<   2016年 11月 ( 6 )   > この月の画像一覧
晩秋と冬の足音
11月も中旬までは穏やかな日もあり、そんな時は歩いて
秋景色の画像を収めたりした。

澄んだ空気が心地よく、夏空とは違う空の蒼さも心打たれる
美しさだった。
f0149422_15385056.jpg

以前は“におい”が気になってた銀杏も、日本の秋を想う風物詩で、
扇型の黄色の葉が舞う樹の下は「童謡の世界」のよう。
f0149422_15390515.jpg

すすきの穂は風にたなびき

f0149422_15582383.jpg
柿の木にはたわわに実った柿

f0149422_15565645.jpg
そんな晩秋の風景を楽しんでいたのだが、このところグッと寒くなった。
もう散歩は難しい気候になった。

まあ、雪国の私らよりも関東の都心部の方が初雪を観測したという
珍事があったばかりだが。

今日もみぞれ混じりの冷たい雨が降っている。
この様子では今シーズンの山はもう終わりだなぁ。

今年は何回か@ボードを履きたい。
でも、その前に師走の繁盛期が待っている。

[PR]
by asobinin2006 | 2016-11-29 16:00 | 日々雑想 | Comments(0)
戸隠 『そば茶屋 極楽坊』
GoogleMapのナビの指し示す方向にクルマを走らせる。

【戸隠スキー場】の看板を曲がってしばらくゆくと、
「こんなところに・・」と思う場所にお店はあった。
f0149422_23193012.jpg
玄関戸を開けると下駄箱があり、スリッパに履き替える。

4人掛けのテーブル席が2つ、畳の小上がりが一席、囲炉裏席がひとつ
とカウンター席の店内。

ちょうど囲炉裏席が空いていたのでそちらへ案内していただく。
f0149422_23201939.jpg
寒い日に、暖を取れるのはありがたいし、囲炉裏で蕎麦を食すにも
“オツ”に感じる。
f0149422_23210879.jpg
お茶とかりんとうをいただく。
f0149422_23191752.jpg
メニューはご覧のとおり。
f0149422_23203591.jpg
「ざるそば」をいただいた。
f0149422_23205099.jpg
ボッチ盛りだが、色白で細身の上品な蕎麦。
塩で少々いただくと蕎麦本来の味と香りが楽しめる。

お膳もあるが、囲炉裏脇で食す。
f0149422_23232388.jpg
「そば団子」もいただいた。
f0149422_23194688.jpg

見れば「箸袋」の文字が微妙に違う。
奥さんの手書きだそうだ。
f0149422_23200346.jpg
通りから少し入った静かな場所にあるので今まで知らなかったが、
今度また再訪してみたいお店である。

[PR]
by asobinin2006 | 2016-11-17 23:25 | 新・そば街道を行く | Comments(0)
戸隠 『そばの実』
久々の休日。そして久しぶりにカミサンとも休みが合い、
「戸隠に新そばを食べにいくか」ということになった。

11時オープンに合わせて店に到着。家を出るときは10℃ほど
の気温だったが、信濃町ICで高速を降りて、戸隠までに道中は
段々と気温も低下、一番低い時は1℃だった。

小上がりの席に案内されて、お茶をいただく。

「十割そば」をいただく。
f0149422_21372446.jpg

「塩で食べてみてください」というのでまずは塩でいただく。

f0149422_21373817.jpg
うんまいなぁ~。

そばつゆも絶妙。期待を裏切らない蕎麦である。

[PR]
by asobinin2006 | 2016-11-16 21:38 | 新・そば街道を行く | Comments(0)
ジンクスと健康管理
「旅に出るとしばらく休めなくなる」というジンクスがある。
春は四国行脚から戻って、東北山行湯旅に行くまで休まなかったし、
先日の弾丸:山形宮城に出てからの無休期間は一ヶ月を過ぎた。
明日は久々に休めそうである。“新そば”を楽しみたい。

