<   2012年 10月 ( 6 )   > この月の画像一覧
紅葉の米山
下界から見ても「米山」の紅葉も見頃をむかえているようだ。

f0149422_1230910.jpg



標高の高いところの山々では9月の下旬頃から紅葉が始まり、

「今度はこの山に・・」などと机上の計画を目論んでいたが

10月は切れ目なく、外出できず。



明日は米山に登ろうかな~と内心思っていながら結局は仕事に

なってしまった。

「山は逃げない」というが季節は逃げるよなぁ~と暗くなってしまった。
[PR]
by asobinin2006 | 2012-10-30 12:30 | 日々雑想 | Comments(0)
かくれ屋『oto』(おと)直江津店
10月は忙しく、夏から頑張っていただいたスタッフの慰労を兼ねて
宴席を囲んできました。

『oto』(おと)はやすね系で、高田店は行ったことありますが、ここは
初めての訪問でした。

コースは【飲み放題付き】で一人6000円のコース。

お部屋は各部屋仕切られていますが、上部分は解放されているので「声」は
丸聞こえです。
(背の高い男性が上からのぞいていました)


足元は「掘りごたつ式」になっていて床暖も入っていますし、部屋各自に
壁掛けのエアコンがあるので寒いという事はなかったです。

テーブルには鍋とお通しが用意されていました。
早速、生ビールで乾杯です。

f0149422_16263598.jpg


お刺身盛り合わせ。盛りは豪華です。一切れづつしかありませんが・・

f0149422_1627175.jpg


焼き魚は「のどぐろ」。美味しかったです。

f0149422_16272220.jpg


お寿司を二種類、一かんづつ。

f0149422_16274326.jpg


ステーキ皿。

f0149422_1628326.jpg


このあと「天ぷらの盛り合わせ」が出たのですが、もう腹いっぱいだったし、
@てんつゆがなたっかので食べれませんでした。
ステーキにもソースがかかってなかったので、刺身に使ったわさび醤油をつけて
食べました。
薄いレモンのスライスがついていたけど、大きな海老(冷凍だったけど
さつまいも、シシトウを食べるには@天つゆがほしかったところです。

〆におにぎり茶づけ

f0149422_16284246.jpg


デザートでした。

f0149422_1629799.jpg


いろんなことを話し合って、笑いあり涙あり(?)で楽しい宴(うたげ)で
大変有意義な時間を過ごせました。
お客様に来ていただくことと同様に、お客様をもてなす側も苦労もあります。
日頃ご尽力ただいてることに感謝し、そんな素敵なスタッフに恵まれてることを
有難く思っています。
[PR]
by asobinin2006 | 2012-10-29 16:29 | 日々雑想 | Comments(0)
越後湯澤 『HATAGO井仙』 3
夕食後は部屋に戻ってベッドに横たわると爆睡した。
時々は目を覚ますが、日頃の疲れがドッと出た感じで腰が痛くなる
ほどよく寝た感があった。

「お父さん、鼾(いびき)うるさい!」とこの日同行した娘はしかめっ面
するが、そんな事お構いなしに睡眠をむさぼった。

深夜に目が覚めて一回、朝目覚めて再度風呂に入った。

朝食は8時から、昨日と同じ「むらんごっつぉ」でいただく。

テーブル上のせいろには地野菜を温泉水で蒸したもの

f0149422_1845110.jpg


温泉卵、新潟の郷土料理“のっぺ”、手作り納豆、糸瓜のからし漬け、鮭焼き魚
津南牛乳ヨーグルトに蜂蜜・ポン菓子がのったデザートをいただいた。

f0149422_1851837.jpg


ご飯、味噌汁がうまい。

満腹になって部屋に戻ってチェックアウトまでゴロ寝。
芸が無いけど帰って仕事なので、ダラダラと過ごす。

総評としては、世間で言われている旅館に宿泊しての【The旅館料理】とは違い
地元産にこだわった食材を利用した創作的な料理は、今後『脱The旅館料理』を
目指す宿にとってお手本となる宿なんだろう。

