<   2013年 02月 ( 9 )   > この月の画像一覧
立川談春独演会 ~品川きゅりあん~
2月は飲食業にとって比較的暇な時期。連休もあるが、雪降る寒い中に
出掛ける奇特なお方はそういない。

暇といってもいろいろとやることもあるし、ストレスの溜まる憂鬱な
出来事もあったりで心情穏やかではなかったこの頃。

「憂さ晴らしに」とパフォーミング・アートのカテゴリーをのぞいていたら

【立川談春独演会】が目に入った。

会場は品川だが、中途半端に遠いより、たまにはディズニーランド以外の
(実際は千葉だが)東京観光もいいもんだと割り切ろう。

日中は浅草など下町を歩き、6時半開演の大井町まで電車で行った。

下層が電気量販店でその8階が会場。
△▽を見つめながら、なかなか来ないエレベーターを待つ。

幕が開いて弟子の立川こはるが前座。『千早ふる』
淡々とやり過ごして約10分。

談春師匠の登場。故談志師匠の話しなどしながら座を温める。

最初の演目は『味噌蔵』

面白い。のだが、あんまり面白くない。?
あまり話しの中に入っていけない話し手と聞き手。
わざわざ新潟から聞きに来たのに。とちょっと残念な気持ちだった。

15分の仲入り後、ふたつ目の演目は『居残り佐平治』

ほぼ1時間の長い話しだったが、面白かった。
サイトで見ると「落ち」のつけ方が落語家によって違うらしい。

会場を出ると9時ちょっと前。

6月には新潟公演もあるので楽しみに待つことにしよう。
[PR]
by asobinin2006 | 2013-02-28 23:02 | 日々雑想 | Comments(0)
今年一番の・・・
随分更新をしなかった。このところ立て続けに寒波が来て、
低温、降雪が続き、寒くてツライ日を過ごしていた。


「北日本は記録的な降雪。青森 酸ケ湯温泉では観測史上最高を」
と連日テレビで取り上げられるくらいである。

それに比べれば、わが街は可愛いくらいの積雪だが、それでも
朝目覚めれば白い世界が広がり、その必要性があれば「除雪機」
を動かす。

日曜日は暴風はなかなかすごかった。

「今年一番の寒波」ということだったらしいが、気温も低くて
道路がつるつるに凍結してしまったほど。

車の運転はもちろん、歩行にも気をつけたいものである。
[PR]
by asobinin2006 | 2013-02-26 16:06 | 日々雑想 | Comments(0)
早く帰ればよかった part 2
アクションものの映画が観たくなってレイトショーに飛び込んだ。

最近、新作映画が封切られる度に足げく日本にまで来てキャンペーン
をする“ハリウッド・スター”。
今回もいつものように、隣りには『戸田奈津子』女史を通訳に笑顔を
振りまいていた。

「スタントなしでのカーアクション」を力説。

【スパイもの】は面白かったが、今回のは・・・

う~ん、マシンガン乱打、武術でも敵を圧倒、最後はブロンド美女を救出!

シネコンを出る頃には日付が変わっていた。



早く帰ればよかった。
[PR]
by asobinin2006 | 2013-02-16 17:28 | レイトショー(途中で寝ない) | Comments(0)
米のトレーサビリティについて
先日、組合からの連絡で

「現在、店で使っているお米がどこ産の米なのか、店頭に表示するように
 お役所からお達しがありました」

と案内書を持ってきた。

それによると数年前から(書類には2011年7月1日からと書いてある)
【米トレーサビリティ法】だ施行されたことに基づいての義務という事
らしい。

【トレーサビリティ】とは「追跡可能性」と訳され、いわゆる物がどこで
誰によって生産され、どうゆう経路で最終的に消費されるかをわかるように
するという事。


店舗の米は地元の契約農家さんから来る『100%こしひかり』なので
自信を持ってお客様に提供している。

今は当たり前のようにいただいているが、数年前に異常気象で米が不作に
なった時など、客人にお出しする米は「こしひかり」、自宅で食べる時は
「ブレンド米」と区別したことがあった。