休まなかったのでまったく出掛けることもなく、したがってブログに
投稿するネタもなかった。
秋山では紅葉の便りも聞かれ、「年内中にはあの山にこの山に・・」と
計画していたのだが、すでに標高の高い山では雪の時期になってしまった。
落ち葉を踏みしめて低山にいくつか登って今年の締めになろうか。

今日は「健康診断」だった。身体測定と視力聴力、血液検査、血圧に
心電図、胸部レントゲンと最後にバリウム飲んで胃部の撮影をして終了。
医師との問診で「どこか気になるところはありますか?」と質問された。
「手のしびれがある」と答えたかったが、後ろが続いていたので長く
なるのは悪い気がして「特にありません」と答えてしまった。

何か異常があれば分厚い「要再検査」の書類が届く。
一年一回くらいは「胃カメラ」飲んだほうがいいのかなぁ。

日が短くなり、朝晩も冷え込む季節になったが、極力、時間を作って
“歩く”ことを心がけている。
しかし、田舎は「クルマ社会」。歩いて通学するのは小学生中学生
くらいで、そもそも“歩行者”というものをあまり見かけない世界。
義務教育の通学も自宅から学校まで距離があれば「スクールバス」を
利用するし、高校生になれば電車時間に合わせて駅は送迎の“通学ラッシュ”、
歩いている姿を見るのは珍しいくらいだ。

「健康のために適度な運動を」とか「体力維持のために快食快眠運動を
意識しましょう」とかのスローガンは皆さん意識していると思うが、
実際に歩いたりジョギングしたりの行動に移しているひとには、不思議と
@健康に留意することを冷ややかな視線で見るのが「田舎暮らし」の
特徴のような気がする。

「あのひと歩いてるよね~。〇〇あたりを〇時頃に」
「この間あのひと歩いてたわ」とひとはよく見てるし
茶飲み話しの話題にもなるらしい。

まあ、そんな誹謗中傷にもめげずに、毎日ウォーキングを継続していけば
そんな噂話しから、やがて尊敬の念を持って見られるようになるという。
まさしく【継続は力なり】というわけだ。

先週末、疲労から体調不良になった。家人から「からだに気をつけなさい」と
言葉をかけられるが、イコール=休んでもかまわないという意味ではないと
よく理解している。
おかげで体重が若干減ったのが不幸中の幸いだったというべきか。






[PR]
by asobinin2006 | 2016-11-15 19:07 | 日々雑想 | Comments(0)
『回想 紐育(NewYork)物語』~エピソード3~
梅田店長の日本食レストランにも時々お邪魔した。
ラーメン屋牛丼屋寿司屋なんでもある土地柄だが
日本食レストランの中でもかなりの繁盛店だった。

一度仕事終わりに飲みに連れてってくれた。
日本風の居酒屋で名前が「ICHIBAN」だった。お通しに
“中華くらげ”が出たのが不思議に覚えている。

梅田さんといろいろな話しをして随分刺激を受けたし、
おかげ様で楽しく有意義な時間を異国で過ごせたことに
今でも感謝している。

ニューヨーク・メッツの本拠地@シェイ・スタジアムまでは
地下鉄を利用して観戦に行った。

つり革につかまっていると。となりのオジさんが

「天気予報じゃ晴れだって言ってたけど、段々曇ってきたな」
みたいなことを俺に話しかけてきた。

メジャーリーグ観戦には“ビール”は欠かせない。
でも【ID】を忘れてきたので売店で“ビール”は売ってくれなかった。
それを後ろで見ていた後ろにいたあんちゃんが

「俺が買ってやるよ。BUdかい?Coorsかい?」と言ってくれた。

考えてみればその当時、テレビでメジャーリーグの放送を観ること
なんてなかったし、選手に対する知識もなかった。
今のように活躍する日本人メジャーリーガーもいないので、日本の
球場とは随分違った感じの【BASEBALL】をボールパークで眺めて
いたという印象でしかなかった。今ではヤンキースのエース級に
田中将大投手がいる。

