<   2015年 07月 ( 10 )   > この月の画像一覧
「本日 ていきゅうび」のTシャツ
先日、テニスコートに久々に行った。娘も息子もキッズの頃から通っていた場所だけに
懐かしさもあるが、各所きれいになっていてちょっと驚いた。

トイレも以前はちょっと気合入れないとはいれないかなぁというレトロ感の
あるトイレだったが、改修されて、これなら気持ちよくご利用いただけるだろう。

そんなある日、テニス関係のご宴会があり、皆さん揃いのTシャツを着ている
ので見せてもらった。

バックプリントには、あの故小松先生の名言

『本日 庭球日』を引用。(ただし、ひらがな表記に変わっている)
f0149422_19202822.jpg

カラーも3種類あるそうで、ワンポイントもイラストもオシャレ。

「テニスの町」として諸先輩達から受け継がれた伝統を、これからも引き継いで行って
ほしいと願うこの頃である。

[PR]
by asobinin2006 | 2015-07-30 19:20 | 日々雑想 | Comments(0)
選手宣誓と高校野球観戦
「Y君、選手宣誓するんだって」

高校野球の新潟県地区大会の開会式の日、そう聞かされた。

そんなことで、いつもより熱心に「開会式」のテレビ中継を見た。

選手の入場行進が終わり、関係者各位の長く〇屈なお言葉の間も、このあと
選手宣誓の大役を果たさなければならない〇君をカメラは必要に抜いてくる。

緊張しているような開き直っているような、真っ黒に日に焼けた顔が、昔し
息子達と少年野球をやっていた頃の面影が残っていた。

野球を通じて感じた人との絆、野球をさせてもらってる事への感謝を述べた
選手宣誓は堂々としていて、涙腺の弱いオヤジはちょっとウルッときてしまった。


息子の母校も善戦し、迎えたベスト8をかけた試合が近くの球場であったので
ちょっとだけ足を運んだ。
f0149422_22054647.jpg
それほど強豪高でもない相手チームだが、序盤に4点を取られて苦しい展開。
ランナーを出すんだが、ヒットが出ずに反撃の糸口がつかめない。
向こうのピッチャーもアップアップだったんだから、なんか策がなかったのかな。
中盤で点差を詰めればわからなくなったと思うが、残念ながら逆転はならなかった。

時間が気になったので球場裏手の駐車場へ急いだ。

夏空の下、アップをもくもくとする次の試合の選手たち。
f0149422_22055629.jpg
「あ~、やっぱ『高校野球』っていいなぁ」
もしうちの息子も甲子園目指す球児だったら、一生懸命応援するだろうな。
いろんなスポーツがあるけれど、わが国における「野球」という競技(球技)は
やはり特別なもののような気がする。

新潟県代表は下馬評どおりに中越高校が優勝。晴れの舞台でも爽やかに戦ってくれる
ことに期待しましょう。







[PR]
by asobinin2006 | 2015-07-29 12:24 | 日々雑想 | Comments(0)
戸隠そば処 『二葉屋 葉隠』
戸隠神社中社の近く、にぎやかな通りからクルマ一台がやっと通る狭い路地を
入っていくと店の駐車場。
f0149422_21221356.jpg
テーブル席と中央に囲炉裏を囲んだ四角形の席、お店裏口からは涼しい風が
吹き抜けてくる。

もりそばを注文し、お茶を一杯いただいた。
f0149422_21222933.jpg
ほどなくして「もりそば」が登場。
f0149422_21224670.jpg
「最初はそばつゆでなく、端の器に入ってる荒塩で召し上がってください」

と言われた。新そばの季節ならよく聞く言葉だが、そばによほどの自信がある
のだろう。
f0149422_21230381.jpg
言われたままに荒塩で一口いただくと、豊かな風味と食感が口の中に広がった。

蕎麦湯とズッキーニの漬物、かりんとうを口直しに。
f0149422_21231878.jpg
お蕎麦ももちろん美味しかったが、特筆すべきはお店の女性の接客の素晴らしさ。
つかず離れず、全てにおいてそつがなく、自然体の立ち振る舞いが実に心地よかった。

