<   2015年 12月 ( 11 )   > この月の画像一覧
雪のない年の瀬を迎えて
突然ですが“なぞなぞ”です。

「最初は太っているのに段々と痩せてくるものな~んだ」

答えはCMの後に



答えは「カレンダー」。だそうです。

私ら自営業も納品業者さんやお得意様関連会社からカレンダーを
いただきます。仕事柄、街の寺院のものも多く、それにはやはり
「ありがたいお言葉」が書かれております。

おおよそ、「この会社のカレンダーは店の(家の)この部分に貼る」という
のが決まっていて、毎年12月に新しいカレンダーをいただき、師走になると
最後の一枚「今年ももうすぐおわりかぁ~」と感傷に浸る場面が多くなりました。

振り返れば「あわただしい一年。余裕がなかった一年」でしたね。

睡眠も個人的な時間も段々と削られて自由が効かないようになって
しまいました。

店舗が忙しいのは大変ありがたいことですし、喜ばしいことに変わりない
のですが、それをこなすには自分を犠牲にすることも多いです。

「お前のいない時にこんな電話があった。」とか「お前が留守の時に
こんな人が来た」とか、休むのが犯罪のような表現をされると正直、俺でも
傷つきますし、「そんなら休みなんていらんわ」と開き直るしかありません。

また、年老いてくる家人を見ると「それもまた仕方がないのかな」とも
理解しています。

来年はそのあたりの身のこなしも上手に行きたい(生きたい)ですね。

山にも旅にも行きましたが、長時間労働でクタクタでは山にいく気持ちさえ
も無くなってしまいます。

毎年師走は、忘年会からセレモニー、雪が降れば寒い中除雪もせねば
ならず、体力勝負な時期ですが、今年は有り難い事に雪が降りません。

恒例の家族で正月旅行にも行きますが、2日からまた営業が始まります。

あわただしさは相変わらずですが、新年を迎えていい一年にしたいです。

今年も多くの人に助けられ、多くの人にご愛顧いただきました。
すべての人に感謝し、健康に留意し、旅に山に出かけられたらいいなぁと
思っております。

皆様も良いお年をお迎えください。
[PR]
by asobinin2006 | 2015-12-31 16:31 | 日々雑想 | Comments(0)
『Let it snow 』
昨日、近くのスーパーマーケットに行ったら、ものすごい数のチキンが
山積みだった。

やはりクリスマス・イブにはチキンを食べる人が多いということか。

ケーキもショートを少し食べたがその後「ムネヤケ」がする。


映画つながりで「クリスマス」といえば『ダイ・ハード』を思い出す。
『ダイ・ハード』の1、2はクリスマス・イブの設定だった。

まだ髪の毛があったブルース・ウィルスが派手な銃撃戦を繰り広げる
シリーズ1、2は最後のエンドロールでアメリカのクリスマスらしい
『Let it snow』が流れていたのが印象的だった。

We wish you a very merry Christomas.


今年もあと一週間となりましたね。年賀状かかなきゃ。
[PR]
by asobinin2006 | 2015-12-25 13:59 | 日々雑想 | Comments(0)
映画を観る part2
映画を観てきた。英国のスパイ映画だったが、これがまた期待を裏切ってまったく面白くなかった。 (あくまでも個人的な主観ですのでご了承を)

ただ時間だけ長くて退屈なストーリーで盛り上がり感もないまま終わってしまったのは残念。次回作に期待したい。

そう言えば「続編」が多い映画界、となりの箱では『ロッキー』のスピンオフもの『クリード』を上映していた。正月に観に行こうかな。我々【ロッキー世代】には気になる映画だし。

今年も色々な映画を観させていただいた。
『ターミネータ』など往年の作品のリバイバルが目立つ昨今の映画界だが、新作よりもネームバリューで確実に集客できる強みがあるのかなぁ。

今年の秋に話題になったのは、映画『バックトゥザフューチャー2』でマーティが行った未来の年2015年だったこと。

『スターウォーズ』でもある意味‘’時の経過“”を痛感したが、『バックトゥザフューチャー』のその話題でもちょっとした驚きだった。

来年もいい映画に巡り会いたいものである。



[PR]
by asobinin2006 | 2015-12-24 01:14 | Comments(0)
『スター・ウォーズ 』と映画の話し
週末の昼間にちょっと時間をいただいて息子と映画を観に行った。

