチが見えてきた。
f0149422_13415910.jpg


そこから車でしばらく進むと最初の目的地、松之山『美人林』。
f0149422_134246100.jpg

「びじんりん」と呼ぶ人もいるし、「びじんばやし」という人も。
十日町観光協会のサイトでは『びじんばやし』と紹介しているので
『びじんばやし』が正解なのだろう。

駐車場には平日にもかかわらず、県外ナンバーの車が並ぶ。
f0149422_13431053.jpg


f0149422_13434645.jpg


f0149422_13441048.jpg

ブナ林の中に歩を進めると、キリッと澄み切った空気が鼻孔をくすぐり、
思わず深く深呼吸せずにはいられない。
f0149422_13443137.jpg

暑い夏の日も、豪雪の冬の時期も、多少の前後はあろうけども、春到来を
待って、山々が爆発したような新緑に燃える時期が素晴らしい。
その自然のエネルギーを身近に感じ取りことができることが何よりも
幸せに感じる。
f0149422_13452656.jpg

まだ雪の残るブナ林にたくさんのカメラマンがシャッターを切っていた。
[PR]
by asobinin2006 | 2012-05-17 13:45 | 日々雑想 | Comments(0)
新潟市 ラーメン『孔明』
新潟市内に出かけての楽しみは、「食」のバラエティが豊富ということ
がある。
いろんなお店がある中、@ランチ情報誌やお店を紹介してる書籍なども
目を通したりするが、あまり一度にたくさんのお店に行くことなど不可能な
わけで、しばらくすると「この間おいしかったからまた行ってみよう」と
いうお店もできてくる。

しかし、事ラーメン店に限っては

「新潟市内でも有名な繁盛店」がイコール「自分の舌にあう」という方程式は
残念ながらあてはまらない。

新潟は広く、その土地特有のラーメン文化を持っている。
燕の@背油系、三条の@カレー、長岡の生姜醤油などなど・・・

新潟でも有名店に足を運んだが、「???」という反応のお店も多かった。

駅南口から弁天橋方面に向かうと行列の出来てるラーメン店がある。
いつか行ってみようと思っていた所、先日訪問。

f0149422_13495939.jpg


『孔明』は「つけめん」が有名らしいが、わたしはどうも「つけめん」が
苦手なのでラーメンを頼んだ。

f0149422_13502127.jpg


f0149422_13505086.jpg


おいしくいただきました。
[PR]
by asobinin2006 | 2012-05-15 13:51 | 日々雑想 | Comments(0)
『モテキ』とperfume
近くのpost officeに勤める彼女は名前をよく知らないが
“長澤まさみ”似である。
そんなルックスから男性からチヤホヤされるのだろう。
彼女からは「男性を手玉に取る術を知ってる」オーラが出ている
様な気がする。

そんな中、先日遅ればせながら映画『モテキ』のDVDを観た。

ファンの方々には大変申し訳ないのだが、この主人公の男性俳優
私にはロンブーの敦とドランクドラゴンの相方に似てるように
見えて仕方がない。

映画の中でミュージカル調にperfumeの「Baby cruising love」
を共演するシーンが印象的だった。



思春期にテクノ・ポップで育った私にはこのサウンドは耳に心地よい。

娘と車に乗ってもHDDに入っているRADWIMPSを聞きたがる彼女に
対して私はperfumeを聴く。
[PR]
by asobinin2006 | 2012-05-14 17:28 | 日々雑想 | Comments(0)
新潟スティ
私は先にホテルにチェック・インして車を置いてスタジアムまで
臨時バスに乗ってきた。料金は片道260円。サッカー日本代表戦の
時よりは明らかにスムーズだった。

悪友たちは車でスタジアムまで乗り付けたので、アルコールを飲まな
かった私が運転を担当。

「なんで今日の試合ではイニングの攻守交代の時にスコアボードに
 交代“何分何秒”と時間が刻まれるんだろうか?」

「ベンチ脇のブルペンはいつから使わなくなったんだろうか?」

「プロ野球の選手の内野フライはなぜあんなに高く上がるのか?」

などと無駄話しをしながら駅前のホテルに到着。

ここ1年ほどで新潟市内のホテルの結構詳しくなったのだが、今回
利用したのは「飲んで帰ってきて寝るだけ」と思い¥2980円の
シングルホテルだった。(たばこ臭いのはしょがないか)

しかも、パンとコーヒー、ゆで卵ながらも軽朝食もついている。
早めにインすれば、ホテルの立体駐車場に1泊840円で駐車できる
という非常にリーズナブルなホテルだった。