そばもお店の雰囲気も好感触で、久々に再訪したいお店が見つかった気がした。



[PR]
by asobinin2006 | 2015-07-28 21:24 | Comments(0)
戸隠そば 『山笑』
戸隠中社より「バードライン」を下って【そば博物館】の手前にある『山笑』(やましょう)さん。

こだわりの蕎麦を提供するお店として知られています。
f0149422_19061413.jpg
お店のメニューにも「・・・こだわり」といて小冊子が置いてあるほどですから。
f0149422_19043643.jpg

玄そばからの自家製粉「十割そば」の店

戸隠産のそばの実を玄そばで仕入れ、磨き、石抜き、脱皮の作業を行い、必要な分だけ石臼で挽き、
細か碾きと粗挽きの2種類の十割そばに打つ。そば本来の味が楽しめる自家挽き、十割そばの店


という説明がされています。
メニューを見ますと「そば三昧」(そばざんまい)が目を引きます。1400円。

味の濃い粗挽き、のどごし最高のの細挽き、そしてシャキっと歯ごたえの更科(さらしな)の
三種の蕎麦を食せるというお店のイチオシメニューをいただきました。

まずは「粗挽き」をいただきます。
f0149422_19045025.jpg
f0149422_19052804.jpg
続いて「細挽き」、
f0149422_19054867.jpg
そして最後に透き通るような白さの「更科」。
f0149422_19060266.jpg
どれも美味しいものでしたが、戸隠の蕎麦をイメージしていくと一線を画(かく)するもの。
かも知れません。(メニューにも書いてありましたが)

清潔で広い店内はたくさんの人で賑わっていました。

[PR]
by asobinin2006 | 2015-07-23 19:07 | Comments(0)
小林農園・とうもろこし ~2015~
久々のお休みをいただきました。天気も良さそうですが、山に行く元気もなく
ちょっとその辺を片付けながらHDDにたまった【月曜から夜ふかし】でも観て
過ごそかなぁ~。などと考えていました。

このところ、台風の影響もあって高温の日が続いておりまして、冷房嫌いな私でも
さすがに辛く耐えなれないので就寝時はエアコン付きの部屋に避難しています。

洗濯や掃除、布団干しを済ませてゴロゴロ横になってはみたものの、やはり折角の
お休みなんだからちょっともったいないので、この時期に恒例となった
「戸隠そば~小林農園の焼きとうもろこし」の黄金コースに向かった次第です。


毎年少しづつ施設のバージョンアップをしている「小林農園」さん。
建物にのれんをかけているのを初めて見たような気がします。
f0149422_21340609.jpg
「さぁ~、休んでいってくださ~~い」と商売上手な奥さんも健在。
焼きとうもろこしは250円也。その前にお茶や浅漬けなどをいただいて、しばし
の間待ちます。
f0149422_21332567.jpg
半分おまけが付いて1本半。ほどよい焼き目が食欲をそそります。
f0149422_21333759.jpg

f0149422_21334915.jpg

カミサンには内緒で来たので、もう一回くらいこのコースに来れそうかなぁ・・と考えながら
帰路につきました。



[PR]
by asobinin2006 | 2015-07-22 21:35 | 日々雑想 | Comments(0)
某繁盛店に行く
折角新潟に来たのだから。とホテルにスティし、夜の街をブラついた。

駅の近くにある某繁盛店。前から行ってみたからので興味津々で入店。

「じゃ~金曜日と土曜日入れる?連休だからね・・・・」と受付の女性は
「いらっしゃいませ」よりも週末のバイトのシフト組みの方が大事らしい。

店内はほぼ満席。平日なのにカウンター席も空きがないので広めの個室を
あてがってもらった。

「とりあえず“チンカチンカのヒャッコイ=ルービー」で喉を潤す。
f0149422_11185325.jpg
刺身の三点盛と串焼きのセットを頼むが、だいこんツマのてんこ盛りで
内容はちょっと寂しいお刺身。新鮮ではなかった。
しかもテーブルには醤油がないし・・。
f0149422_11192893.jpg
串焼きも「冷〇物」だったなぁ~
f0149422_11200487.jpg
カウンターのお客はしきりに女性スタッフに話しかけている。