12月18日から公開の『エピソード7 ~フォースの覚醒~』である。
俺は吹き替え版が苦手なので字幕の2Dをシネコン一番大きな箱で
観た。

映画館に着いてびっくり!かなりの人手でチケット売り場では行列も
できている。しかもかなり年齢層が低い子供連れが多いようだ。

「さすが『スター・ウォーズ。番宣にも力入れてたもんね~。今度は
 ディズニー絡みだから資金力もあるしな~」と関心していた。

しかし、列に加わってみるとどうも様子がおかしい。よく見ると

『妖怪ウォッチ』のチケットは右側です。と書いてある。なんと長蛇の列は
『スター・ウォーズ』ではなく、『妖怪ウォッチ』だったのだ。

さて映画は休日だけあってまあまあの入り。もちろん田舎のシネコンなので
満席というわけではないが・・。

ストーリーはネタばらしになるので書かないけれど、簡単に振り返れば

「いや~~、歳とったなぁ~」という印象。

考えてみれば最初の『エピソード4』が上映されたのが1977年であるから
かなり年月が経過しているのは確か。あの時「姫」だった人が、今回は「将軍」
となって見るからにお年を召していらっしゃるのは正直ちょっとショックだった。

出演者もそうだが、俺個人も学生の頃に観た映画の続編を今回は息子と共に
観ているわけだから当たり前といえば当たり前だが。

レイア姫もそうだが、ハン・ソロ(ハリソン・フォード)も老けたなぁ~。
もう「インディー・ジョーンズ」のようなアクションものは無理だろう。

ちょっと複雑な気持ちになって映画館を後にしたのだった。
[PR]
by asobinin2006 | 2015-12-22 23:27 | 日々雑想 | Comments(0)
柏崎市 たこ焼き 『みつふく』
FM PORT 平日昼のプログラム【Four Seasons】の中のコーナー
「アンテナ」は13時30分頃の放送。街ゆく人にインタビューして
その人の好きなお店、好きなもの、夢中になっているものを聞き、番組
の中で紹介するというもの。

新潟市は万代のバスセンター2階で取材することが多いようだ。
伊勢丹からラブラに行く時に、腕に放送局の青い腕章を巻いたスタッフを
見受ける事が多い。

聴いていて「へぇ~面白そうなお店だなぁ~」とか「近くに行く際は是非
寄ってみたいな」と思わせる情報も多い。

先日の放送で取り上げられていたお店:柏崎市はたこ焼き「みつふく」さん。
放送後に早速サイトでで検索してみると、柏崎総合高校に近い場所らしいので
行ってみることにした。

しかし、県道沿いではなく住宅地に入った場所にあるのでちょっとわかりにくい。
クルマで行ったり来たりを繰り返してようやくたどり着いた。
f0149422_23293961.jpg
「たこ焼き店」と想像すると、道路に対面して小窓があり焼いてる姿を見ながら
テイクアウトしていくような想像をするが、「みつふく」さんは引き戸を開けて
中に入る造り。テイクアウト用に椅子も用意されているが、中は広く小上がりに
なっており、ここでイートインしてもいい。
多分以前は居酒屋かなにかの店舗だったのだろうか?詳しくはわからないので
今度ご主人に聞いてみることにしよう。

作り置きはしないようなので、オーダーを受けてから焼き始まるので多少時間
はかかるのはしょうがない。
f0149422_23282181.jpg
しばし待って「たこ焼き」が登場。トッピングもいろいろ選べるようだが、
今日はノーマルなものを食す。
f0149422_23275775.jpg
中はトロトロのアツアツなので、急いで食べる人は火傷をしないように注意。
俺はグツグツの鍋焼きうどんでもそのまま食べれる強靭な舌の持ち主なので
大丈夫だが。
f0149422_23280840.jpg

たこやきそのものの味をもうちょっと味わいたかったので
ソースたっぷりはもうちょっと加減してくれても良かったかな。

でも間違いない美味しさ。露店やフードコートで食べるたこ焼きもいいが、
お店で焼きたてを食べるのは格別であった。
f0149422_23283228.jpg
pm3時からの営業。


[PR]
by asobinin2006 | 2015-12-18 23:28 | 日々雑想 | Comments(0)
駅舎に想ふ
車社会の現代だが、個人的に交通手段としてまず思い浮かべるのが
「鉄道」であろう。

JR(旧国鉄)も段々と細分化され、第三セクターなどの運営に
移り変わっていったし、それに伴って特急列車や寝台列車などが
姿を消すようになってしまった。


学生時代【急行 米山】に乗れば、乗り換えなしで「上野駅」まで
行けた。(5時間半くらいかかったか?)
今は県内に上越&北陸と2本の新幹線が走る世の中になった。

最寄りのJR柿崎駅も旧舎は木造建築で、高い天井とステンドグラス
が南からの採光でオレンジ色に光っていた。
f0149422_23031272.jpg
Kiosk(キヨスク:駅売店)もあり、長距離移動のための雑誌購読に
便利だった。