一階部分のお店やフリーでも訪れることができる飲食店は駅前の好立地と相まって
いい方向に進むのではないかと期待する。

しかし、夕食については肉料理が多く、固めに焼かれた「地鶏のロースト」と
「和牛のステーキ」とあるのでもどちらかは魚料理でもよかったかな?という印象。

特に淡麗な冷酒を賞味するなら、お刺身などがほしかったかなと個人的な感想。

夕食の料金が8400円と設定されてるだけに「良しとする」かは微妙な満足感,
正直言えば「これで(この内容で)8400円か?」と思ってしまった。

お部屋代と朝食で一人11550円+夕食代8400円で計算すると
ひとり一泊2食で19950円。およそ2万円かぁ~。

ドリンクはソフトドリンクが370円。八海山泉ビール(びん)840円
日本酒グラスで525円でした。

でも、総合的プロデュースは素晴らしいので益々のご繁栄のことと想像する。

翌日は快晴に恵まれたいい天気だった。

自分ではまず聞くことのないだろう『AKB』を口ずさむ娘を助手席に乗せて
帰路に着いた。
[PR]
by asobinin2006 | 2012-10-24 18:05 | 日々雑想 | Comments(0)
越後湯澤 『HATAGO井仙』2
食事は2階「むらんごっつぉ」でいただきます。

「むらんごっつぉ」とは=村のごちそうという意味だそうで、
外からの食事客も受け入れています。

チェックインの時「椅子席になさいますか?座り席にしますか?」と
聞かれました。

卓には箸、ナイフ、フォーク、スプーンが並んでいます。
f0149422_21323967.jpg

前菜は三種。柿とクルミの白和え、焼ききのこと菊花のポン酢和え
さつまいもの塩麹漬。
f0149422_21261346.jpg

スープ。八色しいたけのローストスープ仕立て

f0149422_21264087.jpg

椀物でだす汁物を、スープで提供したものです。八色しいたけ(やいろ)
も魚沼名産ですが、食したもののあまりしいたけの風味も感じず残念でした。
野菜(根菜)を細かく切っている中で@みょうがの味が残りました。

にいがた和牛、魚沼サーモン、鯵の握り



f0149422_2127847.jpg

献立の中には@お造りがありませんでした。

にいがた地鶏のロースト

f0149422_21274811.jpg

日本酒を冷やでいただきました。最近お気に入りの【鶴齢】(かくれい)です。
ワイングラスのような大き目なグラスに
入っています。

f0149422_21282812.jpg


のどぐろの酒蒸し
新潟を代表する高級魚「のどぐろ」です。一夜干しを蒸してあります。

f0149422_21285822.jpg


にいがた和牛ステーキ
ステーキを塩、ポン酢などで食べます。
f0149422_212921100.jpg

食事はもちろん魚沼産コシヒカリ
「塩沢地区限定一等米」とネーミングがついています。
f0149422_2130480.jpg

しかし、さすがにうまい。新潟の宿はこうでなければと思います。

デザートとコーヒー

f0149422_21302658.jpg

パティシエさんがいるのでデザートもなかなか力が入っています。
コーヒーか紅茶を選べます。


日本酒も種類があります。地元の近く「かたふね」もありました。
[PR]
by asobinin2006 | 2012-10-22 21:31 | 日々雑想 | Comments(0)
越後湯澤 『HATAGO井仙』
「越後湯沢」と言えばよく聞くのが=年配の方々の同窓会の温泉地。
地元から、首都圏からちょうど真ん中あたりに位置し、新幹線を
利用すれば首都圏から一時間ちょっと。
駅近辺に温泉宿が点在しているので何事にも便利です。

最近はスキーなどのウィンタースポーツ人口の減少で、バブリーな
頃と違ってなかなか苦戦している宿が多いと聞きます。

そんな中、健闘してる宿として耳にするのが『HATAGO井仙』さん。
期待を込めての訪問となりました。

恥ずかしいお話ですが場所をあまり把握していかないままに出かけたので
『井仙』さんが越後湯沢駅の真ん前だということにちょっとびっくりしました。
駅から“徒歩一分”の距離です。