「えぇぇ~、カレシいませんよ~」と大声が店内に響く。

このタイプにお店では珍しい痴話ばなしに耐えなれなくなって早々と店を出たのだった。

[PR]
by asobinin2006 | 2015-07-18 11:20 | Comments(0)
立川談春 三十周年記念落語会「もとのその一」~りゅーとぴあ 新潟市民芸術文化会館~
「そういえば去年のこの時期も忙しかったなぁ」

しばらくお休みから遠のいてますが、談春師匠の高座があるということで
夕方から“時間休”をいただき、行ってまいりました。

前に東京は杉並の会館で聴いた『百年目』にとても感動したので、いま一度
地元開催に足を運びました。

新潟県民はどちらかというと「おとなしめ」な県民性のような気がしますが、
ことLIVEやパフォーミング・アートでは非常にノリがよく、出演者側からも
好意的に見られることが多いような気がします。

落語の高座があって、スケジュールが合えば聴きに行きますが、会場の入りも
よく、プロモーター側からもやりやすい地域ではないでしょうか。

さて今回も劇場三階部分まで満員の入り、師匠の冒頭「まくら」の部分でも
チケット完売満員御礼について触れられていました。

6時半からの独演会は前座も無しで、仲入りをはさんで出ずっぱりでした。

f0149422_22510655.jpg

前半で『兵庫船』を聴けるとは思いませんでした。you tubeでよく聴く噺し
だったので生で聴けて嬉しかったですね。

さて後半の『百年目』。当然数ヶ月前に聞いたのですから噺しのスジもオチも
知っています。

でもなんかが違う。いい噺しでしたよ。涙でウルウルきました。(┯_┯)

なんだろう。微妙な「間」が違う。「新潟の皆さんはやさしいから」気の入れようが
違うのかな?

生意気いうようですが、ちょっと「ヌルさ」が気になったこの日の「百年目」でした。

[PR]
by asobinin2006 | 2015-07-16 22:51 | 日々雑想 | Comments(0)
あじさいロード
先日、客人の送迎で行った先に「あじさいロード こっち」みたいな看板があった。

たんぼの脇に等間隔であじさいが植えてあり、色とりどりな花を咲かせていた。

f0149422_14390313.jpg

「ロード」は思ったより距離が長く、ずっと山の方まで続いていた。
f0149422_14433224.jpg


晴天の空の下にあじさい、バックには「米山」となかなかいい絵面だったので
何枚か画像を収めてきた。
f0149422_14443816.jpg
f0149422_14451083.jpg
たんぼの苗も心地よい風に吹かれて気持ちよさそう。
f0149422_14442591.jpg
から梅雨のある日の昼下がりであった。


[PR]
by asobinin2006 | 2015-07-07 14:47 | 日々雑想 | Comments(0)
蛍 ピカリ☆
f0149422_21392395.jpg
6月20日からの3日間、地元のお祭り『お引き上げ』の露店準備のために
市内の業務用卸問屋に発泡どんぶりや紙皿などの購入のために出向くと
事務所入口には決まってこのポスター(チラシ)が置いてある。

おそらく従業員の中にこの地域の方がいるのだろう。

3年ほど前に行ったことがあるが、ホタルの季節になるとまた再訪してみたいと
思っているものの現実にはいたっていない。

f0149422_20211202.jpg

(6月3日の上越タイムス1面より)

昨年の今頃、送迎で街のやや山間の集落に行った際、ゆるやかなカーブの道沿いに
結構な数のホタルが舞うのを見て感動した。
「遠くに行かずとも、こんな近くでも綺麗なホタルが見られるんだなぁ」と見上げた。

今年も薄暮から夕闇迫る頃を見計らってその場所に行ってみると、昨年ほどではないが
淡い翠色の妖艶なヒカリが宙を舞っていた。

なんとかカメラにおさめようと、動画でも撮れないかと努力してみたが、チープなデジカメ
では無理だった。

でも、しばらくその場に佇み、梅雨の合間の風物詩を楽しんだ。



[PR]
by asobinin2006 | 2015-07-06 22:47 | 日々雑想 | Comments(0)
仙ノ倉山から平標山登り返しを経て平元新道で下山&入浴
6月は忙しく久々の更新となりました。出掛ける機会がないと「ブログネタ」にも苦戦しますね。笑