小学生の頃、【週刊少年ジャンプ】は街の本屋では毎火曜日発売だが、
駅売店には月曜日の夕方には配送されてくるので、ひと足早く購入。
顔なじみになると売店のおばちゃんがこっそり一冊キープしてくれたり
はいい思い出である。

今は駅舎もコンクリでコンパクトなものに建て替えられた。
モダンな造りで機能性にはこだわっているようだが、無機質な印象も
ぬぐえない。やはり旅立ちの駅はノスタルジックな方がいい。
f0149422_23024834.jpg
早朝や夜は無人になる。朝夕は電車通学の送迎でちょっとしたラッシュ
状態なのはそれも今風な現象なのだろう。
f0149422_23025913.jpg
娘や息子の送り迎えで利用する駅を見ながら、ボンヤリそんなことを
想ったのだった。

[PR]
by asobinin2006 | 2015-12-16 23:03 | 日々雑想 | Comments(0)
今のところの暖冬と『蝋梅』
12月に入って最初の週末こそ風雨が強まり、「さあ、いよいよ冬到来か」と
思わせたが、それからは比較的穏やかな天候が続き、長期予報通りに「暖冬」
の日々を過ごせている。

今朝も青空が広がり、うっすら冠雪した米山もこのところの陽気で、遠目には
雪も確認できない。
f0149422_20215413.jpg
先週末にお会いした浄福寺の伴僧:大杉さんは俺の顔を見るなり

「この間の水曜日、米山登ってきたよ。天気がよくって結構賑わっていた。
 日陰には雪が溜まってるけど、山頂にはほどんどなかったなぁ。
 登りでI.satoさんに会ったよ。向こうは下りだったけど」と話してくれた。

「あ~~、水曜日いい天気だったよね~。俺も行こうと思ったんだけど、
 事務仕事もあったし、年末年始の問い合わせも多いからいかんなかった」。
 (行けなかった:の意)

そう思っていたら今日の夜あたりから雨になり、週間予報では雪マークも
続いている。結局登れずじまいだったか::。

温暖な日は花も咲かす。初平の若奥さん(細川ふみえ似の)がご実家から
女将が生ける玄関の花瓶に使ってくれと『蝋梅』(ろうばい)の木を
持ってきてくれた。
f0149422_20213502.jpg
目にも鮮やかな黄色は甘~い香りもまた魅力である。

ご来店いただく客人の視覚と嗅覚に『蝋梅』感じていただければと
思うのであった。

[PR]
by asobinin2006 | 2015-12-15 20:22 | 日々雑想 | Comments(0)
永遠のマドンナ(達)
今年を振り返れば「再会」という言葉がまず浮かんでくる。
商売柄、店にご来店いただく同級生や知人が多く、いつもの
事ながら大変うれしいことだと感謝せずにはいられない。

地元にいないけど、帰省した際にはお店に顔を出してくれたり、
声をかけてくれるのは有難いことだ。

また、今年は「中学や高校卒業以来」とか「数十年ぶりの再会」とか
随分長い時間を経過してお会い出来た友人も多い年だった。

【我が永遠のマドンナ】みえこさん&やすこさん。
秋頃に3名でご来店いただいた。あとのおひとりはニックネームが
“ヤマチュー”という女性。彼女とは何十年ぶりになるんだろうと
思うくらい。

確か俺の記憶では、大学時代の正月休みにこちらに帰省していて
東京に電車で帰る昼下がりの三番線のホーム以来のような気がする。

風の強い日で、コンクリの支柱のカゲに身を潜めて電車の到着を
待っていたような天候だった。

“ヤマチュー”は大学のサークルの紺のスタジャンを着ていて、
そのエンブレムには大きく『R』の頭文字。

「へぇ~、ヤマチュー六大学に入ったんだ。頭いかったもんね」
と話したような・・話さなかったような・・・。

彼女は今、外国人の日本語教師をしていると言っていた。赴任先も
ロシア・べトナム・台湾など他地域に渡り、かたわら本も出版するなど
多岐にわたりご活躍でご多忙な様子。これからも益々ワールドワイドに、
正しく美しい日本語を教える教師として邁進していってもらいたい。

実は“ヤマチュー”に関する思い出は他にもあって、小学校時代に
いつもひとりぼっちな女の子のクラスメートがいた。口数も少なく
自分から人に話しかけるような子ではなかったので孤独だったと
思う。