しかし、年のせいか?最近疲れていてもホテルではあまり熟睡した記憶
がない。自分の家、自分の布団で寝るのが最強最高ということなのだろう。

ホテルの隣りはネオンのままたく“そういう種類の”お店。

寒いので「熱燗に鍋」といきたかったが、和の居酒屋に入って肴をつついて
一杯飲む。
f0149422_12542234.jpg


ここのお店、値段は比較的安価だが、盛りはイマイチ。魚の種類もたくさん
あっても量は貧弱だった。

でも、グラスが空いていればすかさずフロアー係のおねーさんが飛んできて
「おかわりは?」と抜け目ないのは流石である。

適当な量を飲んで“綺麗な女性”のいるお店で二次会に繰り出したい悪友たちは
何やら路上のお兄さんと値段交渉。

「30分〇〇円です。でも女の子のドリンクと消費税は入っていません」との
やりとりを左耳で聞きながら明日も早いので先に帰ってきた。

結局いくらかかった(取られた)のだろう?
今度会ったら聞いてみることにしよう。
[PR]
by asobinin2006 | 2012-05-13 12:53 | 日々雑想 | Comments(0)
広島カープVS阪神タイガース ~ハード・オフ・エコスタジアム~
地元新聞『新潟日報』では連日新聞に広告をうって集客を呼びかけて
いたが、ゴールデンウィーク明けでしかも平日の開催では「満員御礼」
とはいかないだろうなぁ。と予想していた。

エコ・スタジアムができて毎年プロ野球公式戦が何試合か行われるように
なった。

近頃はテレビの地上波放送ではめったに「野球中継」を放送しなくなった。
私ら子供のころは夜は決まって「巨人のナイター」が定番だったのだが。

また各球団の地方開催も増えてきたようだ。野球人気回復、ファン層の開拓
が必要なったということだろう。

今回はイマイチ乗る気じゃない悪友たちを誘って

「アニキ金本に新井見たくない?ブラゼルに、藤川も投げるかもしれないよ。
 前健(前田投手)だって先発かも?」 (新潟で前健が投げるとは思えないが)
とささやいて今日の野球観戦に繰り出した。

f0149422_23462741.jpg


f0149422_23464914.jpg

始球式は両球団OBの山本浩二さんと川藤さん。

先発は阪神スタンリッジ、広島斉藤で6時プレイボール。
f0149422_23471085.jpg

序盤は静かな投手戦、なので見ていてもかなり「寒~い」。
気温は13℃ほどなので薄手のコートではちょっと厳しい寒さ。
連休中は20℃を超すさわやか天気が続いたのでこの冷え込みは身にしみる。
中にはダウンを着込み、毛布持参で防寒対策バッチリの皆さんに比べれば我々は
明らかに薄着で、悪友たちの「生ビール」もあまり進まないようだ。
f0149422_23472764.jpg

「生ビール」といえば今回は@ビールタンクを背負った女の子達だった。
前はクーラーボックスにロング缶を入れて、それを紙コップに移すという方法の
売り方だったが、ようやく本格的(?)なものになったのはうれしい。
しかも料金は500円。東京ドームだったら800円くらいするだろう。
f0149422_23475062.jpg

広島 ニックのソロホームラン。(新潟では計4本のホームランを打った)
スポンサーの新潟日報は大喜びで賞品を出すサービス、
(なぜなら新潟日報販売店は“ニック”という愛称だから)

阪神も後半長短打合わせて5点を取るイニングもあり、点数が入れば熱く
盛り上がる。
f0149422_2348179.jpg

新潟は巨人ファンが多いが、阪神ファンも多い。
スタンドもビジターの阪神の3塁側からチケットが売れたようだ。

席も最初に座った位置から中央寄りに移動した。
ネット近く(前列)には人がいるが、そこから後ろ席は空いてる場合が多い。
f0149422_23485141.jpg

じっとしてるより体を動かしていたほうが温かく感じるので、時々2層まで
上がったり、ライトからレフト方向まで歩いたりしていた。
f0149422_23491122.jpg


f0149422_23493338.jpg


f0149422_2350267.jpg

「あんまり点数開くと藤川の出番がないなぁ」などとつぶやきながら
寒風に身を震えさせながらゲームセットになった。

駐車場からもスムーズだった。
なぜなら「あまり入場者数が多くなかったから」

選手たちを乗せた新潟交通のバスを横に見ながら、我々は新潟駅前の繁華街に
車を走らせた。
[PR]
by asobinin2006 | 2012-05-12 16:08 | 日々雑想 | Comments(0)
  

遊び人でないワーカーホリックの“遊び人の金さん”がお届けする
by asobinin2006
プロフィールを見る
画像一覧
以前の記事
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
最新のコメント
> 松ちゃん 会話..
by asobinin2006 at 14:05
今晩は、その後ゆっくり思..
by 松ちゃん at 21:03
松ちゃん、いつもありがと..
by asobinin2006 at 09:27
久々にゆっくりお話をさせ..
by 松ちゃん at 20:02
松ちゃん。いつもありがと..
by asobinin2006 at 15:37
文豪金さん、日々忙しい中..
by 松ちゃん at 08:08
びんのかけら ファンから..
by びんのかけら ファン at 16:17
okiesさん。奇遇です..
by asobinin2006 at 13:25
金さん、名古屋にいたんで..
by okies at 08:43
上越市民になる前は、燕市..
by okies at 09:09
最新のトラックバック
コマクサ、シャクナゲ、レ..
from dezire_photo &..
日常を人々を描く風俗画に..
from dezire_photo &..
信越国境の秘峰
from dezire_photo &..
信越国境の秘峰
from dezire_photo &..
光と色彩の画家・エル・グ..
from dezire_photo &..
ハマナスふれあいセンター
from 温泉生活
山田旅館
from 温泉生活
水上館
from 温泉生活
ライフログ
検索
外部リンク
ファン
ブログジャンル
オヤジ
旅行・お出かけ