前にも書きましたが今回の平標山~仙ノ倉山の山行が一番花が綺麗だったの区間でした。

f0149422_14413801.jpg
f0149422_14422877.jpg
そしてこの日一番感動した風景が下の画像です。
f0149422_14435464.jpg

(平標から仙ノ倉を望む図)

持参の【nalgene】(プラ製の口広型水筒)にはスポーツドリンクでしたが、水の方がよかったかな。
水が一番うまいと感じたので、次回以降の参考にしたいと思います。

平標山へ登り返して、今度は「平標山乃家」へ下ります。
f0149422_14442945.jpg
ここでも花が綺麗でした。
f0149422_14445440.jpg
f0149422_14451472.jpg
f0149422_14452874.jpg

「平標山乃家」に到着。玄関先の流し台にはホースから冷たい水が流れています。
たっぷり水分補給して、顔も洗いサッパリしました。
f0149422_14463822.jpg
ここでは皆さん昼食を摂る人が多かったようです。通り抜ける風が寒いくらいでした。

登ってきた仙ノ倉山の見上げる。
f0149422_14460782.jpg
平標山を見上げる。
f0149422_14461993.jpg
持ってきたバーナーでお湯を沸かしてコーヒーでも飲もうかと思いましたが、ちょっと疲労度の方が濃く、
作業が面倒になってきたのでちょっと休んでから林道で帰ろうと思いました。
f0149422_14475069.jpg
f0149422_14463822.jpg
小屋を出発してブナの林を下ります。ちょっと蚊が多くて蚊よけのスプレーがあればよかったかな。
f0149422_14480315.jpg
f0149422_14481908.jpg
林道を歩いてると右足小指の痛むが出始めます。爪が長かったので中で割れてしまいました。
登山用具の整備も大切ですが、体のケアも必修だと反省させられました。
f0149422_14484098.jpg
f0149422_14485774.jpg
ちょっと右足を引きずりながら小屋から登山口駐車場まで1時間15分ほどで下ってきました。
この日約16キロくらいの歩行距離だったので、帰りは湯沢まで戻って「山の湯」で汗を流す。
f0149422_14493375.jpg
f0149422_14491827.jpg
天候にも恵まれ、多くの花々を愛でられ最高の山日和になり幸せを感じながらハンドルを握って
帰路につきました。



[PR]
by asobinin2006 | 2015-07-02 14:50 | 希望は高く!百名山への道 | Comments(0)
  

遊び人でないワーカーホリックの“遊び人の金さん”がお届けする
by asobinin2006
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
以前の記事
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
最新のコメント
> 松ちゃん 会話..
by asobinin2006 at 14:05
今晩は、その後ゆっくり思..
by 松ちゃん at 21:03
松ちゃん、いつもありがと..
by asobinin2006 at 09:27
久々にゆっくりお話をさせ..
by 松ちゃん at 20:02
松ちゃん。いつもありがと..
by asobinin2006 at 15:37
文豪金さん、日々忙しい中..
by 松ちゃん at 08:08
びんのかけら ファンから..
by びんのかけら ファン at 16:17
okiesさん。奇遇です..
by asobinin2006 at 13:25
金さん、名古屋にいたんで..
by okies at 08:43
上越市民になる前は、燕市..
by okies at 09:09
最新のトラックバック
コマクサ、シャクナゲ、レ..
from dezire_photo &..
日常を人々を描く風俗画に..
from dezire_photo &..
信越国境の秘峰
from dezire_photo &..
信越国境の秘峰
from dezire_photo &..
光と色彩の画家・エル・グ..
from dezire_photo &..
ハマナスふれあいセンター
from 温泉生活
山田旅館
from 温泉生活
水上館
from 温泉生活
ライフログ
検索
外部リンク
ファン
ブログジャンル
オヤジ
旅行・お出かけ