比較するまでもないことだが、「やはり“こしひかり”は最高にうんまい
なぁ~」と実感した。

先日、当のお役所の方が来て、「お宅の米はどこから調達していますか?」と
米袋と買った時の領収書をチェックしていった。

あらかた調査が終わったところで「それではこれを玄関ロビーなどの人目に
つくところに置いてください」とポップスタンドの様なものを書かされた。


f0149422_15494982.jpg


「いろんな法があるんだな~」と思いました。
[PR]
by asobinin2006 | 2013-02-14 15:49 | 日々雑想 | Comments(0)
ナイターの灯りの想ふ
夕暮れから夜になると、妙高方面の山にナイター営業の灯りを見ることが
できます。

(あれは赤倉でしょうか?)

バブル期に沸いた時代はスキー場建設の時期でもありました。
赤倉や池の平など老舗のスキー場の周辺には新興のスキー場が新しく
参入してきて、随分にぎやかになったものです。

あの頃はゲレンデのナイター照明の灯りも幾すじも見えて綺麗でした。

しかし、「妙高パインバレー」(今は【APA HOTEL】に買収)はスキー事業
から退いてしまったし、3つのホテルを要し、リゾートとして君臨していくはずの
ARAI MOUNTAIN は営業停止してしまいました。

映画『私をスキーに・・』世代の俺は冬はドップリスキーにはまっていて、
わずかな時間もゲレンデに繰り出し、“屈強な若者だった”頃は早朝の
サンライズスキー(確かAM5時くらいからリフトが動いた)で滑ってから
仕事をしたつわものだったのです。

そんな時代を過ごしてきたので今の風景を見ると寂しさを感じざるを得ませんが
個人的にはこれからも冬になれば何回かはゲレンデに行きたいと思っています。

でも、天気が悪いとちょっと気が進まないんだよな~。寒いのはちょっと~。
[PR]
by asobinin2006 | 2013-02-12 16:47 | 日々雑想 | Comments(0)
春の足音
昨日は強風。今日はやや雪が降りました。しかも気温が低いので
海岸線の街ながらサラサラのパウダーです。

季節は「冬まっただ中」ですが、横山(東横山)のおじさんから
一足早く【春の風物詩】をいただきました。


f0149422_2150164.jpg



少し“ひらいて”いますが、やはり初物はうれしいものです。

「としとったすけ、そとでんが、なんぎくてさ~」

(歳をとったので外出するのが段々億劫になってきた:の意)

と言って笑っていました。

街は少雪。山はここ数年ほどではないけれど、やはり雪は多いです。

大出口(おおでぐち)から湧く清水で雪が融けたところに現れたふきのとうを
取るそうです。

外は厳冬の世界でも土の中では着実に「春」が進行しているんだなぁと感じます。

青苦い春の芽吹きを噛みしめました。
[PR]
by asobinin2006 | 2013-02-09 21:50 | 日々雑想 | Comments(0)
米山のブナ原生林を『やくしの杜』と命名
今日の【上越タイムス 頸北欄】に


『米山のブナ原生林 「やくしの杜」と命名』

という記事が載っていた。

f0149422_11431490.jpg



「やくしの杜(もり)」とは「米山薬師」からとったという事だが
米山のイメージとも合う、なかなかいいメーミングだと思う。

f0149422_11463170.jpg


年の数回は登る地元の山なのだが、見事なブナ林の中に歩を進めて
澄んだ空気の中にいるだけで何だか“浄化”されるような爽快感を
感じられるし、深呼吸すれば実にすがすがしい心が洗われる気分になれる。

有名な松之山の『美人林』(びじんばやし)のように、近場の
駐車場まで車で乗りいれて、散歩気分で森林浴を楽しめるとは違い、
どちらかと言えば“健脚向けな”米山は、その標高に準じず、タフな山登りも
せねばなりませんが、汗をかいて息を切らして登るからこそ見ることができる
【ブナの原生林】は格別なものと実感できると思います。