それとここに来たのは8月の終わり頃だったと思う。
テニスでは「全米オープン」の時期なので、ベスト8くらいは確実に
クリアするようになった最近の錦織圭選手の存在。

スポーツの世界でも各競技、日本人選手の活躍が珍しくなくなった感
があるのを再認識させられた。




[PR]
by asobinin2006 | 2016-11-03 18:12 | 日々雑想 | Comments(0)
『回想:紐育(NewYork)物語』~エピソード2~
空港に着くと梅田さんのお店に電話した。バスでマンハッタンまで
行くとしてホテルの詳細を確認した。

「場所はマジソン・スクエア・ガーデン近くのYMCA。マネージャーに
“安い部屋でいいからよろしく頼む”って話しておいたから」という返事。

日付が変わる深夜のフロントにチェックインの長蛇の列。一時間以上待たされて
ようやくルームキーをもらう。

エレベーターの上下サインが壊れているので、エレベーターが開いても
それが上り行きなのか、下りなのか分からず乗ってる人に

「△up?」 「▽down?」と聞かなくてはならなかった。

部屋は四畳半ほどの大きさにベッドとデスク、トイレ&シャワーは別。

「お前みたいな童顔の東洋人はその手のやからに一番気に入られるんだ。
 注意しろよ!誘われても“俺はストレートだから”って断るんだぞ!笑」
と知人から吹き込まれていたので、シャワー中にちょっとの物音でも
「ビクッ!」と敏感に反応していた。

ホテルのロケーションのいいのであちこち出掛けるには最高な場所だった。
歩いても、地下鉄に乗っていろんな場所に行った。
ワールド・トレード・センター(世界貿易センタービル)から、黄昏時に
暮れゆくマンハッタンの景色を眺めることは今では不可能になってしまった。

ホテル前の中国系店主がやってるスーパーによく買い物に行った。
通ううちに顔なじみになり「おおっ、今日はなんだい?」なんて声をかけて
くれる。

漫画が読みたくなれば「紀伊國屋」で【少年ジャンプ】を立ち読み、まるで
日本と同じ風景にちょっと驚き、ちょっと安心する。

ペンシルバニア駅にも近く、Boston(ボストン)へは鉄道で往復した。
ペンシルバニア駅は個人的な見解でいえば「上野駅」のように見えた。

美術館巡りにミュージカル、公園を散歩し、海や川を見渡した。

[PR]
by asobinin2006 | 2016-11-01 23:37 | 日々雑想 | Comments(0)
  

遊び人でないワーカーホリックの“遊び人の金さん”がお届けする
by asobinin2006
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30
以前の記事
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
最新のコメント
> 松ちゃん 会話..
by asobinin2006 at 14:05
今晩は、その後ゆっくり思..
by 松ちゃん at 21:03
松ちゃん、いつもありがと..
by asobinin2006 at 09:27
久々にゆっくりお話をさせ..
by 松ちゃん at 20:02
松ちゃん。いつもありがと..
by asobinin2006 at 15:37
文豪金さん、日々忙しい中..
by 松ちゃん at 08:08
びんのかけら ファンから..
by びんのかけら ファン at 16:17
okiesさん。奇遇です..
by asobinin2006 at 13:25
金さん、名古屋にいたんで..
by okies at 08:43
上越市民になる前は、燕市..
by okies at 09:09
最新のトラックバック
コマクサ、シャクナゲ、レ..
from dezire_photo &..
日常を人々を描く風俗画に..
from dezire_photo &..
信越国境の秘峰
from dezire_photo &..
信越国境の秘峰
from dezire_photo &..
光と色彩の画家・エル・グ..
from dezire_photo &..
ハマナスふれあいセンター
from 温泉生活
山田旅館
from 温泉生活
水上館
from 温泉生活
ライフログ
検索
外部リンク
ファン
ブログジャンル
オヤジ
旅行・お出かけ