しかもHPで拝見すると民芸風に和のテイストを強調した印象を受けたので
一階部分は別にしても外観的に「ホテル風」だったのは意外でした。

f0149422_18421256.jpg


一階部分では駅正面に向いてお土産やスイーツを販売するお店になって
います。

左手には無料で開放している足湯
f0149422_1834271.jpg

宿の玄関は建物の左手側からになります。
f0149422_1835771.jpg

銭湯のような靴箱に履物を入れるとスリッパは使用しません。

チェックインは帳場の左側の囲炉裏がある空間で黒豆茶をいただきながら
椅子に座って行いました。
f0149422_18353778.jpg

宿の特徴としては、異なったタイプのお部屋と3種類の料金設定の夕食の
組み合わせが選べるところでしょう。

    MURAN=3675円

    GOZZO=5250円

そして、HATAGO=8400円

部屋も露天風呂付きのお部屋、囲炉裏付きのお部屋、マッサージチェアが
ついたお部屋などがありますが、今回は「書斎の間」という形を選びました。

全部で16室の宿ですから、越後湯沢の規模としては小さい部類でしょう。
部屋に入ってみるとHPのそれで観るよりは若干狭く感じます。
f0149422_1836414.jpg

HPの画像の撮り方、編集の勝利なのでしょう。
「思わず泊まってみたくなる」と思わせる素晴らしいHPです。
f0149422_1838623.jpg

やや段差があってベッドが並んでいます。
f0149422_1837157.jpg

洗面所
f0149422_18372488.jpg

最上階にある風呂に行きました。
単純泉のお湯がかけ流しされています。
f0149422_18383619.jpg

解放された窓からは越後湯沢駅に停車してる新幹線【たにがわ】が見えます。

ちょっと疲れた身体を癒すにはサウナに木々に囲まれた露天風呂が望まし
かったけど...

パウダールームも綺麗。タオルも完備しています。
f0149422_1839416.jpg

湯上がり処では飲料水も置いてありました。

f0149422_18392854.jpg

[PR]
by asobinin2006 | 2012-10-15 18:39 | 硫黄臭の誘い(いざない) | Comments(2)
『1000miles』
秋は連休が多くてちょっとツライ。

ニュースでは「アルプスの山々は紅葉が・・」などと流れていた。

休日の朝に聞くと“何だかいいことありそうな予感がする”曲。




@ドコデモドアみたいに「1000マイル」先まで連れてってくれないかな。
[PR]
by asobinin2006 | 2012-10-08 17:41 | 日々雑想 | Comments(0)
  

遊び人でないワーカーホリックの“遊び人の金さん”がお届けする
by asobinin2006
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
以前の記事
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
最新のコメント
> 松ちゃん 会話..
by asobinin2006 at 14:05
今晩は、その後ゆっくり思..
by 松ちゃん at 21:03
松ちゃん、いつもありがと..
by asobinin2006 at 09:27
久々にゆっくりお話をさせ..
by 松ちゃん at 20:02
松ちゃん。いつもありがと..
by asobinin2006 at 15:37
文豪金さん、日々忙しい中..
by 松ちゃん at 08:08
びんのかけら ファンから..
by びんのかけら ファン at 16:17
okiesさん。奇遇です..
by asobinin2006 at 13:25
金さん、名古屋にいたんで..
by okies at 08:43
上越市民になる前は、燕市..
by okies at 09:09
最新のトラックバック
コマクサ、シャクナゲ、レ..
from dezire_photo &..
日常を人々を描く風俗画に..
from dezire_photo &..
信越国境の秘峰
from dezire_photo &..
信越国境の秘峰
from dezire_photo &..
光と色彩の画家・エル・グ..
from dezire_photo &..
ハマナスふれあいセンター
from 温泉生活
山田旅館
from 温泉生活
水上館
from 温泉生活
ライフログ
検索
外部リンク
ファン
ブログジャンル
オヤジ
旅行・お出かけ