米山には多くの登山道が存在して、それぞれ異なった風景や情景を
見せてくれます。

地元からも、また遠くに住む方々からも愛されている「米山」は
その「やくしの杜」とともに、永遠の財産になってほしいと願う
ばかりです。
[PR]
by asobinin2006 | 2013-02-08 11:47 | 希望は高く!百名山への道 | Comments(0)
映画 『東京家族』
休日。出掛けようかと思ったが、天気も愚図つき気味だったので
夜勤明けのカミサンが起きるのを待って、映画を観に行った。

チェーン系イタリアンのお店で軽くランチ。

パスタランチはサラダバー、フリードリンクがついて千円ちょっと。

リーズナブルではあるが、お味の方は・・。


【夫婦割引】を利用すると2人で2千円とお得。


最近観た映画はどれも長い。『東京家族』も2時間40分ほどの尺。



ベテランと呼べれる出演陣だけに安心して観ていられる。


日常の“どこにでも在りえる風景とストーリー”なのかもしれないが
沢山泣きました。
[PR]
by asobinin2006 | 2013-02-03 13:04 | レイトショー(途中で寝ない) | Comments(0)
授業参観と“亡き人”を惜しむ(?)
今日は息子の学校の【授業参観Day】でした。

小学校の時と違って中学校ともなると親も行きにくくなるのだが、

「どんな風に授業をしているのか?どんな授業態度なのか?」と
気になったので一限の【英語】に行ってみることにした。

自分も卒業した学校なので記憶があるのだが、「ここは2年3組の
教室だったな~」と裏手のドアから入る。

顔見知りの奥さんがひとりいた。

英語の授業は「比較級」で、先生が黒板に書いて進めた後、小プリントを
一枚。
しかし、すぐに取り掛かる生徒もいれば、なかなか鉛筆が進まない生徒も
いる。

先生はあくまでも親切である。わかならい生徒は挙手をして先生を待つ。
先生は生徒の間を渡り歩いて手ほどきをする。

「何て素晴らしい風景であろうか!」涙がほほを伝わりそうである。

私達の時代は「先生が神様。先生が@カラスが白いといえば白いのだ」と
教わってきた。
殴る&蹴るの暴力(体罰)は日常茶飯事で毎日を憂鬱に過ごしていた。

そんな我が恩師(とは思っていないが)が昨年暮れに急死した。と聞いた。

家から外に出てぶっ倒れてそのまんま。だったらしい。

でも、律儀に弔電や線香を上げに駆け付けた友人もいたらしい。

「何かあっけなかったな~」とは友人の弁。

まさしくその通りだが、この学校に来るとそんな思い出がよみがえってくるのだ。
[PR]
by asobinin2006 | 2013-02-01 21:31 | レイトショー(途中で寝ない) | Comments(0)
  

遊び人でないワーカーホリックの“遊び人の金さん”がお届けする
by asobinin2006
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28
以前の記事
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
最新のコメント
> 松ちゃん 会話..
by asobinin2006 at 14:05
今晩は、その後ゆっくり思..
by 松ちゃん at 21:03
松ちゃん、いつもありがと..
by asobinin2006 at 09:27
久々にゆっくりお話をさせ..
by 松ちゃん at 20:02
松ちゃん。いつもありがと..
by asobinin2006 at 15:37
文豪金さん、日々忙しい中..
by 松ちゃん at 08:08
びんのかけら ファンから..
by びんのかけら ファン at 16:17
okiesさん。奇遇です..
by asobinin2006 at 13:25
金さん、名古屋にいたんで..
by okies at 08:43
上越市民になる前は、燕市..
by okies at 09:09
最新のトラックバック
コマクサ、シャクナゲ、レ..
from dezire_photo &..
日常を人々を描く風俗画に..
from dezire_photo &..
信越国境の秘峰
from dezire_photo &..
信越国境の秘峰
from dezire_photo &..
光と色彩の画家・エル・グ..
from dezire_photo &..
ハマナスふれあいセンター
from 温泉生活
山田旅館
from 温泉生活
水上館
from 温泉生活
ライフログ
検索
外部リンク
ファン
ブログジャンル
オヤジ
旅行・お出かけ