そうゆう俺も、運動会のゲームやレクレーションで彼女と手をつなぐ
時など露骨に嫌がる顔をするような悪ガキだった。
小学校当時の出席番号はあいうえお順でなく、居住区順に割り振れ
られていたので、近所に住む彼女とは何かと同グループになる機会が
多かったわけである。

六年生だった時だと思う。“ヤマチュー”はそんなひとりぼっちだった
彼女に手を差し伸べて同じグループの仲間として向かい入れた。

冬になるとピンクのセーターばっかり着てる孤独な彼女は、友達と
して向かい入れられたことで以来、随分口数も増えて表情も明るくなった。

「“ヤマチュー”いいもん(:良い人の意)だなぁ~」と子供心に
“ヤマチュー”にいちもく置くようになった。

“ヤマチュー”とは中学では同じクラスにならなかったし、才女だった
彼女は偏差値の高い高校に進学したので、先日の「再会」はかなりの
年月を経ての実現だった。

彼女とは「この話題」については話さなかったけれど、悪ガキの心に
一石を投じた出来事は今でも昨日のことのように思い出すのであった。


[PR]
by asobinin2006 | 2015-12-14 23:08 | 日々雑想 | Comments(0)
「ル・レクチェ」
この時期になるとお目見えするのが

「ル・レクチェ」
f0149422_23131616.jpg

我々は洋梨と呼んでいる。新潟ではお馴染みのフルーツ。
また、見ることはあるが不思議と口に入るわけでなく、
客人のデザートとしてお出しするのがセオリー。

手に取ってマジマジと見ると「食べごろのサイン」が
裏面に書いてあった。

果実全体が鮮やかな黄色になる。

甘い香りがしてくる

茶色の軸が黒くシワシワになる

軸に近い実の首の部分が黒ずんでくる

手に持つとやや弾力にある感触になる

などと書いてあった。
f0149422_23133406.jpg
今度、自分で買って食べてみようかな。

[PR]
by asobinin2006 | 2015-12-08 23:14 | 日々雑想 | Comments(0)
Siri と Ok! Google
ネットでの検索はもはや無くてはならないもので、興味のあるもの
調べたい事柄を瞬時に引き出してくれる。

また、パソコンを開かずともスマホでもほとんどの用は足りてしまう
事実は、昭和のアナログな時代から生きてきた我々には「未来」な
出来事なんだろう。

i-phoneでSiri(Siri(シリ)は、iOS向け秘書機能アプリケーションソフトウェア
自然言語処理を用いて、質問に答える、推薦、Webサービスの利用などを行う。
「Siri」とは、Speech Interpretation and Recognition Interface(発話解析・認識インターフェース)[1]の略(ウィキペディアより引用)

を作動させての検索には個人的だが相性の悪さを感じてしまう。

[スイマセン。よく聞き取れませんでした]とよく言われる。


そんなときはGoogleに話しかける。

「OK! Google」とテレビCMでも見た事ありますよね。
<iframe width="560" height="315" src="https://www.youtube.com/embed/efLXTbY4Msc" frameborder="0" allowfullscreen></iframe>


俺的にはこっちにほうがいいかなぁ。



[PR]
by asobinin2006 | 2015-12-02 16:41 | 日々雑想 | Comments(0)
  

遊び人でないワーカーホリックの“遊び人の金さん”がお届けする
by asobinin2006
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
以前の記事
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
最新のコメント
> 松ちゃん 会話..
by asobinin2006 at 14:05
今晩は、その後ゆっくり思..
by 松ちゃん at 21:03
松ちゃん、いつもありがと..
by asobinin2006 at 09:27
久々にゆっくりお話をさせ..
by 松ちゃん at 20:02
松ちゃん。いつもありがと..
by asobinin2006 at 15:37
文豪金さん、日々忙しい中..
by 松ちゃん at 08:08
びんのかけら ファンから..
by びんのかけら ファン at 16:17
okiesさん。奇遇です..
by asobinin2006 at 13:25
金さん、名古屋にいたんで..
by okies at 08:43
上越市民になる前は、燕市..
by okies at 09:09
最新のトラックバック
コマクサ、シャクナゲ、レ..
from dezire_photo &..
日常を人々を描く風俗画に..
from dezire_photo &..
信越国境の秘峰
from dezire_photo &..
信越国境の秘峰
from dezire_photo &..
光と色彩の画家・エル・グ..
from dezire_photo &..
ハマナスふれあいセンター
from 温泉生活
山田旅館
from 温泉生活
水上館
from 温泉生活
ライフログ
検索
外部リンク
ファン
ブログジャンル
オヤジ
旅行・